【2019年最新】ハラスメントが大量発生!注意すべき種類を厳選紹介!

最近急激に増加している○○ハラスメント。日常生活に限らず、職場でのハラスメントも大量発生しています。中には、昔はあまり問題視されていなかったハラスメントもあります。「知らなかった」では済まされない数々のハラスメントの中から、社会人として知っておくべきハラスメントを厳選してご紹介します。

目次

 

ハラスメントの定義

そもそもハラスメントとは何でしょうか。ハラスメントとは、嫌がらせを指します。自分がハラスメントをしたつもりがなくとも、相手が不快であると感じた場合にはハラスメントとして成立します

近年は価値観の多様化により、今まで軽視されていたことでも、ハラスメントとして捉えられるようになっています。

ハラスメントに対する会社の義務

労働安全衛生法では、企業側には労働者の快適な就業環境を形成する義務があると定められています。ハラスメントは精神病などの健康障害を引き起こす恐れがあるため、企業側はハラスメントに対処する義務があります

ハラスメントの分類

ハラスメントはパワハラ系、セクハラ系、労働環境系の3つに分類することができます。

パワハラ系ハラスメントは職場での立場を利用し、部下に対して嫌がらせを行うものです。部下の業務内容や人事評価に影響し、就業環境を悪化させます。パワハラ系ハラスメントの場合、労働基準法や労働契約法、育児介護休業法などに違反する恐れがあります。

セクハラ系ハラスメント性別や人種で差別をし、嫌がらせを行うものであり、男女雇用機会均等法に違反する恐れがあります。ダイバーシティ化が進行している昨今、最も変化してきているハラスメントとも言えます。

労働環境系ハラスメントは、周囲の人間の健康状態を損なわせ、快適に就業できない状態にするハラスメントです。労働環境系ハラスメントの場合、主に労働安全衛生法に違反する恐れがあります。

それでは、各ハラスメントについて解説していきます。

パワハラ系ハラスメント

 

 

今回は知っておくべきパワハラ系ハラスメントを、以下に10個挙げてみました。

 

  • エイジハラスメント(エイハラ)
  • アルコールハラスメント(アルハラ)
  • グルメハラスメント(グルハラ)
  • カラオケハラスメント(カラハラ)
  • ソーシャルハラスメント(ソーハラ)
  • セカンドハラスメント(セカハラ)
  • 時短ハラスメント(ジタハラ)
  • マタニティハラスメント(マタハラ)
  • パタニティハラスメント(パタハラ)
  • ケアハラスメント(ケアハラ)

それでは順に解説していきます。

 

・エイジハラスメント(エイハラ)

エイジハラスメントとは、年齢を理由にした嫌がらせを指します。年功序列制から成果主義へ移行する企業も多くある中で、上司が部下より年下であるケースも珍しくはありません。そのようなケースで、年下の上司が年上の部下に対して、「(自分より年上なのに)出世しないんですね」といった旨の発言をすると、エイジハラスメントになります。また、逆に年齢が若いために無能と決めつける場合もエイジハラスメントになります。

 

・アルコールハラスメント(アルハラ)

アルコールハラスメントとは、上司が部下に対し、飲酒を強要することを指します。罰ゲームなどと称して一気飲みをさせたり、ソフトドリンクを禁止することもアルコールハラスメントになります。

 

・グルメハラスメント(グルハラ)

グルメハラスメントとは、上司が部下に対して、食事に関係する嫌がらせを行うことを指します。部下のお弁当に難癖をつけたり、飲み会などの席で自分の食事のこだわりを部下にも強要する場合、グルメハラスメントになります。

 

・カラオケハラスメント(カラハラ)

カラオケハラスメントとは、カラオケがあまり得意でない人に対して、歌を強要することを指します。また、歌を強要するだけでなく、歌声を嘲笑したりすることもカラオケハラスメントに該当します。

 

・ソーシャルハラスメント(ソーハラ)

ソーシャルハラスメントとは、SNSなどに関係して、上司が部下に対して行う嫌がらせを指します。部下のSNSアカウントをこっそりとフォローしたり、執拗にいいねをしたり、友達申請の許可を強要することなどがよくある例です。

 

・時短ハラスメント(ジタハラ)

