キャリアアンカーとは?8つの分類や活用方法も解説!

キャリアアンカーという言葉をご存知でしょうか。キャリアアンカーは、キャリアについて考える上で要となるものとして、近年注目されています。さらに、人事が各社員のキャリアアンカーを活用することもできます。
今回の記事は、キャリアアンカーの定義から活用方法まで、抑えるべき基本的な概要を解説していきます。

キャリアアンカーとは

 

 キャリアアンカーとは、エドガー・シャイン(マサチューセッツ工科大学組織心理学者)が提唱した考え方です。アンカーとは船の錨という意味があり、キャリアアンカーとはキャリアにおいて錨となるもの、つまり航海(=長い職業人生)の中で錨(=自分の中で要となり不動なもの)となるものを指します。

 

キャリア形成でキャリアアンカーがもたらす効果

キャリアについて考える場合、「What(何が)」で突き詰める方法と、「How(どのように)」で突き詰める考え方があります。キャリアアンカーは、「How(どのように)」で突き詰める考え方です。

 

What(何が)で突き詰める場合、「何がしたいか」「何がしたくないか」というように考えていきます。しかしWhatで突き詰めた場合、仕事内容のみに関連するキャリアモデルが形成され、その他の要素が考慮されなくなってしまうのです。

人は生きていく中で仕事のみではなく、趣味や家族とのふれあいなど、様々な要素に時間を費やします。適切なキャリアモデルを描くためには、Whatで突き詰める考え方には限界があることが分かります。

 

そこで、キャリアアンカーの考え方ではWhatではなくHow(どのように)でキャリアについて考えていきます。「何の仕事がしたいか」ではなく「どのように仕事がしたいか」、というように考えることで、仕事以外の面にも自然と意識が向くようになり、より多角的な視点でキャリアモデルを考えることができます

 

キャリアアンカーの8分類

How(どのように)で考えられるキャリアアンカーは、シャイン博士によると以下の8つに分類することができます。それでは、具体的にひとつずつ見ていきましょう。

 

 

 

管理能力

管理能力をキャリアアンカーとする人は、集団を統率し、組織における責任ある役割の担当を望む人です。企業経営全般に求められる全般的な能力の習得を目指し、経営者を目指すタイプです。

 

専門能力/職人

専門能力/職人をキャリアアンカーとする人は、特定の分野で秀でた専門性を身に着けたいと考える人です。この分類に当てはまる人は自分の希望に沿わない異動や配属に激しく抵抗し、異動・配属後の満足度が下がる傾向にあります。逆に希望通りの異動・配属の場合には、他者よりも高いパフォーマンスを発揮します。

 

安全/安定

安全/安定をキャリアアンカーとする人は、激しい変化を嫌い、安定した環境の下、穏やかな気持ちで働きたいと考えるタイプです。このタイプの人は終身雇用の企業や公務員として働きたいと考える傾向にあります。

  

企業家的創造性

企業家的創造性をキャリアアンカーとする人は、新規事業の立ち上げや新サービスの開発などクリエイティブに新しいものを創出したいと考えるタイプです。このタイプの人は、最終的に独立・起業する傾向にあります。

 

自律/独立

自律/独立をキャリアアンカーとする人は、組織のやり方に流されず、どんな時も自分のやり方で仕事を進めたいと考えるタイプです。周囲からの指示がなくとも自走できるタイプであり、一方で事細かい指示を嫌う傾向にあります。自由な働き方が容認される環境を好みます。

 

奉仕/社会貢献

奉仕/社会貢献をキャリアアンカーとする人は、いかに人の役に立つかという基準の下に働く人です。社会福祉事業や、HR業界を目指す人に多い傾向にあります。また、内部不正を見逃すことができないタイプとも言えます。

 

純粋なチャレンジ

純粋なチャレンジをキャリアアンカーとする人は、解決困難と思われる障壁を乗り越えたいと考えるタイプです。したがってある程度仕事に慣れ、一通りできるようになってしまうとつまらなく感じてしまい、別の仕事を求める傾向にあります。

 

ワークライフバランス

ワークライフバランスをキャリアアンカーとする人は、仕事とプライベートのどちらの時間も大事にしたいと考えるタイプです。福利厚生やリモートワークなどに魅力を感じる傾向にあります。

 

キャリアアンカーの活用法

人事担当者が従業員のキャリアアンカーを把握しておくことで、異動や配属を検討する際に役立てることができます

 

キャリアアンカーの8分類でも説明したように、キャリアアンカーのタイプによっては異動が裏目に出るケースもあります。

専門能力をキャリアアンカーとする人に、他部署への異動は適切ではありません。一方で奉仕/社会貢献をキャリアアンカーとする人には、本人が希望す異動で合った場合でも、社会的貢献性が高いと説明することで、異動を好意的に受け止めるようになります。

 

キャリアアンカーを活用するための土壌作りとして、まずは各従業員のキャリアアンカーを把握する必要があります。各従業員に対して、自身のキャリアについて話してもらう面談の場を設けることが重要です。 

また従業員に対して、新しい配属先での仕事にはキャリアアンカーと合致する部分がある、という提案をすることで、異動後もモチベーションを上げて働いてもらうことができます

 

まとめ

いかがでしょうか。今回の記事をまとめると、キャリアアンカーとは、

キャリアにおける要

WhatではなくHowで突き詰める

8つの分類ができる

異動や配属検討で役立つ

ものであることが分かります。働き方がこれからますます多様化する昨今だからこそ、各従業員のキャリアアンカーを把握することで、モチベーション高く自社で働いてもらえる環境を整えることが大切です。

キャリアアンカーが注目されている理由

キャリアアンカーが近年トレンドとなっている理由として、キャリアの考え方がより多様化・活発化していることが挙げられます。
キャリアに限らず、近年のHR界では働き方改革や就活ルールの撤廃など、変革が起きているといえます。

HR Forceでは、採用トレンドセミナーを無料で実施しております。「年収や時給は1円も上げなくていい」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを顧問以来数No.1のトップ採用コンサルタントが大公開!
詳細は下記画像をクリック。

採用トレンドセミナー
Written by 採用GO 編集部 藤原
採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

【人事必見】 離職防止のためにするべき内定者フォローとは?【事例つき】

『THE TEAM』著者が船井総研で講演!本では語られなかった実体験をもとに解説!

【厳選】【導入要因別】リモートワーク・テレワークにオススメの管理ツールを比較してみた

キソから分かりやすく解説!戦略人事とは?~「守りの人事」から「攻めの人事」へ~

なぜ辞める?なぜ定着しない?新卒入社3年以内に離職の理由

就活ルール廃止で雇用体系はどうなる?

HR tech:人事もアジャイル化する時代

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避