2018年11月の記事一覧

人事なら知っておくべき法律シリーズ③~労働者災害補償保険法とは~

企業は従業員の労働災害に備える必要があり、人事担当者にとって労災保険の知識は必要不可欠です。今回は労災保険と密接に関係している、労働者災害補償保険法についてまとめていきます。
続きを読む

労働保険の手続き方法について~人事なら知っておくべき法律シリーズ⑥~

  正規・非正規に関係なく、労働者を雇用するときには労働保険料を負担する義務が発生します。いつまでに・どの機関へ申告や納付をすべきなのかこの記事を通してしっかりおさらいしましょう!
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ~プロローグ:労働法とは~

2019年4月から始まる働き方改革関連法って何?これだけは知っとけ!2つの点人事と切っても切り離せない関係にある労働関係の法令。しかし労働関係の法令は非常に複雑で分かりにくいものです。そこで今回から【人事なら知っておくべき法律シリーズ】と称し、複雑な労働関係の法令を分かりやすくまとめ、解説していきたいと思います。就業規則の作成など、日々の業務に役立つこと間違いなしです。
続きを読む

通年採用を始める前に知って欲しいメリット・デメリット

日本では新卒採用と言えば、一時期に集中して行われる一括採用が一般的です。ところが最近では通年採用を実施している企業も増えています。 自社でも通年採用を実施するかお悩みの方のために、今回は通年採用のメリット・デメリットをまとめていきます。ぜひ、通年採用を導入する際の検討材料にしてみてください。
続きを読む

新卒採用担当者は知っておくべき!サクッと読める就活ルールの歴史

先日、経団連が正式に就活ルールの廃止を決定しました。今後は政府が主導となって就職活動の指針を決定していきますが、すでに21卒の学生については就活ルールの維持が発表されています。連日報道でも頻繁に取り上げられた就活ルールについてですが、よく考えるとそもそもいつから就活ルールがあるのか知らない!という方のために、今回は就活ルールの歴史を紐解いていきます。
続きを読む

面接担当者必見!面接官が注目すべきポイント

選考活動として一般的に利用されている「面接」。面接は選考でよく利用されていますが、実は評価が難しいものです。これほど選考で利用されていながらも、何を見ていいのかわからない、面接からイメージしていた人材と違う、という事態も少なくはありません。今回はそのような思いを抱く皆さんのために、面接で注意したいポイントについて見ていきたいと思います。
続きを読む

採用担当者はこれを見よ!就活ルール廃止とどう向き合うか

就活ルールの廃止か? 先日、経団連の会長が1953年以来続いてきた”就活ルール”を見直すと発言しました。就活ルールといえば説明会解禁日と選考解禁日を定めるものですが、就活ルールの廃止は企業の採用活動をどのように変えるのでしょうか?
続きを読む

新卒採用はダイレクトリクルーティングで!ナビ頼りはもう古い?!

ナビ頼りの現状 リクナビ・マイナビ等就活ナビサイトは、就活生にとっては就職活動の入り口とされてきました。企業側もそんな学生たちの実情を知っているため、ナビサイトへの募集掲載を長く行ってきたことと思います。しかし最近ではナビサイトへの登録を行わない、登録はしたがほぼ見ないという学生が増えてきています。
続きを読む

海外は日本にはないサービスの宝庫!知っておくべき海外のダイレクトリクルーティング7選

従来の「待ち」の採用から脱却し、近年、日本の採用市場を変革しているダイレクトリクルーティング。しかし、日本はまだまだ海外と比較すると遅れをとっています。海外のサービスを利用することで、採用で他企業に圧倒的な差をつけられるかも?
続きを読む

採用を変えたいあなたに。ユニークなだけじゃない、ユニーク採用8例

「新しい採用始めようかな・・・」 2019年度入社新卒社員の採用も一段落し、今回の採用を踏まえ、新たな採用方法を考えようと悩む企業もあるのではないでしょうか。採用はこれからの企業の未来を創っていく人材を選ぶという点で、企業の未来に繋がる極めて重要な任務と言えます。自社の未来を考え、人材に多様性を求める企業は多いのではないでしょうか。 しかしながら、「多様な人材を採用したい」と思っていながらも、現実にはエントリーシート→面接、というような定番の採用方法をなぞるだけ……になっていませんか。従来の採用方法に終始していては、新たな人材の採用は難しいと言えます。新たな人材を確保するには、新たな採用が必要です。 今回は新しい採用方法を模索する方のために、一風変わったユニークな採用を行っている企業の事例をご紹介します。自社の新しい採用を考える上で、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
続きを読む

知っておくべき長期インターンシップのメリット・デメリット!人事は導入前にはこれを読め!

