【21卒採用】通年採用の事例に学ぶ!就活ルール廃止後の採用戦略

いよいよ本格化する21卒の新卒採用は、経団連の就活ルールが廃止されてから最初の年です。政府は現行スケジュールを踏襲することが望ましいとしていますが、いち早く通年採用の導入を進めている企業もあります。本記事では経団連ルール廃止の余波と、通年採用を導入した企業の事例紹介、今後とるべき採用戦略について紹介していきます。

 

目次

 

  • 経団連ルール廃止とは?
  • 企業・学生の本音
  • 通年採用の広がり
  • 今後の人事戦略

 

経団連ルール廃止とは?

経団連は新卒採用のルールとして3年の3月に説明会を、4年の6月に選考を解禁することを定めていました。しかし、外資系企業やベンチャー企業は就活ルールに関係なく早期から採用活動を開始していること・売り手市場の今早期から優秀な学生を取り込みたい企業が多いことなどから、2018年9月に経団連は就活ルールを廃止し、政府に任せることになりました。

詳しくはこちらから

 

企業・学生の本音

就活ルールが廃止されたことで、企業側は21卒の採用にいち早く取り組まなければ行けないと危機感を感じています。採用にかかる時間や人員のコストが懸念されています。

採用する企業側だけでなく就活をする学生側にも懸念の声が広がっています。学生の中では3年の夏インターンの準備から就職活動を始めて1年かけて就職活動をしている学生もいます。また、企業が足並みをそろえなくなったことで、いつどれくらい就職活動に時間をかければよいのかわからず、内定が出ないまま長期化してしまうケースもあります。

 

通年採用の広まり

では、他の企業はどのように対応しているのでしょうか。一例として「通年採用の導入」が挙げられます。年に複数回選考会を行ったり、人材の必要に応じて随時採用を行っている事例です。

 

  • 損害保険ジャパン日本興亜

損保ジャパン

大手の内定式が終わる10月以降に選考を行い、様々な個性を持った人材を獲得することを目指しています。また、2020年度新卒採用も入社段階に大学卒・大学院卒であることだけが条件となっています。

損保ジャパン日本興亜 募集要項

 

  • PwC Japan

Logo-pwc

PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同株式会社は、ビジネスコンサルタント職の通年採用を開始しました。1年間で2回までチャレンジが出来ること・選考中に企業理解や就活のスキルアップの機会を設ける場を用いることで、企業に興味を持った学生との接触機会を増やし、採用に繋げています。

PwC Business Consultant 通年採用始めました!

 

  • FUJITSU

fujjitsu

2019年8月、富士通が通年採用を開始することを発表しました。国内外の多様な人材の獲得機会をさらに拡大させることを目的に、個々の応募者の価値観に合った自由度の高い就職活動を展開していくようです。

新卒や既卒を問わず、いつでも応募可能な通年採用を開始

 


今後の人事戦略


通年採用は、企業にとっても就活生にとっても時代に合った選択といえるでしょう。就活ルールが廃止され、自社が求める学生の動向に合った採用戦略を考えていく必要がありそうです。その年度に卒業する新卒学生だけに注目するのではなく、大学1・2年生や既卒生の動向にも注目していきましょう。

今後の採用トレンドにあった採用戦略の立て方を知りたい方は下の画像をクリック!!

新規CTA

Written by 採用GO編集部 亀川

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

外国人採用の成功企業事例 7選!