採用手法の記事一覧

【たったこれだけ】やらなきゃ損!採用ブランディングの始め方

人材獲得競争が激化している昨今、「採用ブランディング」が有効な採用手法として注目を集めています。今回は、「採用ブランディングは実は簡単、やらなきゃ損」と語る元船井総研 採用コンサルタントの渥美祐輔さん(現HR Force人事)にお話を伺ってきました。採用ブランディングってそもそも何?採用ブランディング成功の秘訣や事例を知りたい!という疑問にお答えしていただきました。
続きを読む

採用担当者必見2019最新版採用活動の振り返り方法

今年度の採用活動も終わり、採用の振り返りを行おうとしている採用担当の方も多いのではないでしょうか。採用活動が終わるたびに振り返りを行っているが、結果に繋がらないといった採用担当者のために効果的な採用の振り返り方法をご紹介します。
続きを読む

グループ9社での統合採用へ。リクルートから読み取る採用の変化

  リクルートが19卒から統合採用や通年採用、30歳まで応募可能といった様々な特徴のある方法での採用を開始し、注目されています。リクルートに限らず、新しい採用方法を検討する企業は増えています。今が採用方法について改めて見直す時ではないでしょうか。今回はそんな新しい採用方法について、メリット・デメリットをあげて紹介していきます。
続きを読む

3分で分かる!外国人労働者の受け入れ拡大 〜背景から成功事例まで

  2019年4月、外国人労働者の受け入れ拡大がスタートしました。新しい制度「特定技能」のもとで始まった新制度。その背景とは?外国人を採用するメリットは?外国人を受け入れた実際の事例は?など全てを一気にご説明します!今から3分の間で外国人労働者の受け入れについて学んでいきましょう。
続きを読む

「新卒一括採用は止めた」ヤフーに学ぶ通年採用という採用方法

  最近の採用状況を見ると、優秀層の学生や、何か光るものを持っている学生の争奪戦が、企業によって繰り広げられています。ですが、留学などの課外活動などで、従来の就活スケジュールに自身のスケジュールを合わせられない学生も多くいます。通年採用なら、学生のスケジュールに企業側が柔軟に対応でき、優秀な人材を獲得できます。そんな通年採用について、これまでの新卒一括採用と比較しながら特徴を解説します。  
続きを読む

中小企業に最適!7種類の適性検査と測定できる能力をまとめてみた

いよいよ、2021卒の学生が就活に向けて動き出す時期となりました。人事のみなさん、自社のほしい人材を獲得する準備はできていますか?中小企業は、採用に使えるリソースが限られている中で、より自社にフィットする人材を選ばなければなりません。適性検査は効率的に採用候補を決める上で有効ですが、数が多すぎて、どれを導入すれば良いか迷いますよね。そこで今回は、初期費用がなく、1名から導入できる適性検査サービスを紹介します!
続きを読む

採用担当者なら知っておくべき「採用マーケティング」

    「採用マーケティング」を自社でも導入して、求めている人材を獲得したいと考えている採用担当者も多いのではないでしょうか。少子高齢化の一途をたどる日本においては、自社に合った人材を求め、採用競争が激化しています。企業にとっては採用マーケティングは会社の生命線ともなるものです。そこで、採用マーケティングが普及し始めた時代背景や求職者の多様化についてご紹介します。
続きを読む

【2019年最新版】20卒就活動向から見る就活の変化

  平成時代を通して、就職活動の形態や、学生の就職に対する価値観が変化しています。そして、いよいよ平成時代最後の2020年新卒の就職活動も、中盤に差し掛かりました。本記事では、最新の2020年新卒の就活事情を紹介するとともに、新しく始まる令和時代の就活にどのように準備をするべきか、いくつかのポイントを紹介します。こちらのポイントさえ押さえておけば、新時代の採用活動への準備は万端です。
続きを読む

採用代行(RPO)とは?おすすめサービスを徹底比較!

 採用代行(RPO)とは、企業の採用活動にまつわる業務の全てまたは一部を外部に委託することです。英語では、「Recruitment Process Outsourcing」略して「RPO」と言います。採用難、採用業務の煩雑化を背景に、注目度が高まる採用代行(RPO)のメリット3つは「高い専門性を持ったプロに採用代行を頼める」「コア業務に集中できる」「コスト削減」!さらに、採用代行(RPO)おすすめサービス10選もご紹介します!
続きを読む

採用はアプリで行う時代!?新卒採用アプリで採用をよりスムーズに!

