働き方改革の記事一覧

【目的別】中小企業向けの雇用関係助成金まとめ

人手不足に悩んだら制度をうまく利用して、多様な労働者を雇用したり、労働力の向上を目指してみてはいかがでしょうか?本記事ではキャリアアップ助成金や特定求職者雇用開発助成金、両立支援助成金など、中小企業が取り入れやすい助成金や制度をまとめてみました。
続きを読む

あなたの企業、定年制廃止して大丈夫?定年制廃止の3つのメリット・デメリット

  働き方改革や、圧倒的な人手不足が話題となっている今、定年制の見直しについて検討している企業は多いのではないでしょうか。定年制は企業の従業員が一定の年齢に達したことを理由に退職、雇用契約を終了させる制度のことです。日本では60歳を定年としているのが一般的ですが、近年では定年を65歳まで延長していたり、定年制を廃止している企業が増えてきています。既に定年を延長している企業でも、今後廃止を考えている企業は多いはずです。そこで、この記事では定年制廃止のメリット・デメリットについてまとめてみました!
続きを読む

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

本記事では働き方改革関連法案の中でも注目を集めている、36協定(通称サブロク協定)の新様式についてご紹介します。中小企業は「2020年4月以降の期間を定めた36協定」の変更が必要になります。今回の変更では新様式の導入・上限の設定・健康措置の義務化の3点が注目ポイントとされています。新制度と旧制度の違いを確認し、労働時間の管理方法について見直しましょう。
続きを読む

リモートワークのメリット・デメリットは?導入企業がホンネを語る!

働き方改革、女性活躍が推し進められているこの時代。企業側としては、いち早く理想的な労働環境を完成させ、優秀な人材の獲得に繋げたいものですよね。中でも、働き方改革の一環として注目を浴びている働き方はリモートワークです。日産自動車やヒューレットパーカッド(HP)など、導入企業も少しずつ増加しています。 今回は、リモートワークを取り入れた弊社HR Force のホンネを紹介し、リモートワークのメリットとデメリットに迫ります。 
続きを読む

人材獲得競争を勝ち抜くための「採用マーケティング」とは

    「採用マーケティング」を自社でも導入して、求めている人材を獲得したいと考えている採用担当者も多いのではないでしょうか。少子高齢化の一途をたどる日本においては、自社に合った人材を求め、採用競争が激化しています。企業にとっては採用マーケティングは会社の生命線ともなるものです。そこで、採用マーケティングが普及し始めた時代背景や求職者の多様化についてご紹介します。
続きを読む

採用代行(RPO)とは?おすすめサービスを徹底比較!

 採用代行(RPO)とは、企業の採用活動にまつわる業務の全てまたは一部を外部に委託することです。英語では、「Recruitment Process Outsourcing」略して「RPO」と言います。採用難、採用業務の煩雑化を背景に、注目度が高まる採用代行(RPO)のメリット3つは「高い専門性を持ったプロに採用代行を頼める」「コア業務に集中できる」「コスト削減」!さらに、採用代行(RPO)おすすめサービス10選もご紹介します!
続きを読む

働き方改革の成功事例集!改革成功の秘訣とは?〜大企業編〜

”働き方改革”の中でも特に従業員の関心の高い労働時間や休暇に関する成功事例を取り上げました。日本を代表する大企業の取り組みだけでなく、改革成功の秘訣も紹介していきます。
続きを読む

ヤフー、ソニー、リクルート……「サバティカル休暇」導入のポイントと導入例7社

休暇中の社員の成長を促す、サバティカル休暇。「自社でも導入したいけれど、導入にあたって注意すべきポイントは?」「他社ではどのように導入されているの?」という疑問にお答えすべく、今回はサバティカル休暇を導入するポイントと、実際の企業事例をご紹介します。
続きを読む

