【就職でも転職でも使える!】就活生の自己分析の方法を徹底解説!

 

就活を始める時期「自己分析を行いなさい自己分析を行いなさい」といろんな人から言われますよね。

なんとなく、言われるから始めようと思った自己分析...

でも、やり方もわからないしそもそもなぜやるかもわからないですよね!

そして業界分析や面接対策などが優先的になって気づいた頃にはもう手遅れになっている...

そうならないためにも今回はそんな自己分析を行うメリットと方法を徹底的に解説していきます!

自己分析を行う理由をしっかり理解して今後の就活に役立てていってくださいね!

 

目次

自己分析を行うメリット
  ー自分を売り込みやすくなる
  ー新しい自分を発見するきっかけになる
  ー仕事選びの軸が明確になる

自己分析を行う手順・方法
  ー①人生曲線の作成を行う
  ー②過去の行動を深掘りし行動の癖を発見する
  ー③将来の夢をもとにこれから必要なものを分析する

まとめ

自己分析を行うメリット

そもそも自己分析とは、自己を分析することで自分の強みや弱み、価値観を深堀りするものです!

自己分析をすることによって得られる大きなメリットは3つあります。

①志望する会社に自分を売り込みやすくなる
②新しい自分を発見できる
③自分の仕事選びの軸が明確になることが主なメリットです。

まずはこれらのメリットついて詳しく解説していきます!

自分を売り込みやすくなる

まず自己分析を行う一つ目のメリットは自分の売り込みやすくなることです。

自己分析を行うことで自分の行動の癖や性格を理解することができ明確なアピールポイントを発掘することができます。

究極的に言えば就活というものは自分を会社に売り込むことと言えますよね!

面接官は理念や考え方と一致した魅力的な人を採用したいと思っています。しかし、一度に大量の学生を相手にしないといけないため一人一人に充てられる時間は非常に短いのが現実です。

ビビっときたら面接通過、違うもしくはイマイチわからなかったとなった場合は躊躇なく落とします。

そうなると売り込む際に重要なのはいかに短い時間で自分の魅力を伝えられるかですよね!

自己分析をしっかり行うことによって自分のアピールポイントが明確にわかるので面接の際も効率的に自信を持って売り込みを行うことができます。

新しい自分を発見するきっかけになる

自己分析を行うことは新しい自分を発見するきっかけにもなります。

大学三年生までの間、特に何事にもやる気が起きず単位をも落としまくっていた文系のAくんは就活を通して自己分析を行なったことでビジネスに興味があるという自分の新たな一面を発見し、在学中ですが時間を作って都会に引っ越しビジネスに注力するようになりました。

また、大学1年生の頃から文化交流が好きだった文系のFさんは就活の自己分析通して「まだ自分は就職すること以外にやりたいことがある」ということに気づき、学校を休学して中国の方の大学へ留学に出ました。

他にも当初は就活をしていたけど自己分析を行う中で大学院に進む方が賢明な判断だということに気づき大学院に進学した人など、自己分析を行うことで新しい自分を発見し人生の分岐点を変えた人はたくさん見られます。

なので、今考えていることが今後も変わらないのかそれともかわりゆくのか判断するためも新しい自分を発見することができる自己分析を行うことは非常に利点の多いことだと思われます。

仕事選びの軸が明確になる

自己分析を行うメリットには仕事選びの軸が明確になることも考えられます。

就活の時期には一気に大量の会社を見ることになります。なので、初めは重視していた項目が後の方になるとわからなくなってきて、最終的には何が仕事を選ぶ上での軸なのかわからなくなってしまいます。

さらに、そうして仕事選びの軸が曖昧になったまま就職した場合、入った後に何か違ったと感じ離職してしまう可能性もあるのです。

実際に大学を卒業して3年後に離職する割合は31.8%という値が出ており、これは3人に1人が離職しているということになります。

せっかく頑張って面接を受けて会社に入ったのにすぐ離職してしまっては元も子もないですよね!

