世界No.1のサービス『採用GO』を運営するHR Force(HRフォース)とは?

最近HR領域で急成長を遂げているHR Forceという企業をご存知でしょうか。設立から1年で企業の採用シーンを大きく変化させているHR Forceですが、

「HR Forceって、どんな会社なの?」

「採用セミナーをやってるって聞いたことあるけど……」

「HR Forceで働く人は、どんな働き方をしているの?」

今回はこのような声に応えるべく、HR Forceを徹底解説していきます!

HR Forceって、どんな企業? 

HRFoce_ロゴHR Forceは東京・丸の内に本社を置く(2019年3月時点)企業です。株式会社船井総研ホールディングス(東証一部上場)の子会社として2018年2月に設立されました。まだ設立から1年程しか経過していない、できたてほやほやの企業なんです!

前身はHRコンサルティングフォームとして活動しており、前身期間も含めると27年以上にわたりHR領域での研究やサービス開発を行ってきました。あらゆる業界でHRコンサルティングを行ってきたメンバーと、多様な領域で最先端のプロダクト開発を経験したテクノロジストが融合している会社です。幅広い業界に対応可能なHRコンサルティングを強みとしています!

 

HR Force代表取締役社長・高山とは

 

HR Force代表取締役社長 高山
 

 HR Forceの代表取締役社長を務める高山は、船井総研ホールディングスで歴代最年少社長(35歳)となった人物です。船井総研時代は6,000社超えのクライアントのうち、2,500社のクライアントに対し、新手法であるダイレクトリクルーティングによる採用サポートを提供し、様々な社内賞を受賞した人物でもあります。

 

2018年1月には、自身のコンサルティング業務を通したノウハウを著書『ダイレクト・リクルーティング-新しい採用の常識-』に執筆し、amazon人事・労務ランキングで1位を記録しました!

 

『ダイレクト・リクルーティング-新しい採用の常識-』に興味を抱いた方はこちら

 

HR Forceの事業内容

 

HR Forceはダイレクトリクルーティング事業を中心に展開している企業です。

 

中でも、HR Forceが運用するリクルーティングクラウドは、国内初のAI採用クラウドであり、3,700社、4,300万人、2億4,000万エントリーのビッグデータから生まれた、国内初のAIリクルーティングプラットフォームです。このリクルーティングクラウドによって、あらゆる規模の人材採用を「強く」「速く」「賢く」変えていくことができるのです。

 

また、世界No.1のFast Recruitingサービス「採用GO」を提供しています。採用GOとは、欲しいときに、欲しい人材を、必要最低限の予算で採用できるサービスであり、全世界で4,000もの企業が導入しています

 

採用GOなら求人コストは1/3!採用数は3倍!

 

採用GOは「脱・求人媒体」をキーワードに掲げるサービスです。従来の求人手法では多額の採用コストを費やしても、満足な採用結果が出ない事例が多発していました。これを採用GOを活用することで、indeedと採用強化型webサイトを中心とした自社のweb活用により、採用数を大きく増やすことが可能になります。

 

また採用GOでは、サイト制作~indeed運用まで制作専門チームが全て代行します。したがって、面接担当者の方は面接から内定に集中することができます。採用担当者の負担が減るのは嬉しいですよね!

 

さらに採用GOなら、採用サイト制作費は無料です。タグや文章に制限がないため、求職者に対してより具体的に自社の魅力的なページを作成することができます。また、求人数は無限に作成することが可能なので、1勤務地×1職種のページを作成することができます。

 

 

採用GOには3つの特徴があります。

 

  1. 導入実績世界No.1!
  2. 東証一部上場コンサルティング会社が運用
  3. 抜群の成果! 

それでは、各特徴を1つずつ解説していきます!