働き方改革の成功事例集!改革成功の秘訣とは?〜中小企業編〜

 2019年4月に施行される「働き方改革関連法」。改革を推し進める大企業が続々と登場しています。一方で中小企業はというと、具体的な施策を打ち出すのはこれからだというところが多いのではないでしょうか。しかし、働き方改革に対する消極的な姿勢は、長期的に考えると非常に大きな危険性を孕んでいます。 そこで、中小企業の働き方改革の成功事例と働き方改革成功の秘訣をまとめてみました。
続きを読む

Remottyの評判は?導入企業が語る3つのメリット・デメリット

現在、日本における労働力の低下並びに労働人口の減少を背景に、働き方改革が急速に広まっており、リモートワークやテレワークの導入を検討している企業も増えています。これに合わせ、リモートワークをより円滑にするサービスが次々と開発されました。しかしその一方で、どのサービスを活用するべきか悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。  そこでこの記事では、近年注目のRemotty(リモティ)のメリット・デメリットを様々な導入企業の口コミから分析していきます。
続きを読む

【厳選】【導入要因別】リモートワーク・テレワークにオススメの管理ツールを比較してみた

働き方改革の一環として、リモートワークやテレワーク、在宅勤務などの社外で仕事を行う働き方が注目を集めています。優秀な人材の確保ができたり、社員の生産性が向上したりという成功事例を耳にし、自社でも取り入れてみようと考えている人事担当の方も多いのではないでしょうか。 しかし、一言にリモートワーク管理ツールといっても種類が多く、ツールの選定が難しいのが現状です。そこで今回は、導入の要因別に厳選したリモートワーク管理ツールを比較してみました。
続きを読む

年次有給休暇の義務化で企業はどう変わる?人事が準備すべきこととは?

2019年4月1日より、いよいよ働き方改革関連法が施行されます。働き方改革関連法の中でも、人事・労務担当者が検討すべき内容が「有給休暇の義務化」ですよね。今回はそんな有給休暇の義務化について、人事・労務担当者はどのように対応していくべきか考えていきましょう。
続きを読む

【2020年4月施行】同一労働同一賃金で正規・非正規の壁がなくなる?

 平成30年の労働者派遣法の改正により、2020年4月から同一労働同一賃金が導入されることになりました。人材派遣会社・派遣社員に頼っている企業は要注意!どのようなガイドラインが設けられ、どちらの企業がどれだけ席にを追う必要があるのでしょうか。今回は、同一労働同一賃金とはどういった決まりなのか、また正規雇用者と、非正規雇用者との違いについても解説していきます。
続きを読む

高度プロフェッショナル制度とは?対象やメリット・デメリットをまとめました!

「残業代ゼロ法案」とも揶揄される、高プロこと高度プロフェッショナル制度。一見、高給な人をひたすら働かせるだけにも見えるこの法案ですが、実際はどのような人が対象になり、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。今回はその3点にフォーカスして解説していきます。
続きを読む

働き方改革で労働時間はどう変わる⁉残業や有給についてまとめました!

いよいよ2019年4月から施行される「働き方改革関連法案」。これはどのような法案で、何が変わるのでしょうか。今回はその法案について、労働時間、特に残業、有給、勤務間インターバルの面からみていきたいと思います。
続きを読む

介護業の外国人採用を考えるあなたに!2019年新設「特定技能」とは?

外国人労働者なしには成り立たない日本の介護業。介護現場での人手不足は、高齢社会の進行とともに更に深刻化すると考えられており、厚生労働省の調査によれば2025年には34万人、経済産業省の調査によれば更に多い68万人の人手不足が見込まれています。  そのような中で、政府は人材不足対策として外国人の労働力を活用する新たな政策方針を決めました。介護現場が抱える課題とともに今後どのように外国人材受け入れを進めていくのか、考えていきたいと思います。
続きを読む

【2020年4月施行】同一労働同一賃金とは?具体的に解説!

