【21卒大学生必見!】就活ルールの廃止で就活はどう変わる?生き残る為にするべき事とは?

2018年10月9日、経団連(日本経済団体連合会)が2021年春入社の学生から既存の「就活ルール」を廃止することを発表しました。

2021以降卒業予定の大学生で、ルール廃止について不安に思っている人も多いと思います。

今回はそんな就活ルールの廃止についてと、廃止による今後の就活の変化について解説していきます!


 


そもそも就活ルールとは?


「就活ルール」とは、経団連が企業に対して求めている「採用選考に関する指針」です。

経団連発表の「採用選考に関する指針」はこちらから


上のリンクが経団連が公式に発表しているものになりますが、まとめると下記のようになります。

  1. 公平・公正で透明な採用の徹底に努める

  2. 採用選考活動では、学校教育と学習環境の確保に協力し、大学等の学事日程を尊重する
  3. 学生が学業に専念する時間を確保するため、採用選考活動は指定の期間で行う
    1. 広報活動(説明会など): 卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
    2. 選考活動(面接と試験): 卒業・修了年度の6月1日以降
  4. 正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降
  5. 多様な採用選考機会の提供に努める

この5つが経団連の「採用選考に関する指針」、いわゆる就活ルールとなります。

今までは企業がこれに合わせて採用のスケジュールを組んでいました。



就活ルール廃止の経緯


ではなぜこの就活ルールが廃止されることになったのでしょうか。

その主な要因は二点あると考えられています。

1.新卒一括採用において就活ルールが形骸化している

文部科学省の2018度「就職・採用活動に関する調査」によると、6月より前に選考活動を開始した企業、つまりルールを守っていない企業が62.4%に上ります。

2.通年採用を行う企業が増えてきた

リクルート、ファーストリテイリング、ソフトバンク、DeNAなどの大手企業は通年採用を導入しています。

経団連はこのような企業側の変化に対応するために就活ルールの廃止を決定したと言われています。

また、経団連がルール作りをすることに対する違和感もあったようです。

実際に経団連の会長は記者会見で「日本の現状を見れば、何らかのルールが必要ではあるものの、経団連がルールづくりをしてきたことに抵抗感があるというのが、ほとんどの副会長の認識であった。」と述べています。



経団連の就活ルール廃止の後


21卒以降の学生にとって気になるのが、経団連の就活ルールが廃止されることで就活がどうなるか。

ところが、経団連が就活ルールを廃止するものの、21卒には現行の就活ルールを維持するとの方針を政府が発表しています。

22卒以降のルールに関しては政府主導で議論を行うようです。

つまり、ルールの担い手が経団連から政府に変わるだけでルール自体は維持されます。

では学生の就活は経団連のルール廃止だけでは何も変わらないのでしょうか。

採用の現状などを考えるとこれに対してはほぼ確実にNOと言えるでしょう。

就活ルール廃止の要因でも述べたように、ルールよりも早期に選考を行う企業は多く、また通年採用を行う企業も増えています。

この就活の早期化の流れは今後もしばらく続くと思われます。

というのも、経団連の就活ルールにしろ、恐らく政府主導で作る就活ルールにしろ、守らないことによる罰則がないからです。

どの企業にしても、どうせ採用するのであれば優秀な学生が欲しい。

「どれだけ早く優秀な学生を確保できるか」、という争奪戦になります。

となると、罰則のない就活ルールを守るのは損です。

このようにして、就活の早期化は今後もある程度続くと考えられます。



就活の変化に対応するために学生がすべきこと


早期化する就活に対応するために学生がすべきことはなんでしょうか。

その答えは経団連会長がルール廃止を打ち出した際の発言の中にあります。


「今後の議論において重要なことは、大学の教育の質を高めることである。

学生の学修時間が世界的に見て不十分との認識をもっており、未来投資会議ではそうした大学教育に関する本質的な議論をしたい。

他方、企業側にも反省点はある。すでに多くの企業が新卒一括採用のみならず、中途採用などを行っているが、学生にどのような勉強をしてほしいのか、入社後のキャリア形成をどう用意しているのか、などといった具体的な事柄について、これまで企業から社会全体に十分に伝えてこなかった。」


これが中西会長の発言の一部です。

この発言から、

・学生の学修時間が不十分であり、その内容も満足できるものでない

・入社後のキャリア形成を学生が考えられていない

という中西会長の学生に対する問題意識が伺えます。

逆に言えば、学修時間・内容ともに十分で、入社後のキャリア形成を自分で調べ・考えられる学生が企業に求められていると言えます。


実際に、大学生の勉強時間に関して、日本の大学生の学修時間は米国の大学生に比べると非常に短いです。

キャリア道場_就活ルール廃止_勉強時間

(出典:大学経営・政策研究センター「全国大学生調査」)


