人事法律の記事一覧

ついに解禁!労働条件通知書の電子化で起きる変化とは

  厚生労働省による省令改正により規制緩和された労働条件通知書の電子化が、2019年4月、ついに解禁されました。今後、通知の電子化によりどのような変化が起きるのでしょうか?今回は従来の通知方法と比較しながら、今後の動きについて考えていきます。
続きを読む

【目的別】中小企業におすすめの雇用関係助成金を紹介!

人手不足に悩んだら制度をうまく利用して、多様な労働者を雇用したり、労働力の向上を目指してみてはいかがでしょうか?本記事ではキャリアアップ助成金や特定求職者雇用開発助成金、両立支援助成金など、中小企業が取り入れやすい助成金や制度をまとめてみました。
続きを読む

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

2019年4月から順次働き方改革関連法が施行され始めていますが、今回は特に注目を集めている「罰則付きの36協定の上限設定」、いわゆる新36協定への変更についてご紹介します。 大企業は2019年4月から、中小企業は1年の猶予期間があるため2020年4月から適用されます。今一度新制度と旧制度の違いを確認し、制度を見直してみましょう。
続きを読む

2019年4月から始まる働き方改革関連法って何?これだけは知っておけ!2つの点

ここ数年で「働き方改革」という言葉をよく耳にするようになりましたね。実際に、働くことに関連した法律が年々変わってきています。その中でも、特に注目されているのが2019年4月に施行される「働き方改革関連法」というものです。
続きを読む

事例から学ぶハラスメント対策法!成功企業はこうやって防ぐ!

ここ数年企業でのハラスメントが問題になっています。ハラスメント問題は放置しておくと、後に企業にとって重大な損失になりかねません。今回は社内でのハラスメントをどのように防止すべきか、他の企業はどのように対策を講じているのか、ご紹介していきます。
続きを読む

新種のハラスメントが大量発生!注意すべきハラスメントの種類を厳選紹介!

最近急激に増加している○○ハラスメント。日常生活に限らず、職場でのハラスメントも大量発生しています。中には、昔はあまり問題視されていなかったハラスメントもあります。「知らなかった」では済まされない数々のハラスメントの中から、社会人として知っておくべきハラスメントを厳選してご紹介します。
続きを読む

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

2019年1月インフルエンザに感染した女性が駅のホーム下に転落し、電車に轢かれ死亡するという事件が発生しました。これにより、インフルエンザでも出勤しなければならないという企業の体質に対し、SNSを中心に疑問が広がりました。企業はより一層、従業員のことを考えた人材管理をする必要が迫られています。今回は、インフルエンザで従業員が休む場合は有給休暇扱いになるか欠勤扱いになるか、休業手当を支払う義務があるかどうか、また、家族にインフルエンザの人がいる従業員への対処、休職させる期間についてまとめてみました。
続きを読む

男女雇用機会均等法とは?ポジティブアクションの視点から見てみました!

「女性が活躍する社会」という言葉を聞くようになって久しいですが、現状はどうなっているのでしょうか?今回は、女性の活躍についてポジティブ・アクションの観点から見てゆきたいと思います。
続きを読む

年次有給休暇の義務化で企業はどう変わる?人事が準備すべきこととは?

2019年4月1日より、いよいよ働き方改革関連法が施行されます。働き方改革関連法の中でも、人事・労務担当者が検討すべき内容が「有給休暇の義務化」ですよね。今回はそんな有給休暇の義務化について、人事・労務担当者はどのように対応していくべきか考えていきましょう。
続きを読む

同一労働同一賃金で正規・非正規の壁がなくなる?

 働き方改革の一環として導入される同一労働同一賃金。そのガイドラインはどういった内容なのでしょうか。今回は、同一労働同一賃金とはどういった決まりなのか、また以前までと何が変わっているのかを見ていきます。
続きを読む

高度プロフェッショナル制度とは?対象やメリット・デメリットをまとめました!

「残業代ゼロ法案」とも揶揄される、高プロこと高度プロフェッショナル制度。一見、高給な人をひたすら働かせるだけにも見えるこの法案ですが、実際はどのような人が対象になり、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。今回はその3点にフォーカスして解説していきます。
続きを読む

働き方改革で労働時間はどう変わる⁉残業や有給についてまとめました!

いよいよ2019年4月から施行される「働き方改革関連法案」。これはどのような法案で、何が変わるのでしょうか。今回はその法案について、労働時間、特に残業、有給、勤務間インターバルの面からみてゆきたいと思います。
続きを読む

<人事担当者必見!>これを読めば分かる!育児・介護休業法とは?