働き方改革を推し進めるため昨今、国内では次々と新しい法案や制度が導入されています。実際に「働き方改革関連法」が、2018年6月29日に成立し、大企業では2020年4月、中小企業でも2021年4月から正式に導入されます。「働き方改革関連法案」に付随する同一賃金同一労働について皆さんご存知でしょうか。 これまでの日本の雇用形態では正社員などの正規労働者と派遣やパート、アルバイトなどの非正規労働者では同じ仕事内容や責任でも、給料や待遇に差があり正規労働者の方が優遇されている場合が多くありました。同一労働同一賃金は、これらの待遇格差の解消を目的とした点が注目されています。 今回は同一労働同一賃金の詳しい内容と企業が行うべき事前準備について詳しくみていきましょう!
続きを読む

ティール?ホラクラシー?今、あなたに知ってほしい新しい働き方!

 グローバル化が進み外国人労働者も増え、より一層新しい働き方が注目されています。今回はそんなこれからの日本を生きるあなたに知ってほしい、新しい働き方である「ティール」と「ホラクラシー」をご紹介します。
続きを読む

~人事が知るべき「2018年問題」の全て~法改正に伴う派遣社員・契約社員との向き合い方

2013年に施行された改正労働契約法と2015年に施行された改正労働者派遣法の影響が同時に現れる「2018年問題」。今年度対応に追われた人事の方も多いのではないでしょうか?労働者保護のための法改正ですが、企業としてはどのような対応が必要で、何に気をつければ良いのでしょうか?この記事では法改正の内容・無期契約社員との向き合い方についてまとめました。今一度改正内容を確認し、会社と労働者双方にとって適切な雇用関係を結んでいるか確認してみましょう。
続きを読む

離職率の高い企業の特徴とは?圧倒的に離職率を下げる方法〜厳選〜

せっかくお金をかけて採用したり、新人教育を行ったりしたのになぜかやめられてしまう、、、なんてことはありませんか?近年は特に求人倍率が上がってきているので、採用できた人材がすぐに離職されてしまうと労働力が少なくなってしまうだけではなく、再び人材確保のための採用活動を行う必要があることに加えて採用しにくいのが現状です。その場合、採用にかかる費用や新人教育などの予定にはなかった費用やそれらを行うための時間がかかってしまいます。また一体どれだけの割合で離職しているのかというと大卒就職者のうち3割以上が3年以内に辞めてしまっているのです。特に規模が小さい中小企業は離職率が高まっている傾向があります。景気がよくなれば離職率も減るのではないのかと考える人もいると思いますが、残念ながらこの離職率は10年以上さほど変化はありません。そのためこれから先も離職率と向き合っていくことが求められます。今回はこの企業が抱える離職率問題を改善するべく、離職率が高くなってしまう企業の特徴と離職率を減らす改善策についてまとめてみました。
続きを読む

職能給と職務給 ~中途採用・転職者をつかむ評価制度とは~

  雇用が流動化し、従来の終身雇用制度が瓦解しつつあり、中途採用に力を入れる企業が増えています。それに伴い、終身雇用制を前提とした職能型の賃金から、能力主義の職務型の賃金へと転換する動きが出ているのです。 本記事ではまず転職者側からみた給与の在り方、そして職能型と職務型それぞれの制度の歴史的背景やメリット・デメリット、給与水準の設定の仕方についてご紹介します。
続きを読む

理想的な働き方とは?HR Forceの働き方改革~株式会社HR Force代表取締役の高山奨史さんインタビュー part2~

  働き方改革が推奨されるようになってから、はや三年。多様な働き方が認められるようになってきた現代において、企業としてどのように対応していくのか。HR Force代表の高山奨史さんへのインタビュー第二弾です! ※第一弾記事は【理想的な働き方とは?HR Forceの働き方改革~株式会社HR Force代表取締役の高山奨史さんインタビューpart1~】
続きを読む

理想的な働き方とは?HR Forceの働き方改革~株式会社HR Force代表取締役の高山奨史さんインタビュー part1~

「一番いい時間に一番いい場所で、一番得意な仕事をする」 まるで理想的な、そんな働き方ってできるのでしょうか?株式会社HR Force代表取締役の高山奨史さんは、成果を出せば、働き方にはこだわらないそうです。そんな高山さんに、HR Forceでの働き方について、語っていただきました。
続きを読む