時短ハラスメントとは、残業をさせないように、時短=時間短縮を強要することを指します。ただ労働時間が減らされるだけで仕事量は変わらない場合には、時短ハラスメントが起きやすくなります。

 

・マタニティハラスメント(マタハラ)

マタニティハラスメントとは、妊娠・出産・育児などで仕事を優先できなくなった人に対して行われる嫌がらせを指します。育児休暇の取得をさせないようにしたり、産休・育休から復職後に不当な人事異動を行うこともマタニティハラスメントに該当します。

 

・パタニティハラスメント(パタハラ)

パタニティとは父性という意味があり、パタニティハラスメントとは、育児のために休暇や時短勤務を希望する父親に対して嫌がらせを行うことを指します。イクメンという言葉が話題になる一方で、パタニティハラスメントが起きているのも現実です。

 

・ケアハラスメント(ケアハラ)

ケアハラスメントとは、働きながら家族の介護を行いたい人に対して、嫌がらせを行うことを指します。今後高齢者の割合が増加し、介護の必要に迫られる人が増加する中でどうケアハラスメントを防止していくかが重要になります。

 

セクハラ系ハラスメント

 

 

今回は知っておくべきセクハラ系ハラスメントとして、以下に8つ挙げてみました。

 

  • セカンドハラスメント(セカハラ)
  • ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)
  • ソジハラスメント(ソジハラ)
  • マリッジハラスメント(マリハラ)
  • ラブハラスメント(ラブハラ)
  • レイシャルハラスメント(レイハラ)
  • レリジャスハラスメント(レリハラ)
  • パーソナルハラスメント(パーハラ) 

 

それでは順に解説していきます。

 

・セカンドハラスメント(セカハラ)

セカンドハラスメントとは、セクシャルハラスメントの被害者が事実を訴えることで、会社から二次的被害を受けることを指します。被害者が匿名で相談できる窓口がない場合、セカンドハラスメントが起きやすくなります。

 

・ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)

ジェンダーハラスメントとは、男らしさや女らしさを過度に強要することを指します。「男なのに弱々しい」「女なのにガサツ」などと発言すると、ジェンダーハラスメントに該当する恐れがあります。

 

・ソジハラスメント(ソジハラ)

ソジ(SOGI)とはSexual Orientation(性的志向)とGender Identity(性自認)の頭文字であり、ソジハラスメントとは、性的マイノリティに対する差別や差別的言動のことを指します。

 

・マリッジハラスメント(マリハラ)

マリッジハラスメントとは、独身者に対して「まだ結婚しないの?」などと発言することを指します。結婚するかしないかは個人の自由であり、個人の結婚への意思を聞かずに結婚を強要するような発言は、マリッジハラスメントに該当します。

 

・ラブハラスメント(ラブハラ)

ラブハラスメントとは、恋愛に関する話などを職場で過剰に話すことを指します。あまりにも生々しい内容など、聞こえてくるだけで不快に感じる人もいます。

 

・レイシャルハラスメント(レイハラ)

レイシャルハラスメントとは、人種・民族・国籍などに関係する嫌がらせを指します。多国籍企業の場合には特に起こりやすいハラスメントです。

 

・レリジャスハラスメント(レリハラ)

レリジャスハラスメントとは、宗教に関係する嫌がらせを指します。宗教を信仰していることに対してだけではなく、宗教上の決まりや行いなどに対して否定的な発言をすることも含まれます。

 

・パーソナルハラスメント(パーハラ)

パーソナルハラスメントとは、個人の特性に対して過度に言及することを指します。個人の趣向や容姿などについて「変だね」と発言したりすることが該当します。

 

労働環境系ハラスメント

 

 

今回は知っておくべき労働環境系ハラスメントとして、以下に6つ挙げました。

 

  • スモークハラスメント(スモハラ)
  • スメルハラスメント(スメハラ)
  • テクノロジーハラスメント(テクハラ)
  • モラルハラスメント(モラハラ)
  • エレクトロニックハラスメント(エレハラ)
  • エアーハラスメント(エアハラ)

それでは順に解説していきます。

 

・スモークハラスメント(スモハラ)

スモークハラスメントとは、喫煙に関係するハラスメントを指します。タバコの煙や臭いが苦手な人のいる空間で喫煙することなどが該当します。煙や臭い以外にも、受動喫煙による健康被害が起こる点においてもスモークハラスメントになります。また、喫煙者が一服する時間が非喫煙者の休憩時間より長い場合などもスモークハラスメントになる恐れがあります。

