長期インターンの営業って何するの?経験者にインタビュー!

就活はもちろん、社会人になっても役立つ能力を身に付けることのできる営業。

でも「長期インターンで営業って何をするのか分からない!」と思う方も多いはずです。

今回はそんな悩める学生の皆さんに営業インターンの「具体的な仕事内容」「身に付く力」「苦労すること」を丁寧にお教えします!

この記事を読んで営業インターンの基本を抑えちゃいましょう!

目次

そもそも長期インターンの営業って何するの?

営業で身に付く力とは!?

営業の辛いことって何?

営業インターン経験者から一言!

そもそも長期インターンの営業って何するの?

キャリア道場_長期インターンの営業って何するの?経験者にインタビュー!

営業の目的を一言で説明すると

「自社のサービス、商品を営業先の抱えている問題に対して提案し契約を行うこと」です。

中にはゴリゴリマッチョのスーツ営業マンを思い浮かべ「体育会系」といった印象を持たれがちな営業ですが、実際は全然違います!

現に僕はヒョロヒョロです。

それでは営業の長期インターンの流れをご説明していきます!

「リスト作成」で企業を厳選しよう!

営業と言ってもいきなり「お客様に会いに行く!」ことはできません。

まず「誰に会いたい」から決めないといけません。

日本だけでも企業はものすごい数が存在します。

「リスト作成」というのは「会いに行きたい」つまり「営業しに行きたい企業(もしくは個人)をピックアップ」することです。

「リスト作成」がきっちりできているか否かは実際の営業に超絶大きく響くので、慎重に選ばなければいけません。

自分が営業しに行きたいのは

大企業なのか?ベンチャー企業なのか?法人なのか個人なのか?

どういった企業(個人)が自分達の商材(サービス、商品)を必要としてくれるのか?

などを明確に決定してから企業を選定すると「リスト作成」がスムーズに進みます!(実体験)

テレアポ&メルアポでアポ獲得を目指せ!

「リスト作成」を終えたら次に行うのは「アポ取り」です。

営業訪問するために、「電話」や「メール」でアポイントを取ることです。

このアポ取りをスムーズに行えるかどうかが営業マンの腕の見せどころになります。

たかがメール、たかが電話と思って気を抜いてはいけません。

営業先に如何に「自分達に興味を持ってもらえるかどうか」がカギとなるのが「アポ取り」です。

メールでアポイントを行う場合「適切な文章量か?」「理解しやすい内容か?」

電話でなら「一方的に話過ぎてないか?」。

メールにしても電話にしても

限られた範囲内で「相手に興味を持ってもらわなければいけません。」

メールや電話上で相手の言葉にしっかり耳を傾け、その上で自社の商品を紹介することが大切なのです。

ちなみにですが

「メルアポ」と「テレアポ」でしたら、時と場合によりますが、アポ獲得率が高いのは「テレアポ」ですね。

電子文字か人の言葉で伝えるのかでは大きく違います。

商談に同行して契約をゲット!

「メルアポ」「テレアポ」でアポイントを獲得できたら、商談へと向かいます。

インターン先によって様々ですが、大抵の場合、社員に同行し、商談のサポートを行います。

慣れてきたら実際に「提案の一部」を任せてもらえることもあります。

営業で身に付く力とは!?

キャリア道場_長期インターンの営業って何するの?経験者にインタビュー!

営業のインターンを経験することで身に付く力には「就職活動」で有利に働くのはもちろん、「社会人」になっても大きな後押しをしてくれます!

実際に身に付く力は以下のようなものが挙げられます。

「社会人としての対人能力」

営業というのは実際に人と対話をする機会が毎回訪れます。

何度も何度もテレアポや営業同行をすることで「社会人としての敬語や立ち振る舞い」を身に付けることができます。

これは就職活動の面接でも高評価が得られること間違いなしですね!

「営業スキル」

営業スキルというのは、どの業界、どの職種でも求められるものです。

営業は社会人の多くは一度は経験する仕事であり、実際にインターンで営業を経験していると、他の営業他の人達よりも「早く成果を挙げること」ができます。

「上手な営業」を入社後すぐに実践することは、同期との差を一気につけることができ、会社からの評価も上がること間違いなしです!

「論理的思考力」

自社の商材を売るために、必要な能力の一つに「論理的思考力」というものがあります。

「論理的思考力」というのは、「順序だてて物事を説明する」ということです。

論理的、つまりロジックを立てて説明することで、より相手を納得させることができ、スムーズに契約に至ることが出来ます。

例えば「〇〇という特徴があるので是非この△△を買ってください。」というよりも

「△△には〇〇という特徴があり、この商品は貴社の✕✕という問題を解決してくれます。それなので買ってください。」

という方が説得力がありますよね。

「論理的思考力」は「就職活動」の「面接」の場でも有利に働くため、就活生にとっては身に付けておきたい力です。

「様々な業界知識」

多くの業界の人達と接する機会が多いため、様々な業界の知識を自然と身に付けることが出来ます。

学生ではなかなか触れることのできないその業界の裏側を知ることもできます。

業界知識を幅広く持つことは、自身の就職先を選ぶ手助けとなります。

営業の辛いことって何?

キャリア道場_長期インターンの営業って何するの?経験者にインタビュー!

「拒絶に負けるな!」

一番つらいことは何て言ってもメンタル面だと僕は思います。

営業というの拒否されるのは当たり前の職種です。

商談の手前のテレアポの段階で、「興味がありません。」と言われ、拒否反応をされるのです。

中には電話の途中で切られることだってあります。

始めの内は、この「拒否反応」にメンタルが傷ついてしまうかもしれません。

でも、この拒絶に負けず、何度も営業をこなすことによって挫けることのない屈強な精神力を手に入れることができます。

営業インターン経験者から一言!

営業のインターンというのは、「学生といった身分で社会人の人と対等の立場になれる」という数少ない経験ができます。

コミュニケーション能力の高い人にしか出来ないと思われがちな営業ですが「そんなことは一切ありません」。

人見知りな人も、内気な人も「経験」を積んでいけば着実に上達することが出来ます。

始めは思い通りにいかず、辛いこともたくさん経験すると思いますが、その分初めて契約を取れた時は非常に嬉しいものです!

就職活動だけではなく、一生役立つ力を身に付けさせてくれる営業をあなたも始めてみてはいかがでしょうか?

営業の長期インターンに少しでも興味がある方は是非、MMUでインターンを!

新規CTA

 

Written by キャリア道場 編集部 近藤大聖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5

「学部2年生で大手ITベンチャーでの営業を経験、その後SNS戦略のマネージャーに抜擢。引く手数多な女子大学生が“HR Forceを選んだ理由”とは」インターン生インタビューVol.4

「“大学生活を実りあるものにしたい”という思いから心機一転、バイト三昧の生活からチームマネージャーへ転身 “大学生活を振り返って胸を張って頑張ったと思えることを作りたかった”」インターン生インタビューvol.3

「インド帰りの若手ホープが考える、本当の意味での“自由な職場”」インターン生インタビューVol.2

「大学2年生で起業、その後経営と長期インターンを両立。大学生起業家の“起業したからこそ見えたもの”」インターン生インタビューVol.1

【NRI・デロイト・船井総研】コンサル女性内定者にインタビュー!就職先を選んだ決め手は?

最も読まれた記事

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

【メガバンク比較】就活生必読!三菱UFJ・三井住友・みずほの違いって?

リクナビとマイナビ、どっちを使えばいいの?3つの視点で比較してみた

【生保比較】就活生必見!日本生命・第一生命・明治安田生命を3つの視点で徹底比較