hr頻出用語の記事一覧

採用におけるCXとは?候補者に寄り添い、採用につなげよ!

有効求人倍率が高く、求職者が集まらない時代。求職者にとって大切な待遇や条件は変えられないから人が集まらない、とあきらめていませんか?CX=採用候補者体験をアップデートすれば採用が変わるかも?インターネット時代の採用戦略を徹底解説します!
続きを読む

「転職口コミサイト」の影響力と人事が出来る対策法【HR頻出用語解説】

  最近増加している求職者向けの口コミサイト。実は転職活動に大きな影響を与えていることはご存知ですか?今回は転職口コミサイトの実態や転職者の閲覧目的・自社の採用活動への影響・人事が出来る在職者&離職者への口コミ対策を徹底解説いたします!
続きを読む

「未活用労働指標」と「縁辺労働力」1分でHR頻出用語を解説!

総務省が2018年に導入した、これまで活用されてこなかった労働力を示す「未活用労働指標」。具体的にどんな人?それっていわゆる「縁辺労働力」のこと?活用するってどうやって?1分で「未活用労働指標」と「縁辺労働力」の関係性と労働力活用の方法を解説します!
続きを読む

「FTE」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

FTE(フルタイム当量)とは、Full-Time Equivalentの略で、組織や業務の人員の規模を表す単位のことです。今回は、FTEの意味について1分で解説していきます。
続きを読む

「HPI」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

HPI(Human Performance Improvement)とは、個人と組織のパフォーマンスの改善・向上を支援する人材・組織開発の方法論のことです。今回は、HPIの意味について1分で解説していきます。
続きを読む

「エバンジェリスト」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

エバンジェリスト(エヴァンジェリスト)とは、IT業界で注目されている新しい職種、あるいはその役割を担う専門人材のことです。今回は、エバンジェリストの意味について、1分で解説していきます。
続きを読む

「セカ就」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

セカ就とは、日本国内のキャリアにこだわらず、世界全体を労働市場として強く意識して就職活動を行うことです。今回はセカ就の意味を1分で簡単に解説していきます。
続きを読む

「親子就活」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

親子就活とは、子供の就職活動に親が積極的に関わる状態を指します。今回は親子就活、また類語「オヤカク」の意味について1分で解説していきます。
続きを読む

「縁故採用」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

縁故採用とは、社員や知人の紹介によって、求職者が採用される手法のことです。縁故採用について1分で解説していきます。
続きを読む

HOHO(ホーホー)の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!

HRでの頻出用語「HOHO(ホーホ)」とは、自宅にオフィスを構えて在宅で働くワークスタイルのことです。HOHOの意味について1分で解説していきます。
続きを読む