「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5

「HR Forceってインターンも募集してるの?」

「長期インターンに興味があるけど、実際どんな感じなの?」

そんなことを考えている人に送りたい、「インターン生インタビューシリーズ」!

HR Forceの長期インターンプログラムである「丸の内メディア大学」では、主に6つの部署があります。インターン生は、自身のキャリア・やりたいことに沿った仕事を、それぞれの部署で担当しています!

このシリーズは、皆さんに弊社のインターンに関する疑問を少しでも解消してもらうため、各部署のインターン生にインタビューを行っていく企画です!

第5回目は「AIインターン」所属の小山さんにインタビューしました!

目次

 

大学4年生の小山さんへインタービュー!

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5-2

ーはじめに自己紹介をお願いします。

小山:
はじめまして、慶應義塾大学商学部4年の小山百合香と申します。ハロプロが大好きで、最近はBEYOOOOONDSのイベントに行ってきました!将来の夢は椎名林檎さんです。よろしくお願いします。


ーよろしくお願いします。それではまず、小山さんの1日のスケジュールを教えて下さい。

小山:
私は「採用GO」「キャリア道場」でのライターを経て今のAIチームに配属されました。前部署にいた時期は、週に1~2本という目標にしたがい、スキマ時間にリモートで記事を執筆していました。
現部署は、インターン生の裁量権が大きく、与えられた目標に向かうプロセスを一から考えるので、ディスカッションや軌道修正がすぐにできるようにまとまった時間をとって出社することが増えましたね。自身の他のスケジュールも加味して、働き方を選択できるのがHR Forceの強みだと思います。私のように部署異動もできるので、入社後にライフスタイルが変化しても安心して働けます。

 

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5-3

ー確かに、多様な働き方をインターン生も実施できていますよね。

入社までの一年間で最も力が伸ばせると思った

ー小山さんがこのインターンを始めた理由はなんですか?
早い段階で内定をお持ちだったと聞いているのですが、なぜわざわざ長期インターンをしようと思ったのでしょうか。


小山:
仰る通り、私は3年生のうちにコンサルティングファームに内定を頂いていました。内定をもらった瞬間に、「一刻も早くクライアント様のお役に立てるように実務経験を積もう」と思い立ち、長期インターンを探しました。そして、4年生の1年間で最も力が伸ばせる修行先はHR Forceだろうと入社を決めました。

そのように決断できたのは、採用に「無駄にお金をかけている」企業を助けるべく、世の常識を覆そうとする理念に共感し、着実に業績を伸ばしている実績、インターン生の自主性を重んじる文化に信頼をおけたからです。

 

ーなるほど、入社前に実力をつけ、早いうちに活躍できるように準備しているんですね!さすがです!
ちなみに、インターンではどんなお仕事をされているんですか?


小山:
先ほどお伝えした通り、2部署でライターを経験し、今はAIチームで、求人情報のimpやcvを伸ばすためにデータの分析と修正を繰り返しています。将来人事コンサルティングの領域で活躍したいと伝えていたら、より将来のキャリアに近い仕事に異動させていただけました。

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5-4

自分のキャリアに役立つ仕事を振ってもらえるのはありがたいですね。

仕事を通して、何か学んだことや得られたスキルはありましたか?

小山:
1番大きな収穫は「想像力」ですね。
記事や求人情報の閲覧数を伸ばし、その後こちらが望むアクションを起こしてもらうためには、読者に刺さる内容や文言を考えなくてはなりません。ライティングのためのテクニックはもちろん存在しますが、情報収集の段階から「どんな人が何を求めているのか」を強く考えるようになりました。そのため、日常生活においても、例えば電車で目の前に座っている人を観察して、どんな人なのか、何を求めていそうかと想像を巡らせるようになりました。ちょっと気持ち悪いかもしれませんが(笑)。
今後仕事をしていくうえで、ユーザーやクライアントが何を求めているのかを熟慮するための素養を身に着けることができる環境だと思います。

【最後に一言!】

ーそれでは、最後にHR Forceに興味を持っている人に一言お願いします!


小山:
なにも悩むことはありません、まずは応募して1週間でも2週間でも働いてみてください。
合わないなと思ったら、辞めればいい。

ただ、働き始めたら、あまりの働きやすさ・楽しさ・居心地の良さに辞められなくなってると思います(笑)。

 

HR Forceでは長期インターン生・新卒を募集しています!

 

株式会社HR Forceは、東証一部上場船井総研ホールディングス子会社で、AI・ビッグデータを活用したダイレクトリクルーティング事業・AI Adプラットフォーム事業を行っている会社です。

社長の高山は、船井総研ホールディングスで歴代最年少社長(36歳)

そんなHRForceでは現在、社員とインターン生合わせて150人が働いています。(インターン生は100人越え)。 

インターン生は東京大学、早稲田大学、慶應大学、一橋大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、そして東北大学や秋田国際教養大学などの地方大学や欧米諸国の海外大学まで、世界各国津々浦々から集まっています! 

また、リモートワークOKという利点を活かして、海外大生や留学中の学生の採用も積極的に行っています! 

卒業生は大手企業内定多数!
※内定直結型インターンなのでもちろんHRForceも含む 

2018年に始動したばかりのインターンプログラムですが、みんなしっかりと力を着けて社会に羽ばたいています!

現在弊社にある職種は主に 

・セールス 
・採用コンサル 
・コンテンツクリエイター 
・CS 
・チャネル開拓(SNS、YouTube) 

などです。 
*オープンポジションでの採用となりますので、こちらに記載のない職種でやりたいことがある場合は ぜひご相談ください。

 

◆働きやすさ
・フルフレックス
・リモートOK
月末にインターン総会・懇親会

◆スキルアップ支援
人材業界トップコンサルタントによるセミナーを無料聴講
元経営コンサルタントからのフィードバック
月末総会では、インターン生限定で凄腕経営者の講演会を開催!

圧倒的な成長環境を整えるべく、まだまだ制度強化中!

少しでも興味のある方は下のLINE@を登録してお気軽にメッセージをください!
是非私たちと一緒に、人材業界を変えていきましょう! 

ご応募お待ちしております!

新規CTA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?

実力を求む就活生が長期インターンでベンチャー企業を選ぶメリット5選!

【就職でも転職でも使える!】就活生の自己分析の方法を徹底解説!

【選考対策】TOEICで何点取ると有利?企業選考の事例をご紹介!

【就活生必見】内定を掴めない人の特徴は?対処法もご紹介!

長期インターンの営業って何するの?経験者にインタビュー!

【就活生必見】この企業はブラック?ブラック企業の特徴と見分け方!

【選考対策】業界研究をするべき理由って?方法まで大公開!

最も読まれた記事

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

【メガバンク比較】就活生必読!三菱UFJ・三井住友・みずほの違いって?

リクナビとマイナビ、どっちを使えばいいの?3つの視点で比較してみた

【生保比較】就活生必見!日本生命・第一生命・明治安田生命を3つの視点で徹底比較