【20卒採用戦略】まだ間に合う!中小企業向け秋採用・冬採用のススメ

「内定辞退者が出た」「まだまだ新卒を採用したい」等の理由から2020年卒の学生の秋採用・冬採用を行う企業も多いのではないでしょうか?大手の企業の採用活動が軒並み終わり、中小企業にとっては新卒者を採用するチャンスでもあります。本記事では4年の秋以降に就活をしている学生の特徴・中小企業がとるべき戦略をご紹介します!

目次


 

4年の夏以降に就職活動をする学生の特徴

例年通り3月に情報解禁・6月から内定を出すというスケジュールで動く企業・学生が多いので、秋採用や冬採用は企業にとっては「定員補充」の役割が多いのではないでしょうか?

学生が秋採用を目指す理由はそれぞれですが大きく分けて2つのパターンがあります。

 

  • 留学や部活動、研究等で就活をしていなかった

交換留学等で海外の大学へ在席していた場合、帰国は6月以降になってしまうことが多いです。日本にいる学生と違い、直接説明会等で情報収集することが出来ず、夏のうちに内定を取ることが出来なかったケースがあります。また、4~6月は大会の数が多く、部活動に専念したい学生にとっては負担が大きいことがうかがえます。

 

大会数

出所:大学スポーツチャンネル『体育会学生就職活動動向

 

  • 進路に納得していないため就職活動を続けている

こちらは就職活動をしていたものの、うまくいかなかったりミスマッチを感じたりしているため、就職活動をしているパターンです。大手志向や公務員志望だったため、見ていた業界が狭かった学生や、内定先に納得してない学生など理由は様々です。4年の夏までは視野に入れていなかった中小企業や他業界も視野に入れて、納得のいく進路を見つけようとしている学生が多いです。

 

中小企業がとるべき採用戦略

それでは具体的にどのような採用戦略があるでしょうか。実は多くの大企業が一斉に応募していた6月よりも採用活動をする企業が減るため、より効率的に採用活動を行うことが出来るケースがあります。ここでは4つ紹介していこうと思います。

 

  • 採用イベントに参加 

ある程度知名度がある企業にオススメです。大都市でやることが多く、学生が知らなかった企業に出会うことが出来ることが魅力です。

例:就職博

就職博

 

大企業に限らず、中堅・中小・ベンチャー企業が多く集まる合同企業セミナーです。全国で行っています。地域に拠りますが、1日当たり20万から利用可能です。

 

  • 大学の活用 

研究や部活動で忙しかった場合、大学のキャリア相談室を活用する学生は少なくありません。大学のキャリアセンターに掛け合い、求人票を置いてもらったり学生を紹介してもらったりして、パイプを作っていくことも効果的です。専門性の高い学生や、体育会で努力を続けてきた学生にアプローチできることが魅力です。ただ、各大学へアプローチをかけなければならないことや、不採用を繰り返すと大学からの印象が悪くなる等、注意すべきポイントがあります。

 

ここからはダイレクトリクルーティングを用いた手法を紹介していきます。ダイレクトリクルーティングとは、学生の応募を待つのではなく、企業から気になった学生へとアプローチする手法です。

新卒採用はダイレクトリクルーティングで!詳しくはこちらをクリック

 

  • 逆求人型サイト

Offer boxキミスカなど、人材データベースから気になる学生に対してスカウトを送り、自社の選考フローに呼びかけていく方法です。学生側が自社の名前を知るきっかけになること、自社の基準でレベルの揃った学生にアプローチをかけられることが特徴です。

 

  • 採用ホームページの改良

自社の採用ホームページを改善し、秋採用を目指す学生の目に留まることも重要な戦略です。現在、学生の多くはオンラインで情報収集を行っています。この方法は最も手軽で、企業と学生のニーズがマッチしていることが最大のメリットであるといえます。学生が検索した時に検索上位に上がるために、秋採用専門のホームページを作ることが重要です。

 

優秀な学生を見抜くポイント

ここからは面接等でよく聞く質問事項から自社で活躍してくれそうな学生を見抜くポイントを紹介していきます。

 

  • 4年の秋以降に就職活動をしている理由

就職活動を早くからしていたにせよ、秋から始めたにせよ、何らかの理由があるはずです。大学生活をどう過ごしてきたのか、どんなキャリアプランを描いているのか詳しく聞き、自社が求める人材像に近いか見極めていきましょう。

就職活動が長引いている理由を客観的に分析し、次につなげようとしている姿勢は、自分の至らなさを認めていたりキャリアについてきちんと考えられていたりすることの表れです。内定の数などにとらわれずに採用活動を進めるといいです。

 

  • 志望動機

秋以降の新卒採用活動では、企業は早く予定されている人数を確保したいと思い、短縮ルート等で内定を出し、学生の回答を急かすケースがあるかもしれません。その業界や企業への志望動機がしっかりとしていて、入社意志が高い場合は積極的に内定を出し、早期からアプローチしていきましょう。ただ、採用条件を緩めたり、学生の内定承諾を急かしてしまうとエンゲージメントが下がってしまったり、入社後にミスマッチが発生したり、新卒社員の間でレベルが異なったりと後々に響く可能性があります。

 

これからは通年採用・長期インターンシップが主流に?

皆さんご存知のように、2021年卒の就職活動からは経団連の就活ルールも廃止され、どんどん採用活動が前倒しになっていきます。1年のうちの決まった時期だけに採用活動を行うのではなく、以下の二つの採用活動が主流になっていくでしょう。

 

  • 通年採用 

本記事では主に4年の秋以降に就職活動を行う学生に焦点を当てて解説していきました。しかし、一部の企業では通年で何度か採用活動を行っている企業もあります。この活動のメリットとして、「それぞれの学生が自分のタイミングで応募する」「内定が欲しい保険のために受けるという学生が減る」といったメリットがあります。説明会を動画にしたり、採用プロセスを工夫したりすることで1年に1度に集中させるより、効率的に採用活動が行えます。

通年採用について詳しくはこちらをクリック

 

  • 長期インターンシップ

特に中小企業に対しておすすめの採用手法です。この活動のメリットとして、成長意欲の高い学生に早期からコンタクトをとることが出来ることが挙げられます。知識や経験の乏しい学生でも、業務を少しずつ任せていくことで主力社員になる可能性は十分あります。

中小企業に長期インターンをお勧めする理由はこちらをクリック

まとめ

いかがでしたか?秋採用のポイントは

  • 自社に合った採用戦略をとる
  • 学生の特徴・キャリア観を見極める

ことです。学生・企業双方が納得のいく採用活動になるような採用活動にしていきましょう。

近年新卒採用をめぐる動向はめまぐるしく変化しています。売り手市場が続く中、どうやったら採用活動が上手くいくのか?就活ナビや合説は効果がある?そんな疑問や最新の採用トレンドをHR Forceのセミナーで詳しく解説します!詳しくは下の画像をクリック!!

採用トレンドフォーラム

Written by 採用GO編集部 亀川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

なぜ"新卒年収1000万 "?くら寿司・NECから見る採用市場の変化

人材紹介と人材派遣の違いから見える新たな人材ビジネスの可能性

サブスクリプション型人材ビジネスとは?~派遣・人材紹介の未来~

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

外国人採用の成功企業事例 7選!