就活ルール廃止!企業に求められる3つの対策とは?

先日、就活就活ルールの廃止を経団連会長が正式に発表し、新卒採用市場が大きく揺るがされています。長年日本の新卒採用市場に蔓延ってきた就活ルール(経団連「採用選考に関する指針」)が廃止されれば、日本の新卒採用の現場は大きな変化を迎えることになります。特に進むのが企業のスケルトン化であり、①長期インターンシップ対策、②CGM(Consumer Generated Media(コンシューマー ジェネレイテッド メディア))対策、③採用戦略の再構築 は特に注力しなければならない項目となります。それでは、各項目を順番に見ていきましょう。

※企業のスケルトン化(=透明化)
内部の状態が求職者から見えるようになり、求職者に都合の悪い情報を隠すことができなくなる現象。スマホと口コミサイト(CGM)の台頭により急速に広まっている。求人媒体にお金をかけ、きれいな写真を撮ってもらい、「いかにも素晴らしい会社かのような」紹介文を書いてもらって求職者を強引にひきつける手法は、もう通用しなくなる。(※一部「世界一やさしいIndeedの教科書」より引用)

就活ルール廃止によって長期インターンシップが増加する

就活ルールが廃止されると、通年採用化が進みます。新卒一括採用化の現在は経団連のガイドラインにより、新卒採用における企業説明会や選考の開始時期について目安がありますが、採用のスケジュールに縛りがなくなるため、海外諸国のように在学中の長期インターンシップ、もしくは卒業後の長期インターンシップが当たり前になることが予想されます。

長期インターンシップが当たり前になれば、企業は様々な側面を隠すことが難しくなり、求職者からは企業の真価を問われるようになります。つまり、広告が上手い会社が採用戦争を勝ち残る時代は終わり、従業員満足度にコミットしている会社が生き残るようになります。

長期インターンシップが増加すると、採用CGMが強くなる

長期インターンシップが増加すると、よりリアルな従業員口コミが増えます。ましてやスマホネイティブ世代の学生が長期インターンを体験することで、CGMのボリュームが増える流れは必至です。

CGMへの対処方法は2つあります。1つは、企業の体質を根本から市場に合わせて改善すること。そしてもう1つは、学生に口コミをさせないこと、もしくは口コミを操作することです。しかし、後者に関してはCGM側も対策をとっており、例えばVORKERSはモチベーションクラウドを展開している株式会社リンクアンドモチベーションの関連会社となることで、企業の内部とCGMの評価が釣り合っているかがわかるようになります。

つまり、企業は「企業の体質を根本から市場に合わせて改善すること」が唯一無二の改善策となります。この施策は一朝一夕では完成しないため、今すぐ取り組める事案から対策を始めることがベストです。また、来年の秋には増税を控えておりますし、今なら中小企業のためのIT導入補助金も出ているので、ES(Employee Satisfaction)向上のための働き方改革(≒採用改革)は今年1年が勝負となるでしょう。

通年採用のメリットは、戦略が自由に構築できること

通年採用化が進むと、採用のスケジュールに縛りがなくなるため、企業は自社で採用の戦略を立てるだけでなく、自ら戦術や戦闘論に落とし込んで実行していく必要がでてきます。人事は今後、先に述べた長期インターンとCGMの対策を含めた、新たな採用戦略の立案と実行が迫られるでしょう。

また、新しい負担という観点では、通年採用では常に学生にアプローチをしていく必要があります。採用期間の長期化は人事の疲弊に影響を与え、本当に欲しい人材を逃す可能性が増すことにも繋がりかねません。まずは採用戦略の一環として、自社が欲しい人材の要件を絞り、明確にすることが重要です。

自社の採用戦略を構築し、通年スケジュールに落とし込む業務は人事にとって新たな負担となりますが、より自社の経営戦略に寄り添うことが可能になり、スピード感をもって採用を進めることができるようになります。しかし、戦略が正しく立案できない企業は採りどころを完全に逃してしまいます。

採用戦略の構築の第一歩は、正しい情報収集から

このように、就活ルールの廃止によって、企業の採用力、人事力がより問われる時代になります。自社の採用戦略を見つめなおすことが必至となりますので、まずは情報収集からはじめてみましょう。

 

採用トレンド大公開セミナー

HR Forceでは採用トレンドセミナーを実施しております。「年収や時給は1円も上げなくていい」「令和=マーケティング採用元年」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを大公開します。詳細は上記画像をクリック。 

 

サムネ1-61

 

 

 

※上の画像をクリックで、 本サイト「採用GO」を運営するHR Force(HRフォース)の全貌が明らかに!

 

Written by 採用GO 編集部 藤原

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

採用して終わりにするな!採用の振り返り方法とは?

【面接官初心者の方向け】面接での心得やポイントを総まとめ!

今の面接のままで大丈夫?応募者の本質を見抜くコンピテンシー面接とは

注目のオンライン面接(動画面接)!メリットやデメリットは?

企業は求職者に「選ばれる」もの。求職者に選んでもらう企業になるために

面接担当者必見!面接官が注目すべきポイント

採用を変えたいあなたに。ユニークなだけじゃない、ユニーク採用8例

知ればさらに良くなる!インターンシップ生採用のポイント

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避