限界に差し掛かったドライバー採用。コロナ禍に屈しない、採用の最適解とは?

Sep 29, 2020

こんにちは!

 

今回は、国内初のAIリクルーティングプラットフォーム「Recruiting Cloud(リクルーティングクラウド)」の導入事例をご紹介します。

 

今回インタビューさせていただたいた東栄興業株式会社様は、関東エリアを中心にタクシー・物流事業を展開されています。従業員数は300人以上、年間の採用人数も多いですが、代表の真田様が自ら主体的に採用活動に携われており、これまでにも様々な採用手法を試してこられたそうです。

 

そんな東栄興業株式会社様は今年度からリクルーティングクラウドをご利用いただいており、コロナ禍に屈することなく採用活動を行われています。効果や運用のコツについてお伺いしました。

 

- Recruiting Cloud(リクルーティングクラウド) 導入成功ストーリー vol. 1 - 

 

東栄興業株式会社

 

東栄興業株式会社

会社設立年:1985年7月

所在地:神奈川県横浜市

事業内容:物流事業、タクシー事業

採用職種:配送ドライバー/タクシードライバー

雇用形態:正社員/契約社員/アルバイト

企業サイト:物流http://www.toeiunyu.co.jp/ / タクシー:https://www.toei-taxi.com/

 

 

 

ドライバーは、応募が集まらない、定着率も低い難関職種

 

 弊社が展開している運送業・タクシー業は、まずは人がいないと成立しない事業です。そのため、弊社は従業員

を人材ではなく「人財」と捉え、採用に関しても最重要の経営課題として掲げ、私自身も直接関わる形で取り組んできました。

 

 経済活動を支える社会的インフラとして、日々の生活の中で重要な役割を担っていますが、免許等の資格が必要な上、仕事が厳しいなどのマイナスイメージもあり、人材確保においては難関職種のひとつだと思っています。応募を獲得し、何とか面接につなげても、採用にまで至れない、採用できても、入社数日であっさり退職してしまう。など、弊社側の問題もあったかと思いますが、苦い経験をいくつもしてきました。

 

 過去にいわゆる求人掲載型の媒体に掲載してみたのですが、満足のいく結果を得られませんでした。採用にいたらなかったというのに加え、求人内容の変更するのにも時間が掛かったりするので、ストレスを感じていましたね。このままではジリ貧になってしまうと思い、新しい取り組みとして、一昨年から自社で運用型採用広告を始めたのです。自社で採用サイトを立ち上げ、SEO対策を施すなど、素人ながら勉強を重ねて採用活動を行ってきました。

 

 

あまりにも多い変数に、自社運用の限界を感じた

 

 独学ながらも少しずつ採用に繋げられてはいたので、やり方がそこまで間違っているとは思わなかったです。求職者に自社の魅力が伝わり、興味を持ってもらえる求人内容にする工夫をしつつ、求人検索エンジンの仕様変更や新機能の追加などの、運用をしていく上で知っておかなくてはならないことが、かなりの早さで変化していくので、常に何かが不足している気がしていました。自社でできているのが100点満点のうち何点で、何をすれば更によくなるのかが分からず、効果としても頭打ちの状況になってしまいました。

 

 

これからは「適切な媒体を適切に」使い分ける必要がある 

 

 以前から会社は知っていたのですが、そんな悩みもあって、改めてHR Forceさんのセミナーに参加したんです。そこで、急激にトレンドが変化していく中で、適切なタイミングで適切な媒体を使い分ける必要があることを知りました。改めて、採用のプロに伴走してもらわなければならない域に達していると感じたので、導入を決意しました。

 

 第一のポイントが、掲載できる媒体が150以上あって、求人と目標さえあれば、自動的に予算を割り振ってくれる。しかもそれをプロの方に助けてもらいながら運用していけるというところです。

 

 また、Recruiting Cloudは利用料金のみの請求なのも、リスクを感じずに導入できたポイントですね。余計なコストが掛からないのであれば、今の自社運用を切り替えるリスクがほぼないですよ。

 

 並行で運用するのもロスだと思ったので、これまで自社で運用していたものも全てストップし、Recruiting Cloudさんに統合する形でスタートすることにしました。一部の媒体は引き続き自社で運用しようかと思っていたのですが、運用系は全てプロに任せた方が効率的であろうと考え、全てお任せすることにしました。

 

 

コロナ禍で応募者の質が急変するも、コンサルタントの意外な打ち手で対応

 

 導入してしばらくして、コロナによる影響を受けてしまいました。幸い、弊社はコロナ禍においても採用自体は継続することができていたのですが、急に応募者の質が変化したんです。コロナの影響で職を探される方が増え、運送業に関する理解があまりない方からの応募が増えたのかな、と推測しているのですが、応募からの採用・定着率が悪化し、採用効率が落ちてしまったため、すぐに対処する必要がありました。

 

 担当さんへ相談したのですが、すぐに求人の見直しと目標獲得単価の見直し、の2点を提案いただいたんです。効率が悪化する中で挑戦的だなと正直驚いたのですが、その内容で進めてもらったところ、実際に応募の質が改善されました。理由を聞いたところ、これまで弊社の諸設定では、Recruiging Cloudが配信できるたくさんの媒体のうちでも、配信面が偏ってしまってしまいがちだったそうです。それをあえて適正なCPAにすることにより、運送業に興味をもたれている方に求人情報を閲覧してもらえて、自社の魅力をきちんと伝えることが出来るようになったのではないかということでした。これは自分たちでは絶対に達成できなかった改善だと思いましたね。

 

 

レスポンスも速いし、最先端の情報の共有も受けられる

 

 サポートもすごく充実していると思います。特に今の担当さんはいつもレスポンスも早く、安心してお任せしています。定期的にオンラインミーティングすることができ、細かい話までかなり教えてくれるので毎回楽しみにしています。一緒にデータを見て、一緒に考えることができるのが魅力的ですね。採用や運用型求人媒体に関する最新のトレンドも聞くことができますし、非常に勉強になります。

 

※ ご予算によってサービス内容は異なります。詳しくはお問い合わせください。

 

 

運用をプロに任せれば、本質に注力できる

 

 工数削減により、その分リソースを他のことに費やすことができ、以前から課題であった、応募獲得後のフォローの改善などに注力することができるようになりました。やはり採用はそれぞれの行程をしっかり踏んでいくことが大切だと考えており、今はRecruiting Cloudと上手く役割分担している感覚ですね。また、よい人材の採用が増えましたから現場に新しい風が吹いて、よい緊張感が生まれてきたように思います。

 

東栄興業株式会社 真田様

 

 コロナ禍により、あらゆる企業・従業員の方にもに厳しい影響が出てきていますが、弊社としては、タクシードライバーの採用をこれからまた強化していきたいと思っています。人材は“人財”ですので、弊社では求職者の方が安心して充実したワークライフを送れることを誠意をもって伝え続け、この難題の解消に向けて取り組んで行きたいと思いますので、HR Forceにはこれからも是非その支えとして一緒に採用を盛り上げて欲しいと願っています。

 

===

 

東栄興業株式会社 真田様、お話お聞かせいただき、ありがとうございました!

 

御社に合わせたシミュレーションをお出しすることもできますので、サービスに関するお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら
 

 

More Posts