会社に入る上では仕事内容から人間関係から場所やキャリアプランやお給料まで様々なことを気にしなくてはなりません。

自己分析は上記のようなことを整理し自分の仕事選びの軸を明確にすることができるので是非とも行なっておきたいことだと言えます!

自己分析を行う手順・方法

自己分析を行う3つのメリットはわかりましたでしょうか?それでは次に自己分析を行う方法を解説していきます!

①人生曲線の作成を行う

キャリア道場_自己分析の理論・方法_ライフチャート使用例

まず始めに人生曲線の作成を行います。

人生曲線の作成とは自分の過去や未来を描き一つのグラフを完成させるワークです。
横軸は時間、縦軸はイベントごとでの幸福度を表していて特にインパクトの大きな出来事の横に文字で書いていきそれぞれの出来事をつないで人生における感情の起伏をグラフ化します。

人生曲線を作る上では過去の事象と未来の事象を明確に分けることが大切で、過去の出来事は今の自分の性格や行動の癖を分析する証拠になり、未来の出来事はこれから自分がつけてゆくべきスキルなどを決定する参考になります。

職種を決めるときによく今までこのようなことが好きだったからなどと言って決める人がいます。その方法はもちろん悪くはありませんが、職種を決める上では将来から逆算して決めていくという手法もあります。

今まで20年間苦手と思ってきたものは好きだと思ってきたものは仕事についた後に変わることも多いので、現地点でやりたいことが決まりかねる人は将来から逆算する決め方もあるんだということも頭に入れておいてくださいね!

今回は例として作成したので出来事の数が少ないですが、自分でやってみる際には10~20の出来事があがるのが理想です!

多ければ多いほどデータ量も増えて確信がつけるようになるのでできるだけ多くのデータを書き込むようにしましょう!

②過去の行動を深掘りし行動の癖を発見する

次に作成した人生曲線をもとに過去の行動の意味を深掘りしていきます。

上記の人生曲線のレギュラーメンバーに選ばれたという原体験を例にして深掘りを行うと、どのようなことが起きて、何をしたから選ばれて、どのように感じたなど様々な角度から深掘りを行うことができます。

これらは紙に書いて残しておく方が頭の整理になるので、ぜひ紙に残しておいてくださいね!紙に書く際は樹形図のように根を貼りながら伸ばしていくと整理がつきやすいですよ!

自分の成果や体験をもとに考えや価値観を深堀りすると自分がどのような状況でどう動くかという行動の癖が見えてきます。

こうすることによって単なる過去の事象にも説得力をもって話すことが可能となり、聞いている方も納得することができます。

面接の際にただ「御社に入って〇〇という仕事をしたいです」という人と、「過去に△△という体験をしたことで、自分は□□という価値観を持っていて、◇◇に携わりたいと考えているので御社の〇〇という仕事をしたいです」という人のどちらの言葉が説得力を持つかは明白ですよね!

よって、人生曲線を書くことができたら過去の出来事が今の自分の行動や考え方のくせにどのような影響を与えているかを深掘りしてみましょう。

③将来の夢をもとにこれから必要なものを分析する

次に将来の夢から会社に入る上で必要なものをリストアップしていきます。

将来の夢がいまいち思いつかない人は仕事・家庭・プライベート・金銭の4ジャンルの夢を考えると良いでしょう!

中身に関してはどれだけ些細なことでも大丈夫なのでできるだけ多くリストアップしてみてください!


