同一労働同一賃金で正規・非正規の壁がなくなる?

 働き方改革の一環として導入される同一労働同一賃金。そのガイドラインはどういった内容なのでしょうか。今回は、同一労働同一賃金とはどういった決まりなのか、また正規雇用者と、非正規雇用者との違いについても解説していきます。

1.同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金とは、「同じ仕事をしている人は同じだけの賃金を貰うべき」という考え方です。例えば、同じ仕事をしているにもかかわらず性別や正規雇用・非正規雇用で払われる賃金が違った場合、納得できるだけの理由がなければそれは差別となってしまうのではないでしょうか。

ILOも賃金差別を終わらせることはディーセント・ワークを達成するために不可欠であるとしており、同一労働同一賃金は基本的人権の1つとして位置づけられています。

では、今回の働き方改革によって取り上げられた同一労働同一賃金はどのようなものを目指しているのでしょうか。

2.働き方改革における同一労働同一賃金

(1)日本における同一労働同一賃金が目指すもの

政府が今回目指していることは、同じ企業で働く正規雇用者と非正規雇用者との間の不合理と認められる待遇格差や差別的な取扱いの解消、そして派遣先に雇用される正規雇用者と派遣労働者との間の不合理な待遇の格差や差別的取扱いの解消です。

では、同一労働同一賃金はどの様に適用されるのでしょうか。

 

(2)同一労働同一賃金の適用のされ方

同一労働同一賃金のガイドラインでは、同一の業務内容でも賃金が異なることを許容している場合があります。また、これは基本給だけでなく手当や賞与に関しても同様です。本項目では、基本給において同一の業務で異なる賃金を適用した場合に認められる時と認められないときの差異を見てゆきたいと思います。

 

①労働者の能力や経験によって支給される基本給

同一の仕事を行っている正規雇用者と非正規雇用者がおり、双方の経験や能力が一致している場合は同一の賃金が支払われなければなりません。逆に経験や能力に差がある場合、その差に応じた賃金が支払わなければなりません。

 

具体的な例を見ると、

A社:基本給を労働者の能力や経験に基づいて支給している

Xさん:キャリアコースで業務に関連する能力を習得した(正規雇用者)

Yさん:Xさんが持っている能力を習得していない(非正規雇用者)

この条件では賃金に差を設けることに問題はありません。

 

しかし、

A社:基本給を労働者の能力や経験に基づいて支給している

Xさん:業務には関係のない経験を積んでいる(正規雇用者)

Yさん:Xさんが積んだ経験を積んでいない(非正規雇用者)

この条件では賃金に差を設けることは問題になります。

 

②労働者の業績や成果によって支給される基本給

基本給が②のような形で基本給が決まり、労働者の業績や成果が同一で且つ業務内容も同じ場合があるとします。この時、正規雇用者と非正規雇用者で同一の場合は同一の賃金が、差がある場合はその差に応じた賃金が支払わなければなりません。

またこれにおいては基本給のみならず、賞与に関しても同じです。

 

具体的な例を見ると、XさんとYさんの業務内容は同じでも 

Xさん:目標を達成できなかった場合に待遇の不利益がある(正規雇用者)

Yさん:目標を達成できなかった場合でも待遇の不利益はない(非正規雇用者)

の条件であれば賃金の差があることの問題はありません。

 

③勤続年数に応じて支給される基本給

基本給が勤続年数に応じて支給される場合、勤続年数が同じで同一の業務をしている労働者には、正規雇用者と非正規雇用者とに関わらず同一の賃金を支払わなければなりません。また、勤続年数に差がある場合はこの差に応じた賃金の支給をしなければなりません。

具体的な例を見ると、

Xさんが期間の定めのある契約を更新している非正規雇用者だった場合、Xさんの勤続年 数を当初の労働契約から通算して評価することは問題ありませんが、契約の更新ごとに勤 続年数をゼロに戻すことは問題があります。

 

以上が基本給に関する同一労働同一賃金の適用方法になります。この具体例を見てみると、原則として評価の条件に対する労働者の状況が同一であれば同一の賃金を支払わなければならないことがわかります。ですが例外として、配転や目標を達成できなかった際の待遇上の不利益など何らかの負担を負っている場合は賃金にその分の差を設けることは問題ないようです。

3.まとめ

今回の同一労働同一賃金によって正規雇用者・非正規雇用者という区別は少なくとも給与の面で見ればなくなっていくようにも思えます。また、男女の待遇格差も今後はなくなっていくことになるでしょう。長らく男女間の格差が問題視されており、近年では非正規雇用者が増加している中で、労働者から見ればかなり嬉しい制度なのではないでしょうか。

4.働き方改革の影響は同一労働同一賃金だけじゃない

ここまで同一労働同一賃金について解説していきましたが、働き方改革の影響はそれだけではありません。
また近年、就活ルールの撤廃や、新採用手法の導入など、HR全体で変革が起きています。
人事担当者にとって、HRの変化・トレンドを抑えることは急務といえるでしょう。

しかし一口に「トレンド」といっても、様々な情報が飛び交う中、本質的なトレンドを見極め、自力で網羅するのは至難の技ではないでしょうか。
HR Forceでは、採用トレンドセミナーを無料で実施しております。「年収や時給は1円も上げなくていい」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを顧問以来数No.1のトップ採用コンサルタントが大公開!是非この機会に他社と「採用力」で差をつけませんか?
詳細は下記画像をクリック。

採用トレンドセミナー
HR Forceでは採用トレンドセミナーを実施しております。細は上記画像をクリック。 

Written by 採用GO 編集部 山影

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

【人事必見】退職代行サービスとは?正しい対応策を解説!

人事なら知っておくべき!人材育成に役立つ「ピグマリオン効果」とは

ついに解禁!労働条件通知書の電子化で起きる変化とは

【目的別】中小企業向けの雇用関係助成金まとめ

あなたの企業、定年制廃止して大丈夫?定年制廃止の3つのメリット・デメリット

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

リモートワークのメリット・デメリットは?導入企業がホンネを語る!

人材獲得競争を勝ち抜くための「採用マーケティング」とは

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避