【2019年最新版】インターンシップ成功事例3つをご紹介

 

採用におけるインターンの重要性は年々高まってきています。今やほとんどの企業でインターンが行われていますが、全ての会社が成功しているとは限りません。会社として意味のあるインターンとはどのようなものなのでしょうか?今回は最新のインターンシップ事例を3点ご紹介します。

 

何をもってインターンシップは成功したといえるのか

インターンを実施するからには成功させたいですよね。ではそもそも、何をもってインターンは成功したといえるのでしょうか?

以下の3点がその基準になると考えられています。

 

1. インターン実施後、参加者の入社志望度が上がる

インターン実施を通してそもそも自社を知らなかった人に知ってもらうことと、実際に参加した人材にここで働きたい、と志望度をあげてもらうことで、全体として自社の入社志望数を増やすことができる。

 

 

2.入社後、インターン参加者の離職率が下がる

自社が何を行っていて、どんな社風なのかということを実際に体感してもらうことで、入社後のミスマッチによる離職を未然に防ぐことを可能にする。

 

3.早い段階で優秀な人材と接触する

本選考が始まる前に、優秀な人材を確保するひとつの方法である

 

この点を踏まえて、実際に成功したインターンシップの事例を紹介していきます。

1.野村総合研究所 5days  経営コンサルティングコース

野村総合研究所の経営コンサルティングコースで行われる5日間のインターンは、株式会社ビズリーチの調査による、「19卒の学生にとって最も満足度が高かったインターンランキング」で2位にランクインしたインターンです。

 

<インターン内容>

社員を含むチームで実際にテーマに対する事業戦略を考えて発表するという一連のコンサル業務を体験するインターン

参加者の感想には、

・実際に働いているコンサルタントの方とディスカッションできて視野が広がり、業務の想像がついた

・社員の人柄に惹かれ、一緒に働きたいと思った

というものが見受けられました。

 

このことから、

・リアルな業務の流れを知り、体験できること

・実際に社員と深く関わる機会があること

がポイントであり、入社志望度の上昇や入社後のミスマッチを防ぐことに繋がっているといえます。

 

野村総合研究所 インターン詳細ページ

2. Fringe81 3days リサーチサマージョブ

株式会社リブセンスが運営するサイトである就活会議によって行われた、学生が本当に行ってよかったインターンシップランキングにて複数の賞を受賞したインターンです。

 

<インターン内容>

海外のVCが出資しているスタートアップを一つ選んでリサーチし、その未来予測を行うというグループワーク

 

このインターンのポイントは、

・実務に即したグループワークである

・参加者は選考に有利になるようにしている

という点にあります。

インターンの参加者は、ただ調査するだけでなく、その後自分の頭で将来事業がどうなっていくかを予測してプレゼンしなければなりません。また、それは Fringe81 の本来の業務とも繋がっています。実務に即したインターンを行うことで、学生は実際にどのようなスキルが求められるのか知ることができます。

また、Fringe81の内定者の95%がインターン参加者だそうです。早期に優秀な人材と接点をもち、自社の事業に興味を持ってもらう、という点で囲い込みをすることが可能であるということがいえるでしょう。

 

 Fringe81 リサーチサマージョブ詳細ページ

3.シンプレクス株式会社 1day インターンシップ

シンプレクス株式会社はコンサルからシステム設計など、一貫した金融ソリューションを提供している企業です。

 

<インターン内容>

午前はコンサル業務のグループワーク、午後はプログラミング体験という、ワークショップと実務体験を融合させた内容のインターンシップ

 

このインターンのポイントは

・1dayでありながらも実務体験を重視した構成である

という点にあります。

 

シンプレクスは実務を体験する機会を作るだけでなく、コンサルとITの2つのプログラムを用意することによって、企業理解をより深めてもらうと同時に参加者の適性を判断することを可能としています。また、それは結果として入社後のミスマッチを減らすことにも繋がっているといえます。

1dayインターンとなるとどうしても単なる企業説明になりがちですが、それでは会社説明会と変わりありません。ただ企業や業界の説明をするだけでなく、その企業の理解を深めたり実際の業務に近い体験のできるワークを積極的に取り入れると良いのではないでしょうか。

 

Simplex インターン詳細ページ

まとめ

今回はインターンシップの成功事例を独自に選んでご紹介しました。事例から、自社の目的に合わせてインターンシップを構成することが大切であると言えます。数多くのインターンシップが開催されている今だからこそ、改めて自社にとってのインターンシップの位置づけや内容を考えてみてはいかがでしょうか?この記事がそのきっかけになれば嬉しいです。

インターンシップを成功させるために

インターンシップを導入する企業は近年急激にトレンド化しています。
その背景にあるのは、働き方改革による法改正や、就活ルール撤廃等で引き起こされているHR界の変革です。
インターンシップを成功させるためにも、刻一刻と変化する採用トレンドを抑えることが急務といえるでしょう。

しかし、数多ある情報の中から本質的な採用トレンドを見極め、自力で網羅するのは至難の技ではないでしょうか。

HR Forceでは採用トレンドについてのセミナーを無料で実施しております。「年収や時給は1円も上げなくていい」「令和=マーケティング採用元年」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを大公開!詳しくは下記のバナーをクリック!

採用トレンド大公開セミナー
Written by  採用GO編集部 藤澤

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避