「FTE」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

FTE(フルタイム当量)とは、Full-Time Equivalentの略で、組織や業務の人員の規模を表す単位のことです。今回は、FTEの意味について1分で解説していきます。

FTEとは

FTE(フルタイム当量)とは、Full-Time Equivalentの略で、組織や業務の人員の規模を表す単位のことです。パートタイムスタッフの仕事が、フルタイム勤務の仕事に換算した場合、何人分に相当するかを表したものを指します。

FTEを用いることで、全体の要員数を把握することができ人員コスト削減に繋がります。

また、非正規労働者と正規労働者の労働力を同じ尺度で測ることによって、非正規労働者のパフォーマンス力向上への施策が打ちやすくなります。
理想の形は、パートタイムスタッフが、フルタイムスタッフと同等の労働力を生み出すことです。そのため、FTEの計算時に、大きな労働力の差が出た場合、パートタイムスタッフへの研修の見直しや、フォローアップが必要になります。パートタイムスタッフのパフォーマンスが底上げされれば、低コストで安定的な運営ができるでしょう。

FTEは、パートタイムスタッフを多く採用している企業にとって欠かせない概念です。人的生産性を最大化させるためにも、人事担当者に限らず、経営者も抑えておくべき視点といえるでしょう。

人事担当者が抑えておくべき情報が詰まった無料セミナーの詳細は下記画像をクリック!

採用トレンドセミナー

Written by 採用GOメディア編集部 阿部

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

「HPI」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

「エバンジェリスト」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

「セカ就」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

「親子就活」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

「縁故採用」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

HOHO(ホーホー)の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避