【人材業界経営者必見】事例に学ぶ!新時代を生き抜く成長戦略

労働人口が減少し、オリンピック後の景気が不安視される日本社会。国際競争・技術革新が進み求められている人材は高度化。取引先が求めているスキルを持った人材が確保できない・そもそも紹介/派遣できる人材の獲得に苦労している…そんな悩みを抱えている人材紹介会社・人材派遣会社の方も多いのではないでしょうか。本記事では2020年代に人材業界が直面する危機、そして暗い将来予測を「強み」に変えた成功事例に学ぶ、最新の人材ビジネス戦略をご紹介いたします。

目次

 

 

人材業界を取り巻くトレンド

皆さんは2020年4月から施行される労働派遣法の法改正についてどれくらいご存知でしょうか?2015年の法改正により、職業紹介事業は許可制に一本化されました。そして、雇用安定措置の導入が義務化されました。これにより、長期間同一の企業へ派遣されている労働者の正規化や、キャリア形成支援の義務化が進んでいます。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【2020年4月施行】労働者派遣法~人事が知っておくべき法律シリーズ⑨~

現在日本では未曾有の有効求人倍率の高騰を記録しています。人材派遣・人材紹介でもこの現状は同じです。これまで政府は女性の社会進出や高齢者の活用を促し、パートタイムや派遣労働者として労働力人口を確保してきました。人口減が進む中、派遣労働者が増加することは考えにくいでしょう。

 

派遣労働者数

(出所)「派遣の現状」一般社団法人日本人材派遣協会

このような状況を受けて、派遣労働事業所は減少傾向にあります。今後人材派遣ビジネスは競争が激化していくことが予想されています。

 

派遣会社事業所数

(出所)「派遣の現状」一般社団法人日本人材派遣協会

日本経済が上向きだった時代。人件費を削減し派遣労働者・非正規雇用者を登用して不況時代を生き抜いた時代。2020年からの新時代に生き残ることが出来るのは、景気に左右されず「人口に連動した」ビジネスモデルを持つ企業となるでしょう。

例えば、㈱HR Forceでは、地域の介護人材紹介事業でサブスクリプション型人材ビジネスモデルを採用し、成功を収めた経営者をお呼びし、新しい派遣ビジネスの在り方についてお話しいただきました。詳細はこちらの記事をご確認ください。

サブスクリプション型人材ビジネスとは?~派遣・人材紹介の未来~

 

地方発の中小派遣企業が不景気を乗り越えNo.1になったワケ

株式会社アスカは、群馬県高崎市で誕生し、リーマンショックを乗り越えて今や保育派遣で日本No.1のシェアを誇る人材会社です。2016年から3年間で年商38億から80億まで急成長を遂げています。

当初アスカでは製造・販売・軽作業と様々な人材派遣ビジネスを展開していました。しかし、リーマンショック直後、社員数は半減・売上は40%減という大打撃を受けました。不況だから、あるいは人手不足だからと医療福祉分野に幅広く挑戦するも試行錯誤の日々。

そんなアスカが保育の業界で日本No.1になった秘訣は「領域特化」でした。苦難を乗り越え、人材業界で最高の成長率をたたき出したアスカの歴史から、今後の人材ビジネスの戦略が見えてくるでしょう。

 

人材ビジネスのこれから

2020年代を生き抜くためには人材ビジネスにおいて抜本的な革新が必要です。Indeedに代わる新しい募集手法や、サブスクリプション型人材紹介など粗利の高いビジネスモデルの導入など、㈱HR Forceでは最新の採用トレンドを基に人材会社の支援を行ってきました。

2019年12月、㈱HR Forceは先ほど紹介した苦難を乗り越え、急成長を遂げた株式会社アスカの代表取締役社長・柘植航氏を特別にお呼びし、人材ビジネス経営戦略セミナーを開催します!

 

登壇者はこちらのお二人です。

 
12月バナー1

(写真左) 株式会社アスカ 社長 柘植航氏

29歳の時に地元・群馬で現会長(当時社長)と出会い、当初5~6人規模の小さな事務所・アスカに転職。リーマンショックを乗り越え、「親切・丁寧に」を合言葉に保育に関わる有資格者と園や施設をつなぐ縁の下の力持ちとしての活路を見出す。地方発の小規模な事務所から今や保育派遣業界の国内トップシェアを誇り、従業員数130名・全国13店舗を構える今注目の経営者。

 

(写真右) (株)HR Force CMO    新倉 竜也

㈱船井総合研究所で人材会社や採用に課題を持つ企業へのコンサルティングに従事。2015、16、17 年と3年連続で、700 名を超えるコンサルタントの中で、コンサルティング顧問依頼数No.1 のトップコンサルタントとして活躍。18 年1 月より事業法人化に伴い、HR Force 社にCMO として参画。

 

本セミナーでは今後の人材ビジネスに必要な経営戦略・indeedに代わる新たな募集手法について徹底解説していきます。そして、柘植社長からアスカの歴史と未来についてお話しいただきます。新時代を生き抜くための情報が盛りだくさんのセミナーを200名様限定で開催!お申し込みは下の画像をクリック!

新規CTA

Written by 採用Goメディア編集部 亀川

 

【あわせて読みたい記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

山口FGに見る「金融業界×人材紹介」が示すHR業界・採用戦略の未来

HR tech領域急成長ベンチャーの採用戦略~50の壁突破法~

「転職口コミサイト」の影響力と人事が出来る対策法【HR頻出用語解説】

人材紹介と人材派遣の違いから見える新たな人材ビジネスの可能性

サブスクリプション型人材ビジネスとは?~派遣・人材紹介の未来~

【HR Force主催】採用トレンドセミナーの評判は?口コミを集めてみた

HR Forceってどんな企業?テクノロジーで’働く’を変える急成長ベンチャー

最も読まれた記事

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【2019年最新】ハラスメントが大量発生!注意すべき種類を厳選紹介!