 

・スメルハラスメント(スメハラ)

スメルハラスメントとは、臭いに関係するハラスメントを指します。夏場の汗の臭いや、個人の体臭の他にも、香水の匂いなども該当します。

 

・テクノロジーハラスメント(テクハラ)

テクノロジーハラスメントとは、コンピュータやスマートフォン等に明るい人が、あまり理解が足りていない人に対して行う嫌がらせを指します。テクノロジー世代である若手社員が、高齢社員に対して「こんなことも分からないんですか?」などと発言することが該当します。

 

・モラルハラスメント(モラハラ)

モラルハラスメントとは、態度や発言などによって、肉体的でなく精神的に苦痛を与えることを指します。直接的な厳しい言動だけでなく、無視する、陰で悪口を言うなどもモラルハラスメントに該当します。

 

・エレクトロニックハラスメント(エレハラ)

エレクトロニックハラスメントとは、PCなど職場の機械から発する電磁波に過敏体質である社員に対して、対策を取らないことを指します。

 

・エアーハラスメント(エアハラ)

エアーハラスメントとは、空調に関係するハラスメントを指します。職場のエアコンの設定温度を過度に上下させたりすることなどが該当します。

まとめ

 

いかがでしょうか。今回御紹介したハラスメントを、以下にまとめてみました。

 

パワハラ系ハラスメント10つ

  • エイジハラスメント(エイハラ)
  • アルコールハラスメント(アルハラ)
  • グルメハラスメント(グルハラ)
  • カラオケハラスメント(カラハラ)
  • ソーシャルハラスメント(ソーハラ)
  • セカンドハラスメント(セカハラ)
  • 時短ハラスメント(ジタハラ)
  • マタニティハラスメント(マタハラ)
  • パタニティハラスメント(パタハラ)
  • ケアハラスメント(ケアハラ)

 

セクハラ系ハラスメント8つ

  • セカンドハラスメント(セカハラ)
  • ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)
  • ソジハラスメント(ソジハラ)
  • マリッジハラスメント(マリハラ)
  • ラブハラスメント(ラブハラ)
  • レイシャルハラスメント(レイハラ)
  • レリジャスハラスメント(レリハラ)
  • パーソナルハラスメント(パーハラ) 

 

労働環境系ハラスメント6つ

  • スモークハラスメント(スモハラ)
  • スメルハラスメント(スメハラ)
  • テクノロジーハラスメント(テクハラ)
  • モラルハラスメント(モラハラ)
  • エレクトロニックハラスメント(エレハラ)
  • エアーハラスメント(エアハラ)

 

ハラスメントは、その存在を知っていることで防ぐこともできます。自分の発言や行動が相手にとって不快ではないか、一度考える癖をつけましょう。また、日々変化し発生するハラスメントの実態を把握しておくことも重要です。

ハラスメントが大量発生している背景とは?

大量発生しているハラスメントの背景には、HR界の大変革にあります。
近年では、働き方改革、就活ルール撤廃、新しい採用手法の導入など新しいトレンドが生まれています。
人事担当者にとって刻一刻と変わるトレンドを抑えることは急務と言えるでしょう。

しかし、一口に「トレンド」といっても本質的なトレンドを見極め、網羅するのは至難の技ではないでしょうか。

HR Forceでは採用トレンドセミナーを無料で実施しております。「年収や時給は1円も上げなくていい」「令和=マーケティング採用元年」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを大公開!詳細は上記画像をクリック。 

採用トレンドセミナー

Written by 採用GO 編集部 藤原
採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

【人事必見】退職代行サービスとは?正しい対応策を解説!

人事なら知っておくべき!人材育成に役立つ「ピグマリオン効果」とは

ついに解禁!労働条件通知書の電子化で起きる変化とは

【目的別】中小企業向けの雇用関係助成金まとめ

あなたの企業、定年制廃止して大丈夫?定年制廃止の3つのメリット・デメリット

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

ヤフー、ソニー、リクルート……「サバティカル休暇」導入のポイントと導入例7社

経済産業省も推奨するサバティカル休暇とは?メリット・デメリットも解説

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避