人気記事ランキング

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

「仕事探しはindeed♪」でおなじみのindeedのコマーシャル。今回はそんなindeedのCMに出演中のモデル・女優の泉里香さんについてまとめてみました!
続きを読む

最低賃金改定によりIndeedの掲載ガイドラインが変更になる件について

こんにちは!HRForceの井田詩乃です。 このたび、厚生労働省より2018年度の最低賃金改定額が公表されました。 2018年10月1日より都道府県別の最低賃金は改定されます。
続きを読む

【無料】世界一やさしいIndeedの教科書を公開!&出版記念セミナーのお知らせ

 Indeed社による世界初の監修を受けた「世界一やさしいIndeedの教科書」がHRForceより出版されました。 今回は「はじめに」を全文無料公開させていただきます。 さらに、出版記念セミナーを無料開催いたしますので、本文下部の詳細をぜひご確認ください。
続きを読む

意外と知られていない?アスリート採用のあれこれ

 「アスリートを採用しても大丈夫かな?」「彼らは仕事できるの?」「スポーツしかやってきてないんじゃないの?」 アスリートの採用に関してこのように考える方は多いのではないでしょうか。不安要素の多いアスリートの採用ですが、この記事を読んでいただければ、これらの不安を解決することができます。今回は、アスリートの悩み・セカンドキャリアとアスリートを採用するメリットについて見ていきたいと思います。
続きを読む

最近のブログ

雇用契約書とは?おさえておくべき内容と注意点について

 
続きを読む

注目のオンライン面接(動画面接)!メリットやデメリットは?

インターネット隆盛期の昨今、採用の現場にもインターネットが浸透しています。その一例として、オンライン面接(動画面接)が挙げられます。オンライン面接を取り入れる企業は最近増えてきており、これから動画面接を導入しようか検討している企業も多いのではないでしょうか。今回はそんなオンライン面接について、導入メリット・デメリットを見ていきたいと思います。
続きを読む

これを取ればキャリアアップできる。人事が取っておくべき資格5選

人事業務を行う中で、更なるキャリアアップを目指している方は多いのではないでしょうか。キャリアアップのため、資格を取得するというのも一つの手段です。今回はそんな人事パーソンとしてキャリアアップを図る皆さんのために、持っておくと役立つ資格についてまとめます。
続きを読む

<人事担当者必見!>これを読めば分かる!育児・介護休業法とは?

最近、働き方改革という言葉を頻繁に耳にするようになりましたね。そのことから、企業における働き方も見直されつつある中で、特に注目されている単語の一つに育児・介護休業があります。そのことについて、まとめた法律が育児・介護休業法です。今回はこの育児・介護休業法についてまとめてみました。この法律は、どの企業もこれから密接に関わってくる法律なのでおさえていきましょう。
続きを読む

同一労働同一賃金とは?具体的な内容とメリット、デメリットについて

働き方改革を推し進めるため昨今、国内では次々と新しい法案や制度が導入されています。 実際に「働き方改革関連法」が、2018年6月29日に成立し、大企業では2020年4月、中小企業でも2021年4月から正式に導入されます。 「働き方改革関連法案」に付随する【同一賃金同一労働】について皆さんご存知でしょうか。 これまでの日本の雇用形態では正社員などの正規労働者と派遣やパート、アルバイトなどの非正規労働者では同じ仕事内容や責任でも、給料や待遇に差があり正規労働者の方が優遇されている場合が多くありました。 同一労働同一賃金は、これらの待遇格差の解消を目的とした点が注目されています。今回は【同一労働同一賃金】の詳しい内容と企業が行うべき事前準備について詳しくみていきましょう!  
続きを読む

いかに優秀な人材を見抜くか? 面接官に考えて欲しい4つの項目

いかにして優秀な人材を採用するか? それは企業にとって永遠のテーマですよね。優秀だと思って採用したのに… 会社の発展につながらないという事例は、企業の規模を問わず発生します。そこで今回は、いかにして応募者の資質を見抜くか、その心得について考え直してみました。
続きを読む

これを取ればキャリアアップできる。人事が取っておくべき資格5選

人事業務を行う中で、更なるキャリアアップを目指している方は多いのではないでしょうか。キャリアアップのため、資格を取得するというのも一つの手段です。今回はそんな人事パーソンとしてキャリアアップを図る皆さんのために、持っておくと役立つ資格についてまとめます。
続きを読む

ティール?ホラクラシー ? 今、あなたに知ってほしいあたら新しい働き方!

