ワークアズライフとワークライフバランスはどっちがいい?あなたに合った働き方を見つけよう

〈働き方に悩む全ての人へ。〉 

みなさんは、これからのキャリアをどのように過ごしていきたいと考えていますか?

仕事に没頭する人生、趣味にかける人生、家族や恋人との時間を大切にする人生。

人によって様々であり、どれも間違っていません。

世間一般的には、ワークアズライフやワークライフバランスなど呼ばれ、現代は個人の働き方に議論の焦点が当てられています。

今回は、それらの働き方の意味を解説・分析しつつ、どう働くか、そしてその働き方を実現するために何をするかについてご紹介していきます。

 

 

ワークライフバランス、ワークアズライフとは?

 

よく耳にする働き方に関する単語は

・ワークライフバランス

・ワークアズライフ

の二つかと思います。

 

ではその二つの意味はどのようなものなのでしょうか?

 

ワークライフバランス

ワークライフバランス(work-life balance)という言葉が注目されだしたのは、政府によって「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定された2007年以降のことです。

 

ワークライフバランスの意味としては、「仕事と生活の調和」。

内閣府ホームページの「仕事と生活の調和」推進サイトではより厳密な定義として、国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて、多様な生き方が選択・実現できる社会と述べています。

 

ただ、現在このフレーズに根付いているイメージとしては、「労働者がブラック企業に酷使されすぎないよう、労働者の権利を保障する」といった意味合いが強いなと感じます。

 

ワークアズライフ

ワークアズライフとは、メディアアーティストとして活躍しながらも大学の助教授や企業のCEOなど様々な肩書きを持つ落合陽一氏が提唱する働き方です。

落合氏は、ワークアズライフとは、仕事とプライベートを分けることなく寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味であるという考え方としています。

落合氏がワークライフバランスではなくこの働き方を推進するのは、科学技術の発達などに伴い、Youtuberやブロガーなど多様な働き方が生まれている時代背景ゆえだといいます。

 

二つの考え方の裏にある価値観とは?

 

ではこの二つの働き方(ワークライフバランスとワークアズライフ)のどちらを選択するのか?

という議論に移る前に、それぞれの考え方の裏にある価値観の違いについて考えてみましょう。

一番大きな違いは「仕事に対するイメージの違い」にあると言えるでしょう。

 

最近、「仕事」や「働く」ことに対するイメージが徐々にではありますが、ネガティブなイメージのものから徐々にポジティブなものに変わってきているように感じませんか?

Youtuberのキャッチフレーズ「好きなことで生きていく」というワードも含め、徐々に自分の好きなことを仕事にするという考え方が増えてきています。

 

この、「仕事」や「働く」ことに対するイメージの違いが、ワークライフバランスとワークアズライフの考え方の根本にある大きな違いなのではないでしょうか。

 

 

「働く」に対するイメージがネガティブである場合

この場合は、生活が目的となり仕事は手段となります。

「生きていくために仕方なく働く」という状態です。

働くことはつらいこと、大変なこと、というようにネガティブに捉えるため、できるだけ仕事の時間を減らして生活の時間を増やしたいと考え、仕事と生活のバランスを取る。

これがワークライフバランスの根底にある考え方です。

 ワークライフバランスの根底にある考え方

 

「働く」に対するイメージがポジティブである場合

この場合は、生活も仕事も自分の理想を体現するための手段となります。

生活と仕事の間に特に大きな差はないので、生活をするように仕事をし、仕事をするように生活をする。

「もちろんお金のためでもあるけど、楽しいから働く」という状態です。

特に生活と仕事の比率を明確に定める必要がないので、その時々の必要性と自分の状態に合わせて生活と仕事の比率を変える。

これがワークアズライフです。

 

 ワークアズライフの根底にある考え方

 

ワークアズライフは無理?

 

 働き方1

ここまでの話を踏まえ、

皆さんはワークライフバランスとワークアズライフのどちらの働き方を取りたいですか?

 

・「生活のために仕方なく働く」という価値観の延長線上にあるワークライフバランス

・働くことが楽しく、自己実現のための手段として働くワークアズライフ

 

恐らくワークアズライフを実践したい、という方が多いと思います。

どうせなら楽しい方がいいですよね!

 

ただ、そうはいっても

「ほんとにそんな働き方ができるの…?」

と思われる方も多いと思います!

 

でも、実際にワークアズライフを実践している人達がいる以上、障害となるのは、「どうやって実践するか」のみ。

 

そこで、ワークアズライフを実践するためにすべきことをまとめます!

 

働き方を考える上ですべきこと

働くことに対するイメージがポジティブかネガティブか。

それを決めるのは結局、働くことに対するモチベーションがあるかないかひいては、働くことに対する欲求があるかないかです!

 

「働くのめっちゃ好き!働きたい!」という人は一見気味が悪いかもしれません。

が、そもそも「働く」とはなんでしょうか?

 

その答えは「何か価値を提供することで、その見返りをもらうこと」

 

つまり、「働くことが好き」とは、「価値を提供するのが好き」ということです。

 

 

さて、ここで皆さん。

今までの人生を振り返ってみてください。

 

誰かに価値を提供して、自分自身も幸せになった経験はありませんか?