最近、働き方改革という言葉を頻繁に耳にするようになりましたね。そのことから、企業における働き方も見直されつつある中で、特に注目されている単語の一つに育児・介護休業があります。そのことについて、まとめた法律が育児・介護休業法です。今回はこの育児・介護休業法についてまとめてみました。この法律は、どの企業もこれから密接に関わってくる法律なのでおさえていきましょう。
続きを読む

高齢者を雇用するなら知っておくべき法律!〜高年齢者雇用安定法って何?〜

近年、日本において働くことができる若い人材の数が減ってきていますので、特に中小企業なのですが、労働力に困っている企業が多いのではないでしょうか?そこで、高齢者の労働力がどの企業においても重要になってくるのですが、高齢者だからという理由で高齢者の方をぞんざいに扱ってはいけません。高齢者を雇用する際には高齢者の雇用のための高年齢者雇用安定法と呼ばれる法律があります。労働力として高齢者を採用しようと考えている企業や労働者が60歳に達して雇用を続けたいと考えている企業の方はぜひこの高年齢者雇用安定法について知っておきましょう。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ⑩〜労働契約法って何?〜

労働に関する法律のうち大半は戦後すぐに存在するものが多いですが、今回の記事の内容である労働契約法は2008年に施行された新しい法律です。これは、様々な働き方が生まれたことで、様々な人が働きやすくなった一方で、労働契約を個別で結ばされて不当な扱いをうけてしまっている人が増えてしまっています。その問題を解決するために労働契約について法律を作ったのが労働契約法です。一時期話題になりましたが、労働に関わる法律の中でも新しい部類でもあることからしっかりマークしていないという方もいるのではないでしょうか?そこで今回は労働契約法にスポットをあてて解説していこうと思います。労働者の方たちだけでなく、人事の方も経営者の方もこの法律は深く関わってくるので、おさえていきましょう。
続きを読む

【最新版】労働者派遣法~人事が知っておくべき法律シリーズ⑨~

皆さん労働者派遣法についてどれくらいご存知でしょうか?労働者にとっては多様な働き方・企業にとっては柔軟な人員確保のために生まれた特殊な雇用形態なので、細かいルールも多い労働者派遣事業。近年は派遣労働者の福祉や雇用の安定、キャリアアップを担保しやすい法改正が行われています。派遣先企業として派遣元企業や派遣社員とどう向き合うべきなのか。今「2018年問題」と話題になっている労働者派遣法について派遣先の企業が気を付けるべきポイントに絞ってまとめてみました。
続きを読む

~人事が知るべき「2018年問題」の全て~法改正に伴う注意点とは?新しい契約社員との向き合い方

2013年に施行された改正労働契約法と2015年に施行された改正労働者派遣法の影響が同時に現れる「2018年問題」。今年度対応に追われた人事の方も多いのではないでしょうか?労働者保護のための法改正ですが、企業としてはどのような対応が必要で、何に気をつければ良いのでしょうか?この記事では法改正の内容・無期契約社員との向き合い方についてまとめました。今一度改正内容を確認し、会社と労働者双方にとって適切な雇用関係を結んでいるか確認してみましょう。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ⑧〜労働組合法とは?〜

労働組合という組織は会社にとっても労働者にとっても重要な存在ですが、その労働組合のための法律について詳しくご存知ですか?労働組合がある理由についてはなんとなく理解しているけど、「労働組合とは実際にどう向き合っていけばいいのか?」「法律ではどんな対処が求められるのか?」が分からないという方がいるはずです。そこで、今回は労働組合法について知っておいた方が良いポイントをまとめておきました。労働組合法を知ることのメリットとして、労働組合が企業にある本来の意味を再確認出来ます。加えて、労働組合が取った行動に対してどうすればいいかなど労働組合に関する様々な重要ポイントについて知ることができます。「自分のところは規模が小さい会社だから、そこまで気にしなくて良い」なんて思わずに、むしろ中小企業こそ企業の魅力をあげるためにも労働組合法を必ず知っておきましょう。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ⑦〜障害者雇用促進法とは~

昨今では、障害者雇用の水増し問題が話題になっています。採用担当の人事の方なら、障害者雇用について考えたことのある方も多いのではないでしょうか?しかし、企業の法定雇用率や納付金制度の仕組みなど、少々複雑な内容となっています。そこで、今回は障害者雇用促進法の概要を、新たに改正された点や守れなかった場合の罰則なども踏まえてわかりやすくまとめてみました。
続きを読む

〜法律シリーズ番外編〜労働基準法で違反になるものとは?<経営者向け>

労働基準法とは働く上で避けては通れない法律の一つなので知っておく必要がありますが、実際は項目が多くて全てを把握できていない人も多いのではないでしょうか?しかし、労働基準法があやふやであることは経営者にとっても企業にとっても非常に危険です。ただ、罰せられるだけでなく、前科持ちとなってしまいます。そこで、今回は労働基準法でも違反行為を中心にまとめてみました。新しく起業した方も労働基準法を見直したいという経営者もぜひこの記事を参考にしてみてください。
続きを読む

