第二新卒が転職エージェントを利用するメリット・デメリットを徹底解説!

第二新卒での転職活動には様々な方法がありますが、その中でも多く耳にするのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントと聞くと、様々なイメージを持つ人がいると思いますが、実際に第二新卒が転職エージェントを利用するメリットやデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

本記事では第二新卒が転職エージェントを利用する際のメリット・デメリットに関して様々な解説をしていきます。

第二新卒で転職を行おうと考えている人は是非参考にしてみてくださいね!

目次

1.転職エージェントとは

2.第二新卒が転職エージェントを利用するメリット

3.第二新卒が転職エージェントを利用するデメリット

4.第二新卒にオススメの転職エージェント

5.さいごに

1.転職エージェントとは

転職エージェントとは「求職者と求人を募集する会社の仲介として存在し、双方のコミュニケーションのサポートを行う厚生労働省が認める許可事業」の事を指します。

よく言われる転職サイトとは違い、企業と転職者との間に専属コンサルタントが入って転職活動の様々なサポートをしてくれます。

サポートの例としては企業紹介・書類作成・面接対策など転職のありとあらゆることを行なってくれる場合が多いです。

転職エージェントについて簡単に紹介しましたが、さらに詳しく知りたい人は下記記事をお読みください!

【転職者必見!】人材紹介とは?意外と知らない利用手順やお金の仕組み

2.第二新卒が転職エージェントを利用するメリット

 

pexels-photo-834657

第二新卒が転職エージェントを利用するメリットとして以下の6つのことが挙げられます。

①コンサルタントが強い味方になる
②転職の際の負担が減る
③非公開求人に出会うことができる
④社内の雰囲気・裏事情を聞くことができる
⑤転職の際の相談者ができる
⑥円満な退職を行うことができる

ここではこの6つのことについて詳しく解説をしていきます!

コンサルタントが強い味方になる

転職エージェントは転職者自身では面接官に伝えれない長所を代わりに伝えてくれます。

一般的に第二新卒は社会経験が浅く即戦力となる為に必須の技術やビジネスマナーが欠如していると思われがちなので転職には不利とされています。

さらに第二新卒には技術やマナー以前に「わが社に就職したところですぐにやめてしまうのではないか。」といった不安が付きまとい、なかなか採用に踏み切れないのが現状です。

コンサルタントはこのような採用者側の不安を転職者の代わりに解消してくれるのです。

そのため企業と求職者の間でのミスマッチを減らすことができ、転職に成功する確率が格段に上がります。

さらに凄腕の転職エージェントになると採用担当の人に”あなたが御社で働いた場合どういう輝き方ができるのか”というポジショニングの話まで伝えてくれるので採用側もイメージを持ちながら面接を行うことができるというのが利点です。

自分で伝えにくいことも第三者を通して伝えるので、説得力も増します。これは非常に有益なことですよね!このように転職エージェントはあなたの長所をあなたの代わりに伝えてくれます。

転職の際の負担が減る

転職者は転職エージェントを利用することによって転職の際の負担を減らすことができます。

なぜなら転職エージェントが転職者の代わりにより適した会社を探し、書類作成・日程調節などの業務を行ってくれ、転職サイトなどを利用する時よりも求職者自身にかかる負担を大幅に軽減することができるからです。

日々仕事に精進して会社の業務に追われている求職者にとっては、非常に便利なサービスですよね!

また、書類の作成だけでなく、書類添削や面接の対策もやってくれるため個人で新たに練習を行う必要もなく安心して転職に挑むこともできます。

このような理由により転職サイトで会社を探して個人で転職活動を進めていく場合よりも時間的・精神的な不安を減らすことができます。

非公開求人に出会うことができる

数ある求人の中には求人サイトなどには乗っておらず転職エージェントを通じてのみ求人を行うことのできる非公開求人なるものが存在します。

非公開求人の中には非常に条件の良いものがあったりと自分では見つけることができないものがあるので転職エージェントの利用はそのような会社と出会うための最高の架け橋です!

転職エージェントを利用するだけで自分の見つけれない求人に出会うことができるのは素晴らしいメリットだと言えますね!

社内の雰囲気・裏事情を聞くことができる

転職エージェントは求人を出している会社と定期的に連絡を取っていたり、会社に直接おもむいています。

なので、普段の会社の状況などを詳しくわかっており、面接時や会社訪問の時だけではわからない普段の雰囲気を教えてもらうことがあります。

これは非常に重要で転職後のミスマッチを格段減らすことができます!

普段自分が探す会社の情報量だけでなくより多くの人から情報をもらうことができるというのは非常に安心できることですよね!

転職の際の相談者ができる

転職エージェントを利用することで転職の際の相談する相手ができます!

転職活動というのは非常にナイーブで、現在勤めている会社の人にはもちろんそれ以外の人にもなかなか相談しづらいことですよね。さらにスキル指導ができる人も少なく、特に第二新卒は転職自体が初めてであるということも多いため、転職の方法や仕事の探し方などに苦戦してしまいます。

転職エージェントが会社を紹介してくれるだけでなく、親身に話を聞いてくれることで転職の際の不安を取り除くことができます!

