2019年05月の記事一覧

【初めての採用担当者へ捧ぐ】採用を行う意味・目的とは?

【3分でわかる】この記事ではこれから採用活動を始める方向けに、採用活動の目的を簡潔に説明しています。そもそも採用活動の目的やゴールとは何か?採用目的をどう立てればよいか?採用ノルマを達成するだけにとどまらない、採用活動の真の目的を理解することで、採用担当者として企業に貢献することが出来ます。
続きを読む

ついに解禁!労働条件通知書の電子化で起きる変化とは

  厚生労働省による省令改正により規制緩和された労働条件通知書の電子化が、2019年4月、ついに解禁されました。今後、通知の電子化によりどのような変化が起きるのでしょうか?今回は従来の通知方法と比較しながら、今後の動きについて考えていきます。
続きを読む

【目的別】中小企業向けの雇用関係助成金まとめ

人手不足に悩んだら制度をうまく利用して、多様な労働者を雇用したり、労働力の向上を目指してみてはいかがでしょうか?本記事ではキャリアアップ助成金や特定求職者雇用開発助成金、両立支援助成金など、中小企業が取り入れやすい助成金や制度をまとめてみました。
続きを読む

内定者フォローのポイントは?3つの企画事例から内定辞退を防げ!

  内定辞退に頭を悩ませている人事担当者は多いのではないでしょうか?内定辞退は、深刻な人材不足に陥っている現代日本に、追い打ちをかけるような問題です。企業は人材不足を解消すべく、採用に多くの時間やコストをかけています。せっかく採用した人材が、内定辞退をされてしまうと企業にとっては非常に大きな痛手ですよね。しかし、内定辞退は、内定者フォローのポイントを押さえることで防ぐことが可能です! 今回はその内定者フォローのポイントを、3つの企画事例からご紹介します!
続きを読む

【必見】サイバーエージェントのインターン・採用は何故人気なのか

「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げるサイバーエージェントはここ数年、ユニークな採用手法を打ち出し続け、人事担当者や人材コンサルの間では「採用上手な会社」として評価されています。今回はサイバーエージェント独自のオウンドメディア活用術やインターンシップ、選考フローについてご紹介します。
続きを読む

【2019年最新版】やるべきインターンシップのプログラムはこれだ!

どのようなインターンシップを行なえば自社の求める人材を見分けることできるか、学生は自社に興味を持ってくれるかなどインターンシップの内容に悩む企業も多いのではないでしょうか。そこで、インターンシップに参加する学生の理由や背景などを紹介してインターンシップの作成の仕方についてご紹介します。
続きを読む

【2019年最新版】インターンシップ成功事例3つをご紹介

  採用におけるインターンの重要性は年々高まってきています。今やほとんどの企業でインターンが行われていますが、全ての会社が成功しているとは限りません。会社として意味のあるインターンとはどのようなものなのでしょうか?今回は最新のインターンシップ事例を3点ご紹介します。
続きを読む

あなたの企業、定年制廃止して大丈夫?定年制廃止の3つのメリット・デメリット

  働き方改革や、圧倒的な人手不足が話題となっている今、定年制の見直しについて検討している企業は多いのではないでしょうか。定年制は企業の従業員が一定の年齢に達したことを理由に退職、雇用契約を終了させる制度のことです。日本では60歳を定年としているのが一般的ですが、近年では定年を65歳まで延長していたり、定年制を廃止している企業が増えてきています。既に定年を延長している企業でも、今後廃止を考えている企業は多いはずです。 そこで、この記事では定年制廃止のメリット・デメリットについてまとめてみました!
続きを読む

採用担当者必見!これからの採用で見るべきは「グリット(やり抜く力)」

人事の皆さん、新入社員の定着率が悪い、仕事を最後までやり遂げない、などの悩みはありませんか?この記事では、アンジェラ・ダックワース著「GRIT やり抜く力」を参考にしながら、面接時にグリットのある人材を見極める方法を紹介します。  はじめに(グリットとは何か)
続きを読む

『THE TEAM』著者が船井総研で講演!本では語られなかった実体験をもとに解説!

