リファラル採用の成功事例とは?サイバー・メルカリ・Freeeから学べること

最近採用市場で話題となっているリファラル採用。しかしリファラル採用はまだまだ成功例が少なく、導入に一歩踏み出しにくいのが現状です。今回はそんなリファラル採用について、成功ポイントや、実際の企業での成功例と共に解説していきます。

目次

 

リファラル採用のメリット

実際の導入例を見る前に、まずはリファラル採用のメリットについて解説していきます。リファラル採用によって、企業は以下の4つのメリットを享受できます。

 

1. 転職潜在層にアプローチ可能
2. 良いマッチングが可能
3. 定着率の向上
4. 採用コストダウン

それでは、各メリットについて解説します。

 

1. 転職潜在層にアプローチ可能

リファラル採用によって、転職を検討していない層にもアプローチが可能になります。現在国内には転職サイトへの登録をしているものの、とりあえず登録しているだけという人や、そもそも登録していない人もいます(転職潜在層)。転職に積極的な人材(転職顕在層)は他社と採用上の競合になりますが、転職潜在層であれば競合がいないため、スムーズに自社で採用できる可能性が高まります。

2. 良いマッチングが可能

リファラル採用では、入社後のミスマッチが起こりにくくなります。リファラル採用で入社する人材は、選考を受けるか検討する前に、既存社員からリアルな話を聞くことができます。通常の採用であれば入手しにくい情報も、既存社員から入手できることで、ミスマッチが最小限に抑えられます。

また、既存社員は自社に合う人材や求められる人材を把握しているため、それらに見合う人材に自社を薦めます。既存社員は、採用担当者から「全然合わない人を紹介しないでよ」と言われるのは気まずいため、自社に合う人材かどうかを慎重に判断して紹介するのです。その結果、採用担当者が選考を行う人材は比較的スクリーニングされた状態になっており、良いマッチングが可能になります。

3. 定着率の向上

良いマッチングが可能になることで、入社後の定着率向上に繋がります。リファラル採用では入社前から繋がりのある知人が社内にいるため、コミュニケーション不足によるモチベーション低下を防止できます。また、入社以前から社風や就業イメージを把握しており、且つそれらに納得して入社しているため、ミスマッチが起きにくく、定着率が向上します。

4. 採用コストダウン

リファラル採用では、質の高い母集団形成ができるため、採用コストを削減することができます。エージェントを介して募集した場合、自社の求めていない人材に対しても採用費用を割くことになります。しかしリファラル採用の場合には質の高い母集団が形成され、求める人材のみに採用コストを割くことができるため、コストを削減できるのです。

リファラル採用のデメリットや注意点について詳しく知りたい方は知らないとまずい?リファラル採用を実施する前に必ず知っておきたい注意点!も併せてどうぞ。

リファラル採用成功の3ポイント

リファラル採用には成功するための3つのポイントがあります。

1. 社員紹介制度の認知
2. 社員が知人に声を掛ける動機付け
3. 手軽に紹介できる制度設計

詳しく順に見ていきましょう。

 

・社員紹介制度の認知

まずは社員紹介制度があるということを、既存社員に認知させることが重要です。制度を設けていても、社員に認知されていなければ機能しません。人事担当者以外は採用業務に関わる機会が少ないため、制度の存在や空席のポジションなどを把握しておらず、一緒に働きたいと思える知人がいても紹介にまで結びつきません。まずは既存社員に制度を認知させることが必要です。

・社員が知人に声を掛ける動機付け

制度が社員に認知され、実際に利用してもらうには、既存社員が知人に声を掛ける動機づけを行うことが必要です。紹介料という形でのインセンティブも一つの手であり、インセンティブ以外にも会社に対するロイヤルティなども動機付けとして有効です。

・手軽に紹介できる制度設計

最後に、既存社員が制度を利用しやすくするために、社員が手軽に紹介できる制度設計を行うことが重要です。折角知人を紹介しても面倒な手続きなどを行わなければならない場合、社員は面倒に感じてしまい、社員は行動しません。できるだけ紹介社員の負担を減らす制度設計を行いましょう。