社会保険 企業の保険料負担は今どれくらい?~人事なら知っておくべき法律シリーズ⑤~

 突然ですが皆さんは社会保険についてどれだけ理解しているでしょうか。現在少子高齢化に伴い話題となっている社会保障。どんな雇用条件の労働者に何が適用されるか、制度や保険料率の変更に伴い自社の負担はどれだけ変化するのか、などしっかりと整理して管理しておく必要があります。この記事では企業が負担する社会保険料の種類・手続き方法についてまとめてみました。短い時間でおさらいしてみましょう!
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ③~労働者災害補償保険法とは~

企業は従業員の労働災害に備える必要があり、人事担当者にとって労災保険の知識は必要不可欠です。今回は労災保険と密接に関係している、労働者災害補償保険法についてまとめていきます。
続きを読む

労働保険の手続き方法について~人事なら知っておくべき法律シリーズ⑥~

  正規・非正規に関係なく、労働者を雇用するときには労働保険料を負担する義務が発生します。いつまでに・どの機関へ申告や納付をすべきなのかこの記事を通してしっかりおさらいしましょう!
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ~プロローグ:労働法とは~

2019年4月から始まる働き方改革関連法って何?これだけは知っとけ!2つの点人事と切っても切り離せない関係にある労働関係の法令。しかし労働関係の法令は非常に複雑で分かりにくいものです。そこで今回から【人事なら知っておくべき法律シリーズ】と称し、複雑な労働関係の法令を分かりやすくまとめ、解説していきたいと思います。就業規則の作成など、日々の業務に役立つこと間違いなしです。
続きを読む

新卒採用担当者は知っておくべき!サクッと読める就活ルールの歴史

先日、経団連が正式に就活ルールの廃止を決定しました。今後は政府が主導となって就職活動の指針を決定していきますが、すでに21卒の学生については就活ルールの維持が発表されています。連日報道でも頻繁に取り上げられた就活ルールについてですが、よく考えるとそもそもいつから就活ルールがあるのか知らない!という方のために、今回は就活ルールの歴史を紐解いていきます。
続きを読む

採用担当者はこれを見よ!就活ルール廃止とどう向き合うか

就活ルールの廃止か? 先日、経団連の会長が1953年以来続いてきた”就活ルール”を見直すと発言しました。就活ルールといえば説明会解禁日と選考解禁日を定めるものですが、就活ルールの廃止は企業の採用活動をどのように変えるのでしょうか?
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ②〜パートタイム労働法とは?〜

どの業界においてもパート・アルバイトは非常に重要な存在となっています。特に今日においては人手不足がより進んでいるため、いまやパート・アルバイトの存在は必要不可欠です。もちろん労働力不足を補うメリットもありますが、正社員よりもコストが低く、また様々な人を雇用することが可能になるため、職場が活性化し、多様性が広がるというメリットもあります。そんな重要な存在であるパート・アルバイトですが雇用する際に気をつけなければならない点がいくつかありますが、その中でも今回は法律についてまとめてました。自分のところは大丈夫だと思っていても、思わぬ盲点がいくつも法律には存在します。今回の記事でパートタイム労働法についてわかりやすく解説します。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ①〜労働基準法とは?〜

今回は労働基準法についてまとめていきます。労働関連の法令の中でも基本の部分であり、重要な部分でもありますが、しっかりその内容を把握できていますか?基準法という部類ですが、法令である以上難しい言葉で書かれていて、読んだだけになっていませんか?そうなってしまうと決まりを守れていないということで違反になってしまいます。今回はそういった方のために労働基準法を分かりやすく解説していきます。人事担当者はこれを読めば人事に必要な労働基準法について理解できるでしょう。
続きを読む

速報!就活ルールの廃止によって起きる3つの変化とは?

 本日就活就活ルールの廃止を経団連会長が唱えていることで、新卒採用市場が大きく揺るがされています。長年日本の新卒採用市場に蔓延ってきた就活ルール(経団連「採用選考に関する指針」)が本当に廃止されれば、日本の新卒採用の現場は大きな変化を迎えることになります。今回の記事では就活ルールの廃止が新卒採用市場にもたらす変化について、採用の3フェーズである①募集②選抜③定着に分解してまとめてみました。
続きを読む

就活ルール廃止で雇用体系はどうなる?

先日、経団連会長がいわゆる就活ルールを廃止する意向を示しました。就活ルールは新卒採用のみならず、採用後の雇用体系についても大きな影響を与えているものです。今回は就活ルールが採用だけでなく、雇用体系にもどのように影響を与えると予想できるかについて見ていきましょう。
続きを読む