こんにちは。HRforceインターン生の小山です。 先日、船井総研本社で開かれた「THE TEAM」著者の麻野耕司さんによる講演会に行ってきました。 メルカリCEOの山田進太郎さんも絶賛し、amazonビジネス書ランキングで3週連続首位も飾った「THE TEAM」。 なぜこんなにも売れているのか? それは、精神論ではなく科学的根拠にこだわったことで、業界や業種、企業規模に問わずすべての人に刺さる内容だからでしょう。 この本を200冊購入すると麻野さんが自ら講演して解説してくださいます。 今回はコンサルティングファームである船井総研用にカスタマイズして、ご自身のコンサル事業部時代の経験も交えてお話いただきました!  
続きを読む

ソフトバンクに学ぶ!売り手市場で欲しい人材を採用する方法

最新の大卒求人倍率は1.88倍となり、企業の採用難は益々加速しています。そのような売り手市場の中、独自の採用手法を導入することで順調に人材を採用できている企業がソフトバンクグループ株式会社です。今回はソフトバンクが導入している採用手法の4つの特徴①No.1採用②就活インターン③地方創生インターンTURE-TECH④ユニバーサル採用について解説し、採用好調の理由を紐解いていきます。
続きを読む

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

本記事では働き方改革関連法案の中でも注目を集めている、36協定(通称サブロク協定)の新様式についてご紹介します。中小企業は「2020年4月以降の期間を定めた36協定」の変更が必要になります。今回の変更では新様式の導入・上限の設定・健康措置の義務化の3点が注目ポイントとされています。新制度と旧制度の違いを確認し、労働時間の管理方法について見直しましょう。
続きを読む

【たったこれだけ】やらなきゃ損!採用ブランディングの始め方

人材獲得競争が激化している昨今、「採用ブランディング」が有効な採用手法として注目を集めています。今回は、「採用ブランディングは実は簡単、やらなきゃ損」と語る元船井総研 採用コンサルタントの渥美祐輔さん(現HR Force人事)にお話を伺ってきました。採用ブランディングってそもそも何?採用ブランディング成功の秘訣や事例を知りたい!という疑問にお答えしていただきました。
続きを読む

リモートワークのメリット・デメリットは?導入企業がホンネを語る!

働き方改革、女性活躍が推し進められているこの時代。企業側としては、いち早く理想的な労働環境を完成させ、優秀な人材の獲得に繋げたいものですよね。中でも、働き方改革の一環として注目を浴びている働き方はリモートワークです。日産自動車やヒューレットパーカッド(HP)など、導入企業も少しずつ増加しています。 今回は、リモートワークを取り入れた弊社HR Force のホンネを紹介し、リモートワークのメリットとデメリットに迫ります。 
続きを読む

採用して終わりにするな!採用の振り返り方法とは?

今年度の採用活動も終わり、採用の振り返りを行おうとしている採用担当の方も多いのではないでしょうか。採用活動が終わるたびに振り返りを行っているが、結果に繋がらないといった採用担当者のために効果的な採用の振り返り方法をご紹介します。
続きを読む

グループ9社での統合採用へ。リクルートから読み取る採用の変化

  リクルートが19卒から統合採用や通年採用、30歳まで応募可能といった様々な特徴のある方法での採用を開始し、注目されています。リクルートに限らず、新しい採用方法を検討する企業は増えています。今が採用方法について改めて見直す時ではないでしょうか。今回はそんな新しい採用方法について、メリット・デメリットをあげて紹介していきます。
続きを読む

3分で分かる!外国人労働者の受け入れ拡大 〜背景から成功事例まで

  2019年4月、外国人労働者の受け入れ拡大がスタートしました。新しい制度「特定技能」のもとで始まった新制度。その背景とは?外国人を採用するメリットは?外国人を受け入れた実際の事例は?など全てを一気にご説明します!今から3分の間で外国人労働者の受け入れについて学んでいきましょう。
続きを読む

「新卒一括採用は止めた」ヤフーに学ぶ通年採用という採用方法

  最近の採用状況を見ると、優秀層の学生や、何か光るものを持っている学生の争奪戦が、企業によって繰り広げられています。ですが、従来の就活スケジュールに自身のスケジュールを合わせられない学生も多くいます。ヤフーが採用した通年採用であれば、学生のスケジュールに企業側が柔軟に対応でき、優秀な人材を獲得できます。そんな通年採用について、これまでの新卒一括採用と比較しながら特徴を解説します。  
続きを読む

中小企業に最適!7種類の適性検査と測定できる能力をまとめてみた

いよいよ、2021卒の学生が就活に向けて動き出す時期となりました。人事のみなさん、自社のほしい人材を獲得する準備はできていますか?中小企業は、採用に使えるリソースが限られている中で、より自社にフィットする人材を選ばなければなりません。適性検査は効率的に採用候補を決める上で有効ですが、数が多すぎて、どれを導入すれば良いか迷いますよね。そこで今回は、初期費用がなく、1名から導入できる適性検査サービスを紹介します!
続きを読む

人材獲得競争を勝ち抜くための「採用マーケティング」とは

    「採用マーケティング」を自社でも導入して、求めている人材を獲得したいと考えている採用担当者も多いのではないでしょうか。少子高齢化の一途をたどる日本においては、自社に合った人材を求め、採用競争が激化しています。企業にとっては採用マーケティングは会社の生命線ともなるものです。そこで、採用マーケティングが普及し始めた時代背景や求職者の多様化についてご紹介します。
続きを読む