中西会長はこの二つの問題点を「企業側の反省点」としています。

だからこそ自力でこの二つを克服することで、他の学生とは一線を画した優秀な学生として就活に挑むことができます。

変化する就活に対応するために学生に求められることは、

・学修時間とその内容を充実させること

・入社後のキャリア形成について、企業の情報などを調べた上で考えること

の二つなのではないでしょうか。



まとめ


活ルールは、担い手が経団連から政府に変わるがルール自体は維持される

・優秀な学生の争奪戦となり、早期化する就活

・学生は学修時間と内容の充実、入社後のキャリア形成に関する思考が要求される

ということになります!

 

21卒以降は就活が大きく変わる世代であると言えます。

変化に対応するためにも、早くから就活対策することを意識していきましょう!

 

キャリア道場 編集部 近藤佳大

テクノロジー×マーケティング戦略で大成功!急成長ベンチャーのヒミツ

<各会場50名限定!初公開!HR領域の急成長ベンチャーによる「これからの時代の勝ち方」がわかるボードゲーム型インターン!>

わずか2年で導入5,000社を越え、年商26億円を突破し、市場推定価値334億円の企業になった船井総研発のベンチャー企業・㈱HR Forceのヒミツをお伝えする1dayインターン開催決定!

HR Forceはindeedをはじめとした採用広告の運用、世界初のAI採用プラットフォームの運用・開発を行っており、今日本の人材業界で最も注目を集めている会社です。

「人材業界特化型ビジネスボードゲーム」を用いてHR領域の最先端・AIやデータ活用・時代を生き抜くマーケティング戦略をお伝えいたします。人材領域・コンサル・テクノロジーに関心のある成長意欲が高い学生必見!を徹底解説します!詳細・応募はこちらをクリック。短期インターン

お知らせ 株式会社HR Forceでは長期インターン生・新卒を大募集中!

 

株式会社HR Force「テクノロジーで働くを変える」というビジョンを掲げて、ダイレクトリクルーティング事業という採用に関わる事業を運営しています。

社長の高山は、船井総研ホールディングスで歴代最年少社長(36歳)

具体的には、indeedをはじめとした採用広告の運用、世界初のAI採用プラットフォームの運用・開発を行っており、今日本の人材業界で最も注目を集めている会社なのです。

2018年にできたまだ歴史が浅いベンチャー企業ですが、なんと1期目の売り上げは10を突破!

indeedのゴールドパートナーとして世界一の実績を誇ります。

そんなHR Forceは、実践型長期インターンシッププログラム【丸の内マーケティング大学(通称MMU】を開講中!

20校以上、90名を超えるインターン生が在籍し、大学生活では体験ではないリアルなビジネスを実践する場を提供しています。

具体的な職種は、自社のメディアを立ち上げ運用する「メディアクリエイター」

クライアントのニーズを拾い提案を行う「コンサルティングセールス」

実力と野心を持った学生が集まる「ビジネスディベロッパー」など、様々です!

時給1,200円、シフト自由、さらにはリモートワークも可能とその働き方は最先端。

少しでも興味があれば、下記LINEアカウントをお友達追加して気軽に応募してみてください!

新規CTA

【あわせて読みたい記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

コンサル発・HRtech領域急成長ベンチャーの「勝ち方」がわかる1dayインターン

ベンチャーで長期インターンってどんなことをするの?

実力を求む就活生が長期インターンでベンチャー企業を選ぶメリット5選!

【就職でも転職でも使える!】就活生の自己分析の方法を徹底解説!

【選考対策】TOEICで何点取ると有利?企業選考の事例をご紹介!

【就活生必見】内定を掴めない人の特徴は?対処法もご紹介!

【就活生必見】この企業はブラック?ブラック企業の特徴と見分け方!

「東証一部上場のコンサルティング会社に早期内定した大学生が“HR Forceで学ぶこと”とは」インターン生インタビューvol.5

最も読まれた記事

メガバンクの年収は思ったより低い⁉大手銀行の給与事情をここだけで公開!

【建設業界比較】スーパーゼネコン5社を3つの視点から比較!そこにはまさかの違いが?

【広告業界比較】電通・博報堂・ADKを4つの視点で比べたらまさかの違いが?

コンサルタントの年収を企業ごとに大公開!外資・日系どっちが儲かる?