  グローバル化が進み外国人労働者も増え、より一層新しい働き方が注目されています。そんなこれからの日本を生きるあなたに知ってほしい新しい働き方ティールとホラクラシーをご紹介します。
続きを読む

高齢者を雇用するなら知っておくべき法律!〜高年齢者雇用安定法って何?〜

近年、日本において働くことができる若い人材の数が減ってきていますので、特に中小企業なのですが、労働力に困っている企業が多いのではないでしょうか?そこで、高齢者の労働力がどの企業においても重要になってくるのですが、高齢者だからという理由で高齢者の方をぞんざいに扱ってはいけません。高齢者を雇用する際には高齢者の雇用のための高年齢者雇用安定法と呼ばれる法律があります。労働力として高齢者を採用しようと考えている企業や労働者が60歳に達して雇用を続けたいと考えている企業の方はぜひこの高年齢者雇用安定法について知っておきましょう。
続きを読む

企業は求職者に「選ばれる」もの。求職者に選んでもらう企業になるために

採用活動を進めていく中で、面接で企業側が求職者を「選んでいる」というように思い込んでしまうことはありませんか?企業が求職者を選ぶという考え方では、採用活動は長い目で見ると上手く機能しません。今回はそんな考え方を改め、求職者に選ばれるための方法や、採用に至らなかった求職者との良い関係の築き方についてご紹介します。
続きを読む

外国人採用の成功企業事例!7選!!

少子化による労働人口の減少により、人手不足で倒産に追い込まれる企業も少なくありません。人手不足が深刻化する昨今、外国人労働者が新たな労働力として見直されています。また、政府では働き方改革を推進し、日本人の労働時間短縮を図るためにも、外国人労働者を国内に招き入れようという動きがあります。今後は一層、外国人労働者が主要な戦力となってくるでしょう。そこで今回は、すでに外国人労働者を戦力として活用している企業の成功事例を集めてみました。
続きを読む

人手不足にもう悩まない!1から始めるダイレクトリクルーティング!

1.ダイレクトリクルーティングとは まず、このダイレクトリクルーティングを一言でいうと、企業側が自らほしい人材を探し、直接連絡を入れて、採用に導いてく採用法です。俗に「攻めの採用」と言われています。従来の採用法では、求人広告や人材紹介会社を使用して、応募者を待っていました。そこで、ダイレクトリクルーティングでは、企業側が、直接自社サイトやSNSを通じて情報発信し、良い人材を得ることです。海外では、一般的にダイレクトリクルーティングをダイレクトソーシングと言われています。アメリカなどの海外では転職が当たり前になっているからこそ、いい人材を得ようという考えが強いのかもしれません。日本でも、転職が当たり前になりつつあるので、このダイレクトリクルーティングを使用するのが当たり前になる未来もそう遠くはないでしょう。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ⑩〜労働契約法って何?〜

労働に関する法律のうち大半は戦後すぐに存在するものが多いですが、今回の記事の内容である労働契約法は2008年に施行された新しい法律です。これは、様々な働き方が生まれたことで、様々な人が働きやすくなった一方で、労働契約を個別で結ばされて不当な扱いをうけてしまっている人が増えてしまっています。その問題を解決するために労働契約について法律を作ったのが労働契約法です。一時期話題になりましたが、労働に関わる法律の中でも新しい部類でもあることからしっかりマークしていないという方もいるのではないでしょうか?そこで今回は労働契約法にスポットをあてて解説していこうと思います。労働者の方たちだけでなく、人事の方も経営者の方もこの法律は深く関わってくるので、おさえていきましょう。
続きを読む

【最新版】労働者派遣法~人事が知っておくべき法律シリーズ⑨~

1. 労働者派遣法とは まずは労働派遣法の成り立ちや改正の流れ、最新の派遣労働者にまつわるトレンドといった、実務と少し離れたマクロな基本情報について紹介します。
続きを読む