 

1.導入実績世界No.1

先述の通り、採用GOは全世界4,000社で導入され、圧倒的な運用実績を誇る求人専門の検索サイトです。企業数だけでなく、導入された職種も幅広く、120職種で導入された実績があります。

「採用サービスを導入したことがなく、不安……」という場合でも、これほどの実績があれば安心ではないでしょうか。

 

2.東証一部上場コンサルティング会社が運用

採用GOの運用は東証一部上場企業である船井総研が行っています。50名を超える採用に特化したコンサルタントが運用をサポートします。

 

3.抜群の成果!

採用GO導入企業の成果平均は「採用コスト1/3、応募者3倍」となっています。採用媒体への多額のコスト投入をやめることで採用コストの削減ができ、一方で応募者は増加させることができます。

これほどの成果を出す採用GOを導入しない理由がありませんよね。

 

採用力を格段に向上できる!採用GOに興味を抱いた方はこちら

 

他にも、人材採用セミナーを実施

他にも冒頭にも述べたように、HR Forceでは人材採用セミナーを実施しています。

 

HR Force CMO 新倉 

 

セミナーに登壇するのはHR Force CMO/船井総合研究所 上席コンサルタント の新倉です。新倉は人材会社や採用に課題を持つ企業のコンサルティングに従事しています。2015、16、17年には3年連続で、700名を超えるコンサルタントの中で、コンサルティング顧問依頼数No.1 のトップコンサルタントとして活躍。同社史上最速・最年少で上席コンサルタントに認定された経歴を持ちます。

 HR Force セミナーの様子

 

そんな新倉が過去に登壇したセミナーでは、人材採用ノウハウの超最先端についてなど、日々変化する採用トレンドについて無料で徹底解説しています。セミナーは毎度満席、キャンセル待ちが相次ぐ盛況ぶりです。
人事担当者、経営者の皆様には是非参加して頂きたい内容となっております。
詳しいセミナー情報は下の画像をクリック。

 採用トレンド大公開セミナー

 

 

HR Forceの働き方改革

 

HR Forceでは「一番いい時間に、一番いい場所で、一番得意な仕事をすることで、一番生産性が上がる」という高山の考えの下に、リモートワークを活用した働き方改革が行われています。

仕事が大好きで毎日働いていたい社員も、プライベートも充実させたい社員も、働くことができる環境作りを推進しています。ワークライフバランスは各人で取るものという高山の考えが活きた職場環境です。

 

また、HR Forceには数多くのインターン生が在籍しており、40名程の学生が勤務しています。社員だけでなくインターン生にもリモートワークが認められています。中には海外の大学に留学しながら、リモートで勤務するインターン生も。インターン生にもリモートワークが認められているとは、先進的ですね!

 

HR Force社長・高山の考える「理想的な働き方」をより詳しく!

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

 

HR Forceとは、

・2018年2月に設立された、HRコンサルティングを強みとした、船井総研の子会社

・代表取締役社長の高山は、船井総研で最年少社長

・世界No.1のFast Recruiting Serviceの採用GOを提供

・採用GO導入で求人コスト1/3、応募数3倍!

・採用トレンドセミナーは毎度大盛況!

そんな企業であると御紹介させていただきました。

創業からまだ1年のHR Forceですが、今後も益々成長すること間違いなしの企業と言えそうですね!

 

 

Written by 採用GO 編集部 藤原

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

【最新版】採用担当者必見!21卒採用におすすめの就活イベント5選

人材獲得競争を勝ち抜くための「採用マーケティング」とは

採用代行(RPO)とは?おすすめサービスを徹底比較!

【決定版】ダイレクトリクルーティング とは?中途採用おすすめサービス5選

他社を出し抜け!留学経験者の採用こそダイレクトリクルーティング

人手不足にもう悩まない!1から始めるダイレクトリクルーティング!

好感度急上昇のIndeed(インディード)CM!斎藤工の横にいるのはあの芸人?

新卒採用はダイレクトリクルーティングで!ナビ頼りはもう古い?!

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避