・誰かに誕生日プレゼントを贈った時

・誰かに勉強を教えたとき

・部活やサークルで後輩に指導したとき

などなど

 

誰かに何かを提供したことで、またはそれに対して感謝されたことで、楽しい、嬉しいと感じたことが何度かはあるのではないでしょうか?

 

それはもう「ワークアズライフ」への第一歩です。

 

あとはお金を稼いで生きていくために、

・自分のやりたいこと

・自分にできること

・社会に必要とされること

の三つをできるだけ強く満たす職業や仕事が何かを見極めることができれば、自分が楽しいと感じることを仕事にすることができます。

 ワークアズライフを実践するために選ぶべき仕事

それを見極める上で必要になるのが「自己分析」「社会に関する情報」です。

これらをどう身に着けていくかについては、また別の記事で!

 

まとめ

 

「生活のために仕方なく働く」という価値観の延長線上にあるワークライフバランスと働くことが楽しく、自己実現のための手段として働くワークアズライフ

②仕事とは誰かに価値を提供することで、仕事を楽しいと感じることは十分に可能

やりたいこと、できること、社会に必要とされること、の三つをできるだけ強く満たす仕事を見極めることでワークアズライフを体現できる

Written by キャリア道場 近藤佳大

社会に必要とされるサービスで大成功した急成長ベンチャーのヒミツ

<各会場50名限定!初公開!HR領域の急成長ベンチャーによる「これからの時代の勝ち方」がわかるボードゲーム型インターン!>

わずか2年で導入5,000社を越え、年商26億円を突破し、市場推定価値334億円の企業になった船井総研発のベンチャー企業・㈱HR Forceのヒミツをお伝えする1dayインターン開催決定!

HR Forceはindeedをはじめとした採用広告の運用、世界初のAI採用プラットフォームの運用・開発を行っており、今日本の人材業界で最も注目を集めている会社です。

「人材業界特化型ビジネスボードゲーム」を用いてHR領域の最先端・AIやデータ活用・時代を生き抜くマーケティング戦略をお伝えいたします。人材領域・コンサル・テクノロジーに関心のある成長意欲が高い学生必見!を徹底解説します!詳細・応募はこちらをクリック。

短期インターン

HR Forceではインターン生、新卒を募集しています!

株式会社HR Forceは、東証一部上場船井総研ホールディングス子会社で、AI・ビッグデータを活用したダイレクトリクルーティング事業・AI Adプラットフォーム事業を行っている会社です。

社長の高山は、船井総研ホールディングスで歴代最年少社長(36歳)

そんなHRForceでは現在、社員とインターン生合わせて150人が働いています。(インターン生は100人越え)。 

インターン生は東京大学、早稲田大学、慶應大学、一橋大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、そして東北大学や秋田国際教養大学などの地方大学や欧米諸国の海外大学まで、世界各国津々浦々から集まっています! 

また、リモートワークOKという利点を活かして、海外大生や留学中の学生の採用も積極的に行っています! 

卒業生は大手企業内定多数!
※内定直結型インターンなのでもちろんHRForceも含む 

2018年に始動したばかりのインターンプログラムですが、みんなしっかりと力を着けて社会に羽ばたいています!

現在弊社にある職種は主に 

・セールス 
・採用コンサル 
・コンテンツクリエイター 
・CS 
・チャネル開拓(SNS、YouTube) 

などです。 
*オープンポジションでの採用となりますので、こちらに記載のない職種でやりたいことがある場合は ぜひご相談ください。

 

◆働きやすさ
・フルフレックス
・リモートOK
月末にインターン総会・懇親会

◆スキルアップ支援
人材業界トップコンサルタントによるセミナーを無料聴講
元経営コンサルタントからのフィードバック
月末総会では、インターン生限定で凄腕経営者の講演会を開催!

圧倒的な成長環境を整えるべく、まだまだ制度強化中!

少しでも興味のある方は下のLINE@を登録してお気軽にメッセージをください!
是非私たちと一緒に、人材業界を変えていきましょう! 

ご応募お待ちしております!

新規CTA

【あわせて読みたい記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

コンサル発・HRtech領域急成長ベンチャーの「勝ち方」がわかる1dayインターン

ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?

実力を求む就活生が長期インターンでベンチャー企業を選ぶメリット5選!

【就職でも転職でも使える!】就活生の自己分析の方法を徹底解説!

【選考対策】TOEICで何点取ると有利?企業選考の事例をご紹介!

【就活生必見】内定を掴めない人の特徴は?対処法もご紹介!

【就活生必見】この企業はブラック?ブラック企業の特徴と見分け方!

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5

最も読まれた記事

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

メガバンクの年収は思ったより低い⁉大手銀行の給与事情をここだけで公開!

コンサルタントの年収を企業ごとに大公開!外資・日系どっちが儲かる?

【メガバンク比較】就活生必読!三菱UFJ・三井住友・みずほの違いって?