ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?

大学生になると、皆さんも就職について具体的に考えるようになるのではないでしょうか?

就活で有利になったり、実際の職場のイメージがつきやすいという理由から、就活の一環としてインターンシップに参加する学生も多いと思います。

実際、インターンシップに参加している大学生は約70%と、とても高い割合であることがわかります。

インターンにも様々な種類がありますが、今回は特にベンチャー企業での長期インターンについて解説していきます!

目次


そもそも長期インターンとは?

ベンチャーでの長期インターンの仕事内容

ベンチャーでの長期インターンを通して身に付く力

おわりに

 

そもそも長期インターンとは?

キャリア道場_ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?(1)

インターンシップには主に「短期インターン」と「長期インターン」の2種類があります。

「短期インターン」は就活の一環としての側面が強いため、参加できるのは大学3・4年生の場合が多く、期間は1日〜2週間ほどです。

企業の説明を聞く会社説明会や、課題解決型のプログラム、業務体験などが行われています。

短期インターンには給料が発生するプログラムもありますが、無給の場合がほとんどです。

これに対して「長期インターン」は参加学年が指定されておらず、1ヶ月以上参加するインターシップのことを言います。

その企業の社員と一緒に働くことができるので、課題解決型の短期インターンシップとは異なり、実際の業務を体験することができます。

実務を伴っているので、給料も発生します。

 

 

このグラフからもわかるように、ほとんどの学生は主に短期インターンに参加しており、特に1日のインターンの参加率が65.5%ととても高い割合であることが分かります。

反対に、長期インターンである1ヶ月以上のインターンには約3%の学生しか参加していないことが分かります。

長期インターンは実務を伴う場合がほとんどなので、学生のうちからスキルアップすることができ、多くの学生が短期インターンしか経験していない中で長期インターンの経験があるということは就活でも強みになります。

また、先ほども述べたように長期インターンは有給インターンである場合がほとんどです。

これらのことから長期インターンは、自分の興味のある分野の専門的知識や社会経験を身につけながら、お給料ももらうことができるという一石二鳥の環境であると言えます

 

ベンチャーでの長期インターンの仕事内容

キャリア道場_ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?(2)

べンチャー企業での長期インターンの仕事内容は、インターンする企業によって変わってきますが、共通しているのはその企業で実際に行われている業務を体験できるということです。

そもそも長期インターンはベンチャー企業や中小企業が行っていることがほとんどで、人数の少ないベンチャー企業などではインターン生を即戦力としています。

そのため、大企業のインターンとは異なり、任される仕事の裁量が大きく、インターン生の働きがその企業の利益に直結しています。

企業の実際の業務を担うことになるため、インターン生であっても正社員と同等レベルの成果を求められ、任された仕事を責任を持ってやり遂げることが求められます。

ベンチャー企業の定義としては、「革新的なアイディア・技術をもとに、新しい形態のサービスやビジネス(ベンチャービジネス)を展開する中・小企業のこと」が挙げられます。

この定義からもわかるように、ベンチャー企業は既存の企業が行ってこなかったような新しい事業に取り組んでいるため、業務を行う上でのマニュアルなどがない場合が多いです。

マニュアルがある場合も、業務の進行とともに常に良いものに改善していくことが前提になります。

インターン生の裁量権が大きいため、一人で営業に行ったり、会議に参加したり、インターン生だけで行う事業がある企業も多いです。

社員がほとんど不干渉で、インターン生が主体となる業務では、言われたことをこなすだけでなく、何をなすべきか、どうすればもっと良くなるかをインターン生自身が主体的に考え、行動していくことが求められます。

社員と同等レベルの働きを期待されるので勤務時間が長いこともあり、学業との両立も重要になってきます。

 

ベンチャーでの長期インターンを通して身に付く3つの力

キャリア道場_ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?(3)

〈論理的思考力〉

上記で述べたようにインターン生は自分で考えて行動することが求められるので、そのような過程を通して「論理的思考力」を身に付けることができます。

ある業務に対して目標を設定し実行、結果を評価し改善するというPDCA(Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善))を行うことで、業務を継続的に改善していくことができます。

なぜその結果になったのかを考察し改善策を考えることで、結果と原因の関係性を論理的に考察する力が身につき、次に何をなすべきなのかがはっきりとわかってきます。

論理的思考力はどんな仕事につく場合にも必要になってくる力なので、ベンチャー企業の長期インターンを通して身に付けることができれば、自分の将来に大いに役立つでしょう!