損?得?人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)のメリット・デメリット

人材不足を背景にした国内企業の倒産は、2018年1月から11月で362件に登り、過去最多を更新しました。企業が倒産を免れるためには、従業員の労働条件改善や新たな評価制度の導入によって離職率を下げ、人材の確保をする必要があります。このような状況を受け、政府は「人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)」を設定しています。人事なら知っておきたい、新たな人事評価制度の導入の際に利用できる「助成金制度」についてみてみましょう。
続きを読む

~人事が知るべき「2018年問題」の全て~法改正に伴う注意点とは?新しい契約社員との向き合い方

1. 2018年問題とは そもそも2018年度問題とは、2013年4月1日に施行された改正労働契約法と2015年9月30日に施行された改正労働者派遣法が2018年から実際の現場に影響を与えるため、生まれた言葉です。現在有期契約労働者の数は約1560万人にも及び、そのうちの3割以上が5年以上同じ業務に従事しているという調査もあります。有期雇用契約を無期雇用契約に切り替えやすくすることで、雇用の安定を促進しようという考えが基盤となっています。「契約社員」に限らず準社員やメイト社員、パートタイマーやアルバイトといった名の下で働いているすべての契約期間に定めのある労働者に適応されます。今回の法改正はそんな有期契約の労働者の雇用に大きな影響を与えるため、労使ともに注目度の高いテーマとなっているようです。
続きを読む

何点でどのレベル?他社が求めるTOEICスコアは?

採用担当の皆様、求職者との面接や履歴書でTOEICに触れる機会がよくあることと思います。しかし求職者のTOEICスコアを見ても、「この点数はどれぐらいの英語力を意味するの?」「他社にはどれぐらいのTOEICスコアを持つ人材がいるの?」などと疑問に思ったことはないでしょうか。今回は採用市場で扱われるTOEICスコアについて、まとめていきます。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ⑧〜労働組合法とは?〜

労働組合という組織は会社にとっても労働者にとっても重要な存在ですが、その労働組合のための法律について詳しくご存知ですか?労働組合がある理由についてはなんとなく理解しているけど、「労働組合とは実際にどう向き合っていけばいいのか?」「法律ではどんな対処が求められるのか?」が分からないという方がいるはずです。そこで、今回は労働組合法について知っておいた方が良いポイントをまとめておきました。労働組合法を知ることのメリットとして、労働組合が企業にある本来の意味を再確認出来ます。加えて、労働組合が取った行動に対してどうすればいいかなど労働組合に関する様々な重要ポイントについて知ることができます。「自分のところは規模が小さい会社だから、そこまで気にしなくて良い」なんて思わずに、むしろ中小企業こそ企業の魅力をあげるためにも労働組合法を必ず知っておきましょう。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ⑦〜障害者雇用促進法とは~

昨今では、障害者雇用の水増し問題が話題になっています。採用担当の人事の方なら、障害者雇用について考えたことのある方も多いのではないでしょうか?しかし、企業の法定雇用率や納付金制度の仕組みなど、少々複雑な内容となっています。そこで、今回は障害者雇用促進法の概要を、新たに改正された点や守れなかった場合の罰則なども踏まえてわかりやすくまとめてみました。
続きを読む

〜法律シリーズ番外編〜労働基準法で違反になるものとは?<経営者向け>

労働基準法とは働く上で避けては通れない法律の一つなので知っておく必要がありますが、実際は項目が多くて全てを把握できていない人も多いのではないでしょうか?しかし、労働基準法があやふやであることは経営者にとっても企業にとっても非常に危険です。ただ、罰せられるだけでなく、前科持ちとなってしまいます。そこで、今回は労働基準法でも違反行為を中心にまとめてみました。新しく起業した方も労働基準法を見直したいという経営者もぜひこの記事を参考にしてみてください。
続きを読む

好感度急上昇のIndeed(インディード)CM!斎藤工の横にいるのはあの芸人?