近年、インターネットが普及したことで様々なことが変化していますが、採用手法もその例外ではありません。紙媒体の採用広告から、インターネット求人やSNS採用まで運用される時代になりました。その中でも、ここ最近で徐々に知名度をあげてきている採用手法が採用アプリです。知名度が上がっている理由としては、採用アプリを運用することで受けられる恩恵が多いからです。とはいっても、実際は採用アプリについてよく知らない方が多いのではないでしょうか?
続きを読む

就活ルール撤廃後の理系学生採用はどうすればいい!?理系学生を採用する最強ノウハウ

インターネット業界やそれに伴ったテクノロジーの進化によって、理系学生の存在が今まで以上に重宝されてきています。様々な企業が理系学生を採用したい中、少子化やそもそもの理系学生数の減少により、理系学生の採用倍率が高まっています。加えて、近年の多くの学生は大手志向であることから、中小企業にとって理系学生を採用することが非常に難しくなってしまいました。
続きを読む

リファラル採用の成功事例とは?サイバー・メルカリ・Freeeから学べること

最近採用市場で話題となっているリファラル採用。しかしリファラル採用はまだまだ成功例が少なく、導入に一歩踏み出しにくいのが現状です。今回はそんなリファラル採用について、成功ポイントや、実際の企業での成功例と共に解説していきます。
続きを読む

合同説明会成功のカギとは?ブースを満杯にするために、学生のホンネからわかる準備すべきこと

2月に入り、春の合同説明会に向けて準備を始めている企業も多いのではないでしょうか。「いつも通りの段取りで~」と思っているあなた!今までその段取りで、本当に満足いく採用結果が出ていますか。もしくは、今までの段取りで今年も採用が上手くいくと思っていますか。 合同説明会が上手くいくには、学生の本音を理解することが必要不可欠です。今回の記事では、現在就職活動中である筆者の本音も交えつつ、有意義な合同説明会の設計について考えていきます。
続きを読む

外国人留学生のアルバイト採用 面接をする際のポイント・必要な手続きとは?

グローバル化が進んだ昨今の日本社会では、外国人留学生をアルバイトとして採用する会社や店舗は増えてきています。採用担当者ならアルバイトの面接で留学生の対応をすることもあるでしょう。留学生アルバイトを雇うとき、違法での採用は重い処罰が科され、事件に繋がってしまう可能性もあります。今回は留学生をアルバイトとして採用する際に、事前に確認しておきたい手続きや必要な知識についてまとめました。
続きを読む

欧米に遅れない!博士採用のすすめとそのメリットとは?

博士というと...「専門分野ばかり極めていて、専門以外のことに対応できない」「コミュニケーション能力や協調性が低そう」などネガティブなイメージが先行してしまっている日本。一方、欧米では博士を積極的に採用する企業が多く、重役に就く博士も多いそう。今回は、博士を採用するか悩んでいる方や博士の採用や活用に興味がある方に、博士を採用するメリットやどうしたら上手く彼らの能力を活用できるのかをご紹介します。
続きを読む

建設業の人手不足を解決へ!外国人労働者を雇用する新たな方法「特定技能」とは?

人手不足が叫ばれる建設業。オリンピック特需だけでなく、災害復興やリニア新幹線などのインフラ刷新、耐震工事など高需要はまだまだ続く見込みとなっています。若年層の人口減少が止まらない中、人手不足の解決方法として注目を集めるのが外国人労働者です。 本記事では、2019年4月に新たに設置される外国人在留資格「特定技能」に着目し、建設業で今後どのように外国人労働者を雇用していくかを考えていきます。
続きを読む

いかに優秀な人材を見抜くか? 面接官に考えて欲しい4つの項目

いかにして優秀な人材を採用するか? それは企業にとって永遠のテーマですよね。優秀だと思って採用したのに… 会社の発展につながらないという事例は、企業の規模を問わず発生します。そこで今回は、いかにして応募者の資質を見抜くか、その心得について考え直してみました。
続きを読む

企業は求職者に「選ばれる」もの。求職者に選んでもらう企業になるために

採用活動を進めていく中で、面接で企業側が求職者を「選んでいる」というように思い込んでしまうことはありませんか?企業が求職者を選ぶという考え方では、採用活動は長い目で見ると上手く機能しません。今回はそんな考え方を改め、求職者に選ばれるための方法や、採用に至らなかった求職者との良い関係の築き方についてご紹介します。
続きを読む

外国人採用の成功企業事例 7選!

少子化による労働人口の減少により、人手不足で倒産に追い込まれる企業も少なくありません。人手不足が深刻化する昨今、外国人労働者が新たな労働力として見直されています。また、政府では働き方改革を推進し、日本人の労働時間短縮を図るためにも、外国人労働者を国内に招き入れようという動きがあります。今後は一層、外国人労働者が主要な戦力となってくるでしょう。そこで今回は、すでに外国人労働者を戦力として活用している企業の成功事例を集めてみました。
続きを読む

損?得?人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)のメリット・デメリット

人材不足を背景にした国内企業の倒産は、2018年1月から11月で362件に登り、過去最多を更新しました。企業が倒産を免れるためには、従業員の労働条件改善や新たな評価制度の導入によって離職率を下げ、人材の確保をする必要があります。このような状況を受け、政府は「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」を設定しています。人事なら知っておきたい、新たな人事評価制度の導入の際に利用できる「助成金制度」についてみてみましょう。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ④〜労働安全衛生法とは?〜

今回の記事の内容は労働基準法とセットで人事担当の方には大切な「労働安全衛生法」についてまとめていきます。名前を見るからに労働の安全と衛生を管理するための法律だと考えている人もいると思います。確かに名前の通りで、労働環境の安全と衛生を管理するような法律でありますが、労働に関する法律の中でも特に項目が多いこともありますので、見落としてしまう点が多々あります。そのため、今回は労働安全衛生法の重要な点をまとめて、それぞれの重要な項目についてを分かりやすく解説していこうと思います。第〜条と書かれていますが、法律辞典などで調べる際に目印にもなっていますのでぜひ活用してください。
続きを読む