〈専門的知識〉

ベンチャー企業で仕事をしていく中で、インターンを運営する企業が行っている事業に対する専門的な知識も必要になってくるので、必然的にその知識をインプットすることになります。

しかし、ベンチャーでの長期インターンは実務を伴うので、インプットと同時にアウトプットする機会も多いです。

これを繰り返すことで実践的で専門的な力が身に付くので、ベンチャーでの長期インターンを通して社会人一年目から即戦力として活躍することができます。

〈圧倒的行動力〉

ベンチャーでの長期インターンでは、上記でも述べたように自分で考えて自分から行動することが求められます。

ベンチャー企業は急成長している段階なので、周りの状況も目まぐるしく変化していきます。

このベンチャー特有のスピード感に対応していくためには、常に現状に満足することなく行動を起こしていくことが大切になってきます。

インターン生の発案が採用される場合もあるので、社会人になる前から当事者としての責任感と行動力を身に付けることができるとても良い環境であると言えるでしょう。

 

おわりに

今回はベンチャーでの長期インターンについて解説してきました。

ベンチャーでの長期インターンでは、短期インターンや大企業の長期インターンでは体験することのないとても貴重な体験をすることができます。

ベンチャー企業の長期インターンの特徴としては

・実際にその企業で行われている仕事を体験できる。

・インターン生の裁量権が大きい。

・専門的知識など社会人になってから役立つスキルを多く身につけることができる。

などがあげられるのではないでしょうか。

ベンチャーの長期インターンでは社会の出てから役立つ多くの経験や知識を身につけることができ、周りの学生と圧倒的な差をつけることができます。

実際に働いてみることでわかることもたくさんあると思うので、長期インターンに興味を持った方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

Written by キャリア道場 山田理彩子

HR Forceでは長期インターン生・新卒を募集しています!

株式会社HR Forceは、東証一部上場船井総研ホールディングス子会社で、AI・ビッグデータを活用したダイレクトリクルーティング事業・AI Adプラットフォーム事業を行っている会社です。

社長の高山は、船井総研ホールディングスで歴代最年少社長(36歳)

そんなHRForceでは現在、社員とインターン生合わせて150人が働いています。(インターン生は100人越え)。 

インターン生は東京大学、早稲田大学、慶應大学、一橋大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、そして東北大学や秋田国際教養大学などの地方大学や欧米諸国の海外大学まで、世界各国津々浦々から集まっています! 

また、リモートワークOKという利点を活かして、海外大生や留学中の学生の採用も積極的に行っています! 

卒業生は大手企業内定多数!
※内定直結型インターンなのでもちろんHRForceも含む 

2018年に始動したばかりのインターンプログラムですが、みんなしっかりと力を着けて社会に羽ばたいています!

現在弊社にある職種は主に 

・セールス 
・採用コンサル 
・コンテンツクリエイター 
・CS 
・チャネル開拓(SNS、YouTube) 

などです。 
*オープンポジションでの採用となりますので、こちらに記載のない職種でやりたいことがある場合は ぜひご相談ください。

 

◆働きやすさ
・フルフレックス
・リモートOK
月末にインターン総会・懇親会

◆スキルアップ支援
人材業界トップコンサルタントによるセミナーを無料聴講
・元経営コンサルタントからのフィードバック
・ 月末総会では、インターン生限定で凄腕経営者の講演会を開催!

圧倒的な成長環境を整えるべく、まだまだ制度強化中!

少しでも興味のある方は下のLINE@を登録してお気軽にメッセージをください!
是非私たちと一緒に、人材業界を変えていきましょう! 

ご応募お待ちしております!

新規CTA

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

実力を求む就活生が長期インターンでベンチャー企業を選ぶメリット5選!

【就職でも転職でも使える!】就活生の自己分析の方法を徹底解説!

【選考対策】TOEICで何点取ると有利?企業選考の事例をご紹介!

【就活生必見】内定を掴めない人の特徴は?対処法もご紹介!

【就活生必見】この企業はブラック?ブラック企業の特徴と見分け方!

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5

【選考対策】業界研究をするべき理由って?方法まで大公開!

【面接対策】就活生が見るべきおすすめニュースサイト5選!

最も読まれた記事

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

【メガバンク比較】就活生必読!三菱UFJ・三井住友・みずほの違いって?

リクナビとマイナビ、どっちを使えばいいの?3つの視点で比較してみた

【生保比較】就活生必見!日本生命・第一生命・明治安田生命を3つの視点で徹底比較