社員が知人に紹介するきっかけ

では実際にはどのようなきっかけで、社員が知人に紹介するのでしょうか。

 

・学生時代の知人

同窓会や帰省の時期などで、久しぶりに再会した学生時代の知人と仕事の話になり、話の流れで自社を紹介する例は少なくありません。

・配偶者の友人

既婚者の場合には配偶者の友人と家族ぐるみで付き合う中で、自社を紹介するも例あります。

・以前の職場の同僚

以前の職場の同僚と飲みの席で自社を紹介する場合もあります。特にこの場合は一緒に働いていた経験から、上記の二例とは異なり実際の働きぶりまで分かった上での紹介となるため、最も効果的なリファラル採用と言えます。

実際の企業での成功例

ではいよいよ、リファラル採用の成功例を見ていきましょう。

 

・株式会社メルカリ

 

pasted image 0
メルカリでは入社する社員の約6割がリファラル採用で採用されています。

メルカリにはGo Bold, All for One, Be Professionalという3つのバリューがあり、これらを社内の共通言語として、リファラル採用を支える柱としています。また会食報告は3行のみ、且つ全額会社負担とし、採用に繋がるような会食のハードルを低くしています。さらにDrinkMeetupという社内外交流イベントを実施し、メルカリや社員を知ってもらうきっかけの場としています。

・freee株式会社

 

pasted image 0 (1)
 
freeeでは2015年に入社する社員の約5割がリファラル採用で採用されています。

freeeでは、入社時のオンボーディングの場で社員紹介制度を設けていることを伝えています。また、夕食の弁当を無料支給するシステムを利用して、freeeを紹介したい友人分も支給されるようにすることで、自社を紹介してもらうきっかけの場を創出しています。外食ではなく、あえてオフィスに呼び込むことがポイントです。

さらに、求める人材については漠然とした職種ではなく、求める具体的なスキルや経歴を社内メディアで掲示しています。スキルや経歴まで掲示することで、より社員が紹介する人材を探しやすくしているのです。加えて、リファラル採用の決定時には紹介者に限定のTシャツを配布し、感謝の気持ちを伝えています。

・株式会社サイバーエージェント

pasted image 0 (2)

 

サイバーエージェントではリファラル採用によって、半年で400名の採用候補を集めています。

サイバーエージェントのリファラル採用の特徴として、まずメルマガ施策が挙げられます。サイバーエージェントでは35歳以下の社員にリファラル採用に関するメルマガを配信しており、メルマガでは応募し易い文面にするなどの工夫を行っています。

また社内でリファラル採用制度を浸透させるために、ポスターやデジタルサイネージで情報掲載しています。ポスターは漫画のようなイラストにすることで、社員が思わず見てしまうように図っています。またポスター掲示場所にもこだわり、カフェテリアなどの社員がリラックスする場所に掲示するという工夫を施しています。

さらに、入社初日のオリエンテーションにて、リファラル採用制度を告知する取り組みも行っています。

まとめ

いかがでしょうか。リファラル採用の成功のポイントは、制度の認知を高める、紹介する動機づけ、手軽に紹介できる制度設計であると解説しましたが、メルカリ・freee・サイバーエージェントの3社では、各社がポイントを抑えてリファラル採用で成功しています。3社の成功例を踏まえ、自社ではどのように制度設計すれば成功するか、是非検討してみてください。

おわりに

リファラル採用は近年急激に注目度が高まった新しい採用手法です。
その背景には就活ルール廃止・働き方改革法施行など、近年の採用界の変革があります。
リファラル採用を検討する前に、まずは、刻一刻と変化する採用トレンドを抑えることが急務となるでしょう。

しかし、一口に「採用トレンド」といっても、新しい採用が蔓延る中、本質的な採用トレンドを見極めるのは至難の技ではないでしょうか。

HR Forceでは、採用トレンドセミナーを無料で実施しております。「年収や時給は1円も上げなくていい」「令和=マーケティング採用元年」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを顧問以来数No.1のトップ採用コンサルタントが大公開!是非この機会に他社と「採用力」で差をつけませんか?
詳細は下記画像をクリック。
採用トレンド大公開セミナー

Written by 採用GO 編集部 藤原

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避