長期インターンシップって? 近年の採用活動においてインターンシップがトレンドとなっています。短期インターンシップは短期間であるが故に、大学3年生の参加者が多いことが特徴ですが、長期インターンシップは学年に関係なく参加します。学生にとっては長期間働くことで、短期インターンシップと比較しよりに長期的な視点で事業を見つめることができるため、短期では物足りないという学生に人気です。
続きを読む

どうする?短期インターンシップコンテンツ

「インターンシップ開催したいけど、インターンシップってどうすればいい?」 インターンシップには、選考方法・コンテンツなどに色々なパターンがあります。よく分からないまま始めるのは厳禁!この記事を読めば、定番のパターンが分かるはず。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ②〜パートタイム労働法とは?〜

どの業界においてもパート・アルバイトは非常に重要な存在となっています。特に今日においては人手不足がより進んでいるため、いまやパート・アルバイトの存在は必要不可欠です。もちろん労働力不足を補うメリットもありますが、正社員よりもコストが低く、また様々な人を雇用することが可能になるため、職場が活性化し、多様性が広がるというメリットもあります。そんな重要な存在であるパート・アルバイトですが雇用する際に気をつけなければならない点がいくつかありますが、その中でも今回は法律についてまとめてました。自分のところは大丈夫だと思っていても、思わぬ盲点がいくつも法律には存在します。今回の記事でパートタイム労働法についてわかりやすく解説します。
続きを読む

留学経験者の採用は別フローで!留学生採用の手引き

「留学経験者を採用したいけど・・・」 グローバル化が進む現代において、グローバル事業の展開を図ろうと留学経験者の採用を考えている企業が増えています。留学経験者の採用は、彼らの就活スケジュールに合わせた採用フローを構築する、など通常の採用とは別に工夫をする必要があります。留学経験者を採用するための効果的な方法がわからない!というお悩みのために、今回は留学経験者の採用で事業のさらなるグローバル展開を図る皆さんへ向けた記事になっています。
続きを読む

新採用手法!HR techが採用のジョーシキを変える!

昨今は「×Technology」に注目が高まっており、人材業界では「HR tech」がトレンドとなっています。HR techは採用現場の課題をテクノロジーで解決し、あらゆる面で採用市場に好影響を及ぼすことは必至です。今回はそんなHR techの導入を検討している方向けの記事です。
続きを読む

なぜ辞める?なぜ定着しない?新卒入社3年以内に離職の理由

新卒3年以内離職のリアル 就職活動という荒波を乗り越えるも、折角就職した会社を3年以内に辞めてしまう新入社員の多さが問題となっています。最新のデータによると就職後3年以内の離職者の割合は32.2%です(平成29年 厚生労働省発行「新規学卒者の離職状況」下記データより)。すなわち、現状では実に3人に1人が3年以内に離職しています。年次ごとに見ていくと、入社1年以内の離職者はおよそ1割、2年以内では2割、3年以内では3割となっています。しかしこの傾向は過去およそ30年間変化しておらず、長い間解決されていない問題です。
続きを読む

知ればさらに良くなる!インターンシップ生採用のポイント

最近流行りのインターンシップ インターンシップを導入する企業は増加の一途をたどっており、2017年10月16日付日本経済新聞朝刊によると、インターンシップを実施している企業が全体の9割にも上っています。そんなトレンドとなっているインターンシップですが、企業側がインターンシップ実施効果を理解して行う場合と、ひとまずやってみようというモチベーションの場合とでは、インターンシップ実施による効果は全く異なります。効果的なインターンシップ生の採用を行うためには、これからご紹介するポイントを踏まえ、明確に狙いを定めることが重要です。
続きを読む

第二新卒とは?近年注目の理由やメリット・デメリットを徹底解説!

