サブスクリプションとは?トヨタやダイソンも導入する驚異のビジネスモデル

近年、「サブスクリプション」型のビジネスモデルが急速に拡大しています。サブスクリプションとは、製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式のことです。音楽アプリや映画サイト、さらには電化製品や自動車業界まで多くの企業がサブスクリプションモデルのサービスを利用しています。今回はサブスクリプションのメリットデメリットから、事例や話題性の理由についても解説していきます。

目次

 

サブスクリプションとは

サブスクリプション(subscription)とは製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式のことです。英語では「定期購読」や「会費」といった意味があります。

サブスクリプションの大きな特徴は、商品やサービスに代金を直接支払うのでなく、利用できる期間に支払うという点です。月や年単位で様々なプランが用意され、使いたい機能を使いたい期間だけ自由に使うことができます。

近年ではApple Music、Spotifyなどの音楽アプリや、Netflix、amazonプライムなどの映画サービスだけでなく、自動車業界やファッション業界、人材業界など様々な業界で新しいサービスが生まれています。

定額制・レンタルとの違い

間違えやすいサブスクリプションと、レンタル・定額制との違いについて以下のようにまとめます。

 

  • サブスクリプションとレンタルの違い
    サブスクリプションとレンタルには代金を支払って得られる対価に違いがあります。レンタルでは特定のモノやサービスを一定期間借りることを言いますが、サブスクリプションは一定期間利用するというサービス自体にお金を支払います

    映画サービスを例に考えてみましょう。TSUTAYAで特定の映画作品をレンタルした場合、その映画作品だけ一定期間観ることができます。一方でNetflix等サブスクリプション型サービスであれば一定期間対象の様々な映画を好きなように好きなだけ観ることが出来ます。
    このように、サブスクリプション型であれば個人の需要に合わせ、より汎用性の高いサービスを実現することが出来ます。

  • サブスクリプションと定額制の違い
    サブスクリプションと定額制は基本的なビジネスモデルに大きな違いはありませんが、サブスクリプションの方がより顧客のニーズに応えることが出来ます。
    定額制ではただモノやサービスに対し単一な価格を継続的に課金しますが、サブスクリプションでは料金プランを複数用意し、利用権の範囲を変えることでより顧客の予算・需要に合わせたサービスを提供出来ます。
    NETflixの料金プランNetflixの料金プラン例

サブスクリプションモデルのメリット

サブスクリプションモデルのメリットを、顧客側とサービスを提供する企業側の視点に分け、それぞれ以下のようにまとめました。

【顧客側のメリット】

1. 利用するモノやサービスを買う手間や、モノを置くスペースが省ける
複数のCDやDVDを買うにはそれだけお店に買う手間や、それらを管理するスペースが必要になります。サブスクリプションであればネットから好きなようにサービスをダウンロードし、手間なく利用することが出来ます。

2. 本来高額のモノ・サービスであるほど利用開始のハードルが下がる
購入するにはリスクの高いモノやサービスも、良心的な価格でまずは試してみてから購入やサブスクリプションサービスの継続を検討することが出来ます。

3. モノやサービスを利用すればするほど一回あたりの金額が得になる
一定期間好きなだけサービスを利用することができるため、利用すればするほどそれだけ単価が下がり、お得にサービスを受けることが出来ます。

4. 自分の利用したい期間・機能だけ契約し、そうでない時には解約できる
自分の利用したい期間だけ契約することで、通常に購入するよりも単価が抑えられます。また、自分に合った料金プランを設定することでより満足度の高いサービスを受けることが出来ます。

5. 最新のモノやサービスを利用することができる
映画や音楽サービスであれば常に最新の作品がアップデートされるため、再度新しいモノ・サービスを購入する必要が無くなります。

 

【企業側のメリット】

1.顧客の導入障壁を下げ、 新規顧客を獲得しやすくなる
顧客にとって購入するにはハードルの高い高額なモノやサービスでも利用されやすいため、新規顧客獲得に繋がる可能性が高まります。

2. 利用者のデータに基づき、よりニーズに合ったサービスに改善できる
利用者の年齢や性別等のプロフィールだけでなく、どんなサービスをどのくらい利用しているかをデータとして蓄積でき、プランやサービスの改善に繋げることが出来ます。

3. 継続的な売上として試算できる
毎月定額の料金を請求するサブスクリプションモデルであれば基本的な売上が「サービス利用者数×単価」とシンプルな試算になり、売上予測や新たな施策を立てやすくなります。

4. 様々な業界や業種において汎用できる
サブスクリプションモデルは様々な業界や職種においてもアイデア次第で適応することが出来、新たなビジネスチャンスになり得ます。

サブスクリプションモデルのデメリット

続いて、サブスクリプションモデルのデメリットを、同じように顧客側とサービスを提供する企業側の視点に分け、それぞれ以下の3つにまとめました。

【顧客側のデメリット】

・利用しなくても解約しなければ料金が発生する
利用すればするほど単価が下がるように、利用頻度が下がればそれだけ単価が上がり、解約しなければ利用しなくとも料金が発生し続けます。