例えば、家庭に関して将来地元に住んで子供を3人持ちたいと考えている人であれば、就職先は地元付近でかつ給料もある程度高いメジャーな企業を探す必要があります。

さらに、家庭に関して子供を産む予定のある女性の方であれば育児休暇後に復帰しやすい企業もしくは会社に入って数年間で実務的な技術がつくような企業に勤め、出産後はその資格を活かし転職を行うということが考えられます。

そして、仕事の面で将来企業を行いたい人やビジネスの世界で挑戦したい人は新卒の地点でベンチャー企業に入る人もおり、このような人は福利厚生よりその企業で何を学べるかということを重要視する傾向にあります。

よって、将来の自分像を描くことでこれから会社に入る時に必要となるものが明確になってくるので過去の分析だけでなく将来の分析もしっかり行なっていってくださいね!

この方法で自己分析することによって頭の中がしっかりと整理され面接の際も根拠のある回答を自信を持って行うことができます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

これらのことを踏まえて最後に簡単にまとめを行なっていきます!

  • 自己分析とは自分の強みや弱み、価値観を理解するもの 
  • 自己分析を行うことで志望する会社に自分を売り込みやすくなる
  •  自分を理解すること自分の仕事選びの軸が明確になる
  •  価値観は自分の体験に基づいている
  • 人生曲線を用いることで自分の中でインパクトの大きな体験を深堀りできる
  •  体験が自分にもたらした影響を考えることで自分の価値観を認識できる

自己分析を通して就活で有利に、かつより良い働き方を実現していきましょう!

Written by キャリア道場 近藤佳大

HR Forceでは長期インターン生・新卒を募集しています!

株式会社HR Forceは、東証一部上場船井総研ホールディングス子会社で、AI・ビッグデータを活用したダイレクトリクルーティング事業・AI Adプラットフォーム事業を行っている会社です。

社長の高山は、船井総研ホールディングスで歴代最年少社長(36歳)

そんなHRForceでは現在、社員とインターン生合わせて150人が働いています。(インターン生は100人越え)。 

インターン生は東京大学、早稲田大学、慶應大学、一橋大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、そして東北大学や秋田国際教養大学などの地方大学や欧米諸国の海外大学まで、世界各国津々浦々から集まっています! 

また、リモートワークOKという利点を活かして、海外大生や留学中の学生の採用も積極的に行っています! 

卒業生は大手企業内定多数!
※内定直結型インターンなのでもちろんHRForceも含む 

2018年に始動したばかりのインターンプログラムですが、みんなしっかりと力を着けて社会に羽ばたいています!

現在弊社にある職種は主に 

・セールス 
・採用コンサル 
・コンテンツクリエイター 
・CS 
・チャネル開拓(SNS、YouTube) 

などです。 
*オープンポジションでの採用となりますので、こちらに記載のない職種でやりたいことがある場合は ぜひご相談ください。

 

◆働きやすさ
・フルフレックス
・リモートOK
月末にインターン総会・懇親会

◆スキルアップ支援
人材業界トップコンサルタントによるセミナーを無料聴講
・元経営コンサルタントからのフィードバック
・ 月末総会では、インターン生限定で凄腕経営者の講演会を開催!

圧倒的な成長環境を整えるべく、まだまだ制度強化中!

少しでも興味のある方は下のLINE@を登録してお気軽にメッセージをください!
是非私たちと一緒に、人材業界を変えていきましょう! 

ご応募お待ちしております!

新規CTA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?

実力を求む就活生が長期インターンでベンチャー企業を選ぶメリット5選!

【選考対策】TOEICで何点取ると有利?企業選考の事例をご紹介!

【就活生必見】内定を掴めない人の特徴は?対処法もご紹介!

【就活生必見】この企業はブラック?ブラック企業の特徴と見分け方!

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5

【選考対策】業界研究をするべき理由って?方法まで大公開!

【面接対策】就活生が見るべきおすすめニュースサイト5選!

最も読まれた記事

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

【メガバンク比較】就活生必読!三菱UFJ・三井住友・みずほの違いって?

リクナビとマイナビ、どっちを使えばいいの?3つの視点で比較してみた

【生保比較】就活生必見!日本生命・第一生命・明治安田生命を3つの視点で徹底比較