通年採用を始める前に知って欲しいメリット・デメリット

日本では新卒採用と言えば、一時期に集中して行われる一括採用が一般的です。ところが最近では通年採用を実施している企業も増えています。 自社でも通年採用を実施するかお悩みの方のために、今回は通年採用のメリット・デメリットをまとめていきます。ぜひ、通年採用を導入する際の検討材料にしてみてください。
続きを読む

新卒採用はダイレクトリクルーティングで!ナビ頼りはもう古い?!

ナビ頼りの現状 リクナビ・マイナビ等就活ナビサイトは、就活生にとっては就職活動の入り口とされてきました。企業側もそんな学生たちの実情を知っているため、ナビサイトへの募集掲載を長く行ってきたことと思います。しかし最近ではナビサイトへの登録を行わない、登録はしたがほぼ見ないという学生が増えてきています。
続きを読む

採用を変えたいあなたに。ユニークなだけじゃない、ユニーク採用8例

「新しい採用始めようかな・・・」 2019年度入社新卒社員の採用も一段落し、今回の採用を踏まえ、新たな採用方法を考えようと悩む企業もあるのではないでしょうか。採用はこれからの企業の未来を創っていく人材を選ぶという点で、企業の未来に繋がる極めて重要な任務と言えます。自社の未来を考え、人材に多様性を求める企業は多いのではないでしょうか。 しかしながら、「多様な人材を採用したい」と思っていながらも、現実にはエントリーシート→面接、というような定番の採用方法をなぞるだけ……になっていませんか。従来の採用方法に終始していては、新たな人材の採用は難しいと言えます。新たな人材を確保するには、新たな採用が必要です。 今回は新しい採用方法を模索する方のために、一風変わったユニークな採用を行っている企業の事例をご紹介します。自社の新しい採用を考える上で、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
続きを読む

知っておくべき長期インターンシップのメリット・デメリット!人事は導入前にはこれを読め!

長期インターンシップって? 近年の採用活動においてインターンシップがトレンドとなっています。短期インターンシップは短期間であるが故に、大学3年生の参加者が多いことが特徴ですが、長期インターンシップは学年に関係なく参加します。学生にとっては長期間働くことで、短期インターンシップと比較しよりに長期的な視点で事業を見つめることができるため、短期では物足りないという学生に人気です。
続きを読む

どうする?短期インターンシップコンテンツ

「インターンシップ開催したいけど、インターンシップってどうすればいい?」 インターンシップには、選考方法・コンテンツなどに色々なパターンがあります。よく分からないまま始めるのは厳禁!この記事を読めば、定番のパターンが分かるはず。
続きを読む

留学経験者の採用は別フローで!留学生採用の手引き

「留学経験者を採用したいけど・・・」 グローバル化が進む現代において、グローバル事業の展開を図ろうと留学経験者の採用を考えている企業が増えています。留学経験者の採用は、彼らの就活スケジュールに合わせた採用フローを構築する、など通常の採用とは別に工夫をする必要があります。留学経験者を採用するための効果的な方法がわからない!というお悩みのために、今回は留学経験者の採用で事業のさらなるグローバル展開を図る皆さんへ向けた記事になっています。
続きを読む

新採用手法!HR techが採用のジョーシキを変える!

昨今は「×Technology」に注目が高まっており、人材業界では「HR tech」がトレンドとなっています。HR techは採用現場の課題をテクノロジーで解決し、あらゆる面で採用市場に好影響を及ぼすことは必至です。今回はそんなHR techの導入を検討している方向けの記事です。
続きを読む

なぜ辞める?なぜ定着しない?新卒入社3年以内に離職の理由

新卒3年以内離職のリアル 就職活動という荒波を乗り越えるも、折角就職した会社を3年以内に辞めてしまう新入社員の多さが問題となっています。最新のデータによると就職後3年以内の離職者の割合は32.2%です(平成29年 厚生労働省発行「新規学卒者の離職状況」下記データより)。すなわち、現状では実に3人に1人が3年以内に離職しています。年次ごとに見ていくと、入社1年以内の離職者はおよそ1割、2年以内では2割、3年以内では3割となっています。しかしこの傾向は過去およそ30年間変化しておらず、長い間解決されていない問題です。
続きを読む

知ればさらに良くなる!インターンシップ生採用のポイント

最近流行りのインターンシップ インターンシップを導入する企業は増加の一途をたどっており、2017年10月16日付日本経済新聞朝刊によると、インターンシップを実施している企業が全体の9割にも上っています。そんなトレンドとなっているインターンシップですが、企業側がインターンシップ実施効果を理解して行う場合と、ひとまずやってみようというモチベーションの場合とでは、インターンシップ実施による効果は全く異なります。効果的なインターンシップ生の採用を行うためには、これからご紹介するポイントを踏まえ、明確に狙いを定めることが重要です。
続きを読む