最近CMでよく目にする「仕事探しはIndeed♪」でおなじみのIndeedですが、先日新CM「ネクストキャリアセミナー篇」がオンエアされました。 Indeed CMでお馴染みの斎藤工さんの隣にいるのは、あのお笑い芸人の品川祐さん!今回はそんなIndeed 新CMに出演中の品川祐さんについてまとめてみました。
続きを読む

社会保険 企業の保険料負担は今どれくらい?~人事なら知っておくべき法律シリーズ⑤~

1. 社会保険とは 企業が労働者を雇う場合、大きく分けて労働保険と社会保険という二つの制度への加入が義務付けられています。そのうち社会保険は主に健康保険と厚生年金保険から構成されています。かつての厚生省が管轄していた健康や医療、年金に関する保険だと考えるとわかりやすいかもしれませんね。 2. 適用範囲 社会保険に加入する義務が発生するかは、①その企業が社会保険の適用事業所であるか②雇用条件の二つに拠ります。一般的な株式会社・有限会社といった法人はすべて社会保険の適用事業所になります。農林漁業・サービス業を除く従業員が5人以上の個人事業所も強制的用となります。 正規社員はもちろんですが、所定の労働時間と1か月の労働日が正規社員の4分の3以上で、雇用契約期間が2か月以上の社員も該当します。さらに、4分の3未満のパートタイマーであっても①労働時間週20時間以上②雇用期間1年以上③賃金の月額8.8万円以上④学生ではないという4条件を満たしている場合は注意が必要です。従業者が501人以上の大企業であれば適用対象、500人以下の事業所でも労使の合意がなされる場合社会保険適応の対象となります。 3. 健康保険 平成20年10月1日に設立された全国健康保険協会、通称「協会けんぽ」が運営を行っています。地域によって多少異なりますが、給与の約10%が該当し、企業と労働者で半分ずつ負担します。納付された健康保険料は労働者と扶養家族の医療費負担の軽減や労働者の傷病や事故、出産時の補償をするために使用されています。 健康保険の給付の手続きや相談は協会けんぽの各都道府県支部が担っています。国民皆保険との違いとしては、労働者が何らかの理由で出勤が難しくなった場合の傷病手当金や出産手当金が支給されることがあげられます。どちらも常時の給与の3分の2が支給され、傷病手当金は最大1年6か月、出産手当金は出産前42日間と出産後56日間が該当します。 4. 厚生年金保険 こちらは日本年金機構(年金事務所)が運営を行っています。国民年金との違いとして、被保険者(従業員)が障害を負った場合の障害基礎年金の適用階級が広くなる、被保険者が万が一亡くなった場合も扶養家族に対する遺族年金が支払われるなどの点が挙げられます。近年上昇を続けていましたが、平成29年9月より厚生年金保険料率は18.3%で固定されています。こちらも企業と労働者で半分ずつ負担します。 5. 主な手続き 事業主は事業所に関して名称や所在地、保険適用の有無など大きな変更があった場合は手続きを行う必要があります。そして従業員の個人の事情に何らかの変化があった場合、従業員からの届け出をもとに状況を把握し、管轄先で必要とされている手続きや所定の届け出を行わなければなりません。例えば採用・解雇・退職による従業員の入れ替わりや各従業員の扶養家族数の変化などです。育児休暇期間の申請を行うことで、その期間分の保険料を負担することなく、将来の年金納付額にマイナスの影響を与えないようにする制度なども存在します。従業員の福利厚生に関わるため、きちんと管理をすることが大切です。 実際に支給される手当金や年金の支給の届け出は被保険者、つまり従業員が自主的に行うことになります。 各種手続きの方法・届け出のフォーマットは日本年金機構のサイトより確認ができます。https://www.nenkin.go.jp/jigyonushi/index.html 6. 保険料の計算方法 基本の計算方法は「標準報酬月額または標準賞与額×保険料率」となります。 標準報酬月額とは従業員が会社から支給される基本給と各種手当の合計額を保険料額表の等級に振り分けたものです。どの等級に振り分けられるかにより、納付する金額が変化するため、厳密な定義が必要とされているのです。まず就業規則や労働契約によって報酬月額が規定され、その後は4月から6月の報酬の平均を使って定時決定していきます。臨時に支払われたり数か月ごとに支払われたりする賞与は例外として標準賞与額の方へ振り分けられています。 保険料率は協会けんぽと日本年金機構から発表されている以下の表をご確認ください。 協会けんぽ 保険料率表 日本年金機構 厚生年金保険料額表 7. まとめ 社会保険について知っておくべきこと、近年のトレンド、手続き方法などについてまとめてみました。従業員や家族の将来の安心のために欠かせない社会保険制度、しっかりと運用して従業員が安心して働きやすい環境を維持したいものですね。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ④〜労働安全衛生法とは?〜