円満な退職を行うことができる

転職エージェントは転職をしてきてる人をたくさん見ているので、事例がたくさんあり円満な退職を行うことができます。

特に入社日と退職日がずれてしまったり、引き止めにあって心が迷ってしまったりと退職の際には様々なトラブルがつきものなので転職エージェントから事前にアドバイスを受けることでトラブルを回避することができます。

仮にトラブルに巻き込まれてしまった場合でも的確にアドバイスをくれるので安心して転職に挑むことができます!

3.第二新卒が転職エージェントを利用するデメリット

business-3152586_1280-2

次に転職エージェントを利用する際のデメリットについて下記の4つ紹介していきます。

①コンサルタントによって転職の成功度合いが変わる
②転職エージェントの営業トークに乗せられる場合がある
③市場価値が低い場合転職に苦戦することがある
④転職自体に時間がかかる場合がある

コンサルタントによって転職の成功度合いが変わる

残念ながら転職エージェントはその人によって実力がだいぶん違ってくるのが事実です。

なので転職の際はどんな転職エージェントについて欲しいかしっかり考えておく必要があります。

もし、転職エージェントの相性が悪かった場合は正直に伝えることで担当を変えてもらえるので正直に伝えるようにしましょう!

転職エージェントの営業トークに乗せられる場合がある

転職エージェントも一会社の社員です。利益を上げれば評価をもらえるわけで、それを利用して強引に会社を提案してくるような人も残念ですがいます。

また、上手な営業トークで転職者の純粋な判断を妨げてしまうような人います。このようなエージェントについてしまうと帰って転職後に後悔してしまう可能性があるので自分を担当してくれているエージェントがどんな人なのかはしっかりとわかっておくようにしましょう!

市場価値が低い場合苦戦することがある

転職エージェントは国からの許可を得ているものの民間企業でであるため会社を経営していくためには利益が必要で、会社によっては厳しく転職者の市場価値を見定める場合もあります。

よって市場の中で価値が低いとみなされた人は転職エージェントのコミット度合いが低くなる場合もあります。

市場価値以外にも転職への意志も重要で転職への意志が弱いと”転職するかどうかわからない人材”とみなされ、市場価値が高くとも対応を後回しにされる場合もあります。

なので転職エージェントを利用する際はそれまでにしっかりと自分の市場価値を高め、転職の意志があるかどうかを明確にしておきましょう!(もちろん転職エージェントは転職するか否かの相談に乗っているので気軽に相談してみてください!)

転職自体に時間がかかる場合がある

転職エージェントを利用した場合、面接の時間や会社を探す時間そして書類の作成時間などは短縮することができますが、転職エージェントとの意思疎通のための電話や面談の時間はかかります。

転職エージェントといえども初めは他人なので気を使ったりもし、それも考慮すると転職に費やす時間と精神力が必要になるのは間違えありません。

会社の紹介から面接までの事実上の日数は短縮することができますが、ぎゅっと密度の濃い時間にする必要はありそうです。

4.第二新卒にオススメの転職エージェント

最後に第二新卒にオススメの転職エージェントに関して簡単に説明していきます!

第二新卒におすすめなのはウズキャリ第二新卒・マイナビエージェント・はたらくティブなどがあります。

詳しくは下記の記事に書いてあるのでお読みください!

目的別オススメの転職エージェント10選

転職エージェントはそれぞれに得意分野があり、目的によって使用するエージェントも変わってくるので是非参考にしてみてくださいね!

5.さいごに

いかがだったでしょうか?

転職エージェントの利用には大きなメリットがありますが、逆にデメリットもあるのでその両方を押さえておくことが肝心です。

「転職エージェントのことを信じつつも情報を鵜呑みにしない。」

転職エージェントを利用する際にはそのようなことに気をつけるようにしましょう!

もちろん!「転職エージェントがついているから」と任せにせず、自分主体で動くとおも大切ですよ!

あなたの転職活動がより良いものになることを祈っています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

written by キャリア道場編集部 坂元

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

転職の応募数の平均ってどれくらい?複数応募のメリット徹底解説!

実績に自信のない20代に!転職成功のために必要な5つのポイント

【裏事情大公開!】転職エージェントの利益・報酬の仕組みを徹底解説!

【就活生必見】女性が活躍できる有名企業3社を徹底解説!

【ゲーム業界比較】ソニー・任天堂・バンダイナムコHD を3つの視点で徹底比較!

リクルートに第二新卒で転職はアリ?リクルートの特徴と口コミまとめてみた

第二新卒で中小企業転職という逆転の選択肢を徹底解説!

【千葉県市川市で高収入】日給28,080円稼げる夜勤専従介護職という働き方

最も読まれた記事

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

【メガバンク比較】就活生必読!三菱UFJ・三井住友・みずほの違いって?

リクナビとマイナビ、どっちを使えばいいの?3つの視点で比較してみた

【生保比較】就活生必見!日本生命・第一生命・明治安田生命を3つの視点で徹底比較