使わない機能やサービスも含まれる
自分に合ったプランを選ぶことが出来ますが、サブスクリプションモデルではそれでも使わない機能やサービスが含まれることがあります。その場合、利用しない機能にも料金が発生していることになります。

 

【企業側のデメリット】

即利益に繋がらない
サブスクリプションモデルは初期コストがかかるため、顧客に継続的に利用してもらい初めて利益が生まれます。ビジネスを初めて即利益に繋がるわけではありません。

一定のリソースとコストが必要
サブスクリプションモデルはビジネスを始める前に一定のリソース・コストがかかります。また、このコンテンツの豊富さが競合性にも繋がります。

・モノやサービス自体のブランディング価値が下がる
本来高額であるモノやサービスをサブスクリプションによってお得に使えることで、モノ・サービス自体のブランド価値が下がる可能性があります。

・利益が上がる前に解約されるリスクがある
サービスに顧客が早々と飽きて解約してしまう場合も少なくありません。最新のコンテンツをアップデートしたり、リニューアルしたりするなど、顧客を飽きさせない工夫が必要です。

サブスクリプションモデルの事例

ここで、サブスクリプションモデルをよりイメージしていただくために、サブスクリプションモデルの事例を4つご紹介します。

【音楽】
1. Apple MusicApple Music サブスクリプションモデル

 

Apple Musicは、対象の約5000万曲を広告なしで再生できるサービスです。好きな曲をダウンロードでき、オフラインで曲を再生することができます。最近では嵐やスピッツがサブスクを解禁し、サービス内で聞けるアーティストの幅が広がっています。3ヶ月間無料でトライアルすることができ、学生料金やファミリープランも設定されています。

【映画・ドラマ】


2.
 Hulu

Hulu

Hulu(フールー)では、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどの作品が定額で見放題になるサービスを提供しています。トライアルで2週間無料で試すことができ、そこから月額1,026円でサービスを利用することができます。パソコンだけでなく、スマートフォン、テレビにも繋げることができることも魅力の1つです。

【自動車】

3.  KINTO(トヨタ)

トヨタのサブスクリプションサービス(KINTO)

トヨタでは新しく愛車サブスクリプションビジネス「KINTO」というサービスを提供し始めました。これは、次毎に定額料金を支払えば車を納車できる、というサービスです。頭金がなく、燃料代や、修理代、保険代も全て定額料金に含まれているため、車の管理がしやすいことや、契約期間が終了すればすぐに新車に乗り換えられるといったメリットがあります。

【電化品】

4. Dyson technology+

ダイソンテクノロジープラス

ダイソンテクノロジープラスでは、高額なダイソンの商品をサブスクリプション型で利用できるサービスです。購入するには手の届きにくい商品を手頃な価格で試してもらい、使い勝手を実感し、続けてもらう狙いがあります。

サブスクリプションはなぜここまで話題に?

なぜここまでサブスクリプション型ビジネスは話題になっているのでしょうか。そこには「所有から使用へ」という顧客価値の変化があります。これまではお金を貯めて、高額で価値の高い商品を購入し、長く使う、という価値観が一般的でした。しかし、時代の変化が早く、価値あるものが短期的に変化していく現代において、自分の経済状態や市場に合わせ、使う商品を合理的に使用し変えていく、というスタイルがより一般的になってきています。

このような価値観の変化に合わせ、便利なサブスクリプション型サービスが増えています。今後も様々な業界において益々広がっていくでしょう。

次に来るサブスクリプション市場

未だサブスクリプションモデルが台頭しておらず、伸びていく業界が人材業界です。近年では求職サイトの単価は益々増加傾向にあり限界を迎えています。そんな中サブスクリプションモデルは人材派遣や採用に大きな革命をもたらすと考えられています。

HR Forceではそんなサブスクリプション型人材ビジネスについてセミナーを開催しております。サブスクリプションについてもっと知りたい方、自社の採用に悩みを抱えている方は是非下記画像をクリックしてみてください。

サブスクリプション型人材ビジネス初公開セミナー

もっと人材業界におけるサブスクリプションについて知りたい方は
人材紹介と人材派遣の違いから見える新たな人材ビジネスの可能性】

【サブスクリプション型人材ビジネスとは?~派遣・人材紹介の未来~】
の記事をチェック!

 

まとめ

サブスクリプションは使いたい機能を使いたい期間だけ自由に利用できることが最大の魅力であり、今後も益々サブスクリプション型サービスが増加することが予測されます。是非ポイントを抑え、利用したり、自社のビジネスに取り入れてみてはいかがでしょうか。

Written by 採用GOメディア編集部 阿部

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

外国人採用の成功企業事例 7選!