今回の記事の内容は労働基準法とセットで人事担当の方には大切な「労働安全衛生法」についてまとめていきます。名前を見るからに労働の安全と衛生を管理するための法律だと考えている人もいると思います。確かに名前の通りで、労働環境の安全と衛生を管理するような法律でありますが、労働に関する法律の中でも特に項目が多いこともありますので、見落としてしまう点が多々あります。そのため、今回は労働安全衛生法の重要な点をまとめて、それぞれの重要な項目についてを分かりやすく解説していこうと思います。第〜条と書かれていますが、法律辞典などで調べる際に目印にもなっていますのでぜひ活用してください。
続きを読む

採用担当者なら知ってて当然。今市場で求められる14の資格

採用担当者にとっては、履歴書などでよく目にする「資格」の項目。しかしながら、その資格がどんな資格で、仕事にどのように役立つものなのか、正しく理解していますか?今回の記事では、中途採用において採用担当者が一般的に重要視している資格についてまとめていきます。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ③~労働者災害補償保険法とは~

企業は従業員の労働災害に備える必要があり、人事担当者にとって労災保険の知識は必要不可欠です。今回は労災保険と密接に関係している、労働者災害補償保険法についてまとめていきます。
続きを読む

労働保険の手続き方法について~人事なら知っておくべき法律シリーズ⑥~

  1.労働保険とは 企業が労働者を雇う場合、大きく分けて労働保険と社会保険という二つの制度への加入が義務付けられています。労働保険とは労災保険(正式には労働者災害補償保険)と雇用保険の二つから構成されています。パートやアルバイトを含め1人でも労働者を雇用する場合、事業主(農林水産業の一部の事業を除く)は加入手続きを行って労働保険料を納付する義務を負います。
続きを読む

人事なら知っておくべき法律シリーズ~プロローグ:労働法とは~

人事と切っても切り離せない関係にある労働関係の法令。しかし労働関係の法令は非常に複雑で分かりにくいものです。そこで今回から【人事なら知っておくべき法律シリーズ】と称し、複雑な労働関係の法令を分かりやすくまとめ、解説していきたいと思います。就業規則の作成など、日々の業務に役立つこと間違いなしです。
続きを読む

ちょっと待って!通年採用のメリット・デメリット、知ってる?

採用担当者の方であれば、採用について考える上で、採用時期について検討した経験のある方は多いでしょう。新卒採用と言えば、日本では一括採用が一般的です。ところが最近では通年採用を実施している企業も増えています。自社でも通年採用を実施するかお悩みの方のために、今回は通年採用のメリット・デメリットをまとめていきます。ぜひ、通年採用を導入する際の検討材料にしてみてください。
続きを読む

新卒採用担当者は知っておくべき!サクッと読める就活ルールの歴史

先日、経団連が正式に就活ルールの廃止を決定しました。今後は政府が主導となって就職活動の指針を決定していきますが、すでに21卒の学生については就活ルールの維持が発表されています。連日報道でも頻繁に取り上げられた就活ルールについてですが、よく考えるとそもそもいつから就活ルールがあるのか知らない!という方のために、今回は就活ルールの歴史を紐解いていきます。
続きを読む

面接担当者必見!面接官が注目すべきポイント

選考活動として一般的に利用されている「面接」。面接は選考でよく利用されていますが、実は評価が難しいものです。これほど選考で利用されていながらも、何を見ていいのかわからない、面接からイメージしていた人材と違う、という事態も少なくはありません。今回はそのような思いを抱く皆さんのために、面接で注意したいポイントについて見ていきたいと思います。
続きを読む