離職率の高い企業の特徴とは?圧倒的に離職率を下げる方法〜厳選〜

せっかくお金をかけて採用したり、新人教育を行ったりしたのになぜかやめられてしまう、、、なんてことはありませんか?近年は特に求人倍率が上がってきているので、採用できた人材がすぐに離職されてしまうと労働力が少なくなってしまうだけではなく、再び人材確保のための採用活動を行う必要があることに加えて採用しにくいのが現状です。その場合、採用にかかる費用や新人教育などの予定にはなかった費用やそれらを行うための時間がかかってしまいます。また一体どれだけの割合で離職しているのかというと大卒就職者のうち3割以上が3年以内に辞めてしまっているのです。特に規模が小さい中小企業は離職率が高まっている傾向があります。景気がよくなれば離職率も減るのではないのかと考える人もいると思いますが、残念ながらこの離職率は10年以上さほど変化はありません。そのためこれから先も離職率と向き合っていくことが求められます。今回はこの企業が抱える離職率問題を改善するべく、離職率が高くなってしまう企業の特徴と離職率を減らす改善策についてまとめてみました。

離職率が高い企業の特徴 

「自分の企業はブラックではないのに、なぜ離職者が多いのだろう...?」

と考えたことはありませんか?他の企業が行っている福利厚生や仕事に見合った給料を出しているのにそれでも人に辞められてしまうということは聞かない話ではありません。ここからわかることはただ単純に福利厚生をつければいいものではないということです。働いている人が企業に対して何を求めているのかをまず知ることや、企業の経営理念に沿った福利厚生を導入しましょう。

例えば、女性が多い企業であれば子育て支援や産休期間を儲けることや自由に働けるといった経営理念を掲げている企業であればリモートワークを導入することでも社員の企業への満足度が挙げられます。特に今の時代は女性に対する福利厚生を充実させることが離職率を下げることに繋がります。女性の人材は結婚や出産を機に離職してしまうことが厚生労働省のデータから見ても多いことがわかります。女性が働きやすい会社にすることがまず離職率を減らす方法の第一歩ですね。

また、就職した人たちが持っている理想と企業が持つ現実の間にあるギャップに耐えられずに辞めてしまうパターンも多いです。求人活動をしている際に企業をよくみせようとした結果、良いところだけを求人広告に載せたり、面接の場で就職希望者に対して職場をよく見せたりしてしまいませんか?これは就職者に大きな企業の理想像を与えてしまい、理想を夢見ながら企業でいざ職場の現実を見たことでギャップに耐えられずに離職してしまいます。

これはミスマッチの一つでありますが、これ以外にもミスマッチによる離職があり、自分のやりたいことが企業でできないことや仕事内容が自分に合わない理由で職場を離れてしまう人もいるのです。加えて、職場の人との関係によって仕事を辞めてしまう人も少なくありません。労働政策機構が出しているデータ(参考1)によると初職離職理由の約2割が人間関係で離職したと回答しています。ただ待遇や給料をあげたりするのではなく、企業自体の環境を見直すことも要求されます。以上の点が離職率が高い企業の特徴でした。 

スクリーンショット 2018-08-20 17.22.58-1
(参考1:労働政策研究 研修機構「早期離職とその後の就業状況」

離職率の高い企業の理由まとめ

・企業の人材に合わないような福利厚生

・リアリティショック

・ミスマッチ

・人間関係 

離職率を改善する方法

ではここからは離職率を改善する方法についてまとめていきます。まずは人材のニーズに合った福利厚生を整えることです。

ここでは子育てで忙しい人材のための福利厚生を例に挙げて説明していきます。特徴の部分でも挙げたように産休・育休を導入することは子育て人材のいる企業には必須といっても過言はありません。また、産休・育休をしている人の中でも働きたいと考えている人もいますのでそういった人たちのために在宅で働けるリモートワーク制度を導入してみてはいかがでしょうか?

リモートワークを導入することで子育てしている人たち以外にも良い影響を与えることができます。実際にリモートワークを導入した東急リバブルさんは仕事効率があがったと回答した割合が7割を超えました。他にも導入して成功した事例がいくつも存在するため、導入を検討してもいいのではないでしょうか?子育てでも働きやすい環境を創りだすことはただ離職率を下げるだけでなく、子育てしている人たちにとってはより魅力的な企業になるため、企業の応募数が増加します。

一見福利厚生を厚くすることで金銭面が心配されがちですが、結果として離職率を減らすだけでなく、応募者数も増えるため、子育てに関する福利厚生は自社に導入方法をしっかり検討した上で導入すべき項目の一つです。

次にミスマッチを避けるための方法についてです。社内環境を改善するといいのではや、企業の雰囲気を一気に変えることは難しいでしょう。そこで採用方法に注目していきます。求人広告を作る際に魅力的な広告を作ることは十分に必要ですが、華美すぎてはいけません。ここで重要になってくることは求人広告においてある程度企業の本当のことを伝える、つまり企業の悪い部分を求職者側に説明することです。この採用方法はありのまま採用とも呼ばれており、企業の悪い部分を説明することでそれを理解してくれる人材が集まり、あらかじめ悪い部分を知っていることから理想と現実のギャップの差を減らしてくれます。

ありのまま採用は求人広告の場だけでなく、面接の場においても有効です。というのも面接では企業の空気がしっかり求職者側に伝わってくるため、企業の実態をありのままに説明することでさらにミスマッチを減らすことが可能になります。人間関係に関しては企業ごとの規模や仕事内容によりますが、人事部でも人間関係について相談できる人材を採用するのも有効な手段です。人事部の人間が相談しやすい空気や人柄であれば、社員が人間関係に関する相談をしてくれることに加えて、より自社について把握することができます。加えて、社内の雰囲気の改善点をも見出すことができるため、ただ仕事ができる人を採用するのではなく、人柄も見て人事部の採用を見ても良いかもしれません。

離職率を改善する方法のまとめ

・子育て支援

・リモートワーク

・ありのまま採用

・相談できる人事部 

まとめ

いかがでしょうか?一番大切なのは会社内にいる人間が働きやすい環境づくりを進めることです。環境づくりするためにはある程度費用がかかるため、その時は費用がかさむため、導入を避けがちですが、長い目でみると費用節約+企業プロモーションになります。この機会にあなたの企業も離職率を下げるためにぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

Written by 採用GO 編集部 佐々木

 

採用トレンドセミナー

HR Forceでは採用トレンドセミナーを実施しております。詳細は上記画像をクリック。 

 

サムネ1-61

 

 

 

※上の画像をクリックで、 本サイト「採用GO」を運営するHR Force(HRフォース)の全貌が明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

ポテンシャル採用とは?今人事が注目すべき3つの理由と選考方法

中途採用にどうぞ!人材紹介会社をサービス別に厳選

地方企業必見!大都市圏でなくても人が集まる5つの採用戦略

【初めての採用担当者へ捧ぐ】中小企業の採用担当者の仕事内容とは?<中途採用編>

【21卒インターン】トレンドを抑えて優秀な人材と早期接触

【初めての採用担当者へ捧ぐ】中小企業の採用担当者の仕事内容とは?<新卒採用編>

看護師の採用をもっと簡単に!紹介会社に頼らない2つの方法

【最新版】採用担当者必見!21卒採用におすすめの就活イベント5選

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

【ソーシャルリクルーティングとは】SNS採用のメリットや注意点を総まとめ!