1.第二新卒の定義・注目されている理由 第二新卒とは新卒で入社した企業を短期間で退職した、あるいは新卒時の就職活動で就職先が決まらなかった若手の求職者の事です。年齢にして25歳前後までの求職者を対象とします。通年採用が可能ですが、一般的に上半期と下半期の区切りである4月あるいは10月入社のタイミングで第二新卒の求人が増えるといわれています。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ①〜労働基準法とは?〜

今回は労働基準法についてまとめていきます。労働関連の法令の中でも基本の部分であり、重要な部分でもありますが、しっかりその内容を把握できていますか?基準法という部類ですが、法令である以上難しい言葉で書かれていて、読んだだけになっていませんか?そうなってしまうと決まりを守れていないということで違反になってしまいます。今回はそういった方のために労働基準法を分かりやすく解説していきます。人事担当者はこれを読めば人事に必要な労働基準法について理解できるでしょう。
続きを読む

優秀な学生確保への近道!おすすめインターンシップ募集サイト比較

「長期インターン募集したいけど、どのサイトに掲載すれば一番いいのか・・・」 このように悩んでいる企業は少なくないでしょう。特にスタートアップの企業にとっては人手不足解消のためにも、インターン生の募集を検討していることではないでしょうか。しかしいざインターン生を募集するとなると、数あるインターンシップ募集サイトの中からどのサイトを選ぶべきか、悩んでしまいますよね。そこで今回は多くのインターンシップサイトの中から特に検索上位に出てくるおすすめのサイト8つを選び、紹介していきたいと思います。
続きを読む

必見!採用した人材の育て方!辞めない人材を育成するには?

採用したはいいもののなかなかいい人材が育たない…、成長する新人が出てこない…、採用方法を見直したほうがいいのだろうか…という悩みを抱えている採用担当の方々も多いのではないのでしょうか?新人育成のためには「組織社会化」という概念を元にして改善策を考える必要があります。採用段階から育成までを一つの流れとして捉えて、新人の成長のためには何をすればいいのか考えてみましょう!
続きを読む

入社後のミスマッチを防ぐ!採用で注意するべき3つのマッチング

採用後に、こんなはずじゃなかった…と思うことはありませんか?仕事ができそうだと思って採用した新人が生産性や効率の悪い仕事ばかりする…。自社の雰囲気に合いそうだと思って採用したけど、上司や同期とあまりうまくいっていないようだ…など。それは数々のミスマッチが原因です!ミスマッチとは何か、どうしたら改善できるのかについて考えてみましょう!
続きを読む

早期離職の解決策!これだけは知っておきたいRJP理論とは?

新入社員の定着率が悪い…といった早期離職の問題や、期待していた新入社員が入社後に仕事成果を上げられられない…といった問題を抱えている企業は多いのではないのでしょうか?今回は、早期離職防止の方法と自社で活躍できる人材を獲得するための方法を、RJP(Realistic Job Preview)理論を使って考えてみました。
続きを読む

離職率の高い企業の特徴とは?圧倒的に離職率を下げる方法〜厳選〜

せっかくお金をかけて採用したり、新人教育を行ったりしたのになぜかやめられてしまう、、、なんてことはありませんか?近年は特に求人倍率が上がってきているので、採用できた人材がすぐに離職されてしまうと労働力が少なくなってしまうだけではなく、再び人材確保のための採用活動を行う必要があることに加えて採用しにくいのが現状です。その場合、採用にかかる費用や新人教育などの予定にはなかった費用やそれらを行うための時間がかかってしまいます。また一体どれだけの割合で離職しているのかというと大卒就職者のうち3割以上が3年以内に辞めてしまっているのです。特に規模が小さい中小企業は離職率が高まっている傾向があります。景気がよくなれば離職率も減るのではないのかと考える人もいると思いますが、残念ながらこの離職率は10年以上さほど変化はありません。そのためこれから先も離職率と向き合っていくことが求められます。今回はこの企業が抱える離職率問題を改善するべく、離職率が高くなってしまう企業の特徴と離職率を減らす改善策についてまとめてみました。
続きを読む