看護師の採用をもっと簡単に!紹介会社に頼らない2つの方法

 

看護師の紹介ビジネス問題。市場規模はなんと329億円にものぼり、医療に割かれるべき財源を圧迫しています。「イマイチ効果は上がらないけど、直接の応募もないし…」と、紹介会社に依存していませんか?今回は、看護師を自法人で採用できる仕組みの作り方を船井総研医療支援部の森太寅さんにお伺いしてきました。

mori

<紹介会社への依存=手数料の垂れ流し>

 

―紹介会社への依存ってどういうことですか?

 

「看護師の採用って難しいんですよ。だから、多くの病院は自法人で行うことを諦めちゃう。最初から、紹介会社に任せちゃうパターンが多いんです。」

 

―なるほど。でも、紹介会社って、自法人ではアプローチできない人材を紹介してもらえるし、採用に時間をかけなくていいから、悪いことではないと思うんですけど…。

 

「もちろん悪い手段ではないです。ただ、無駄な費用がかかる&マッチングが難しいっていう2つの問題があるんです。

 

費用に関しては、1人採用するのに90~120万円かかるので、病院だと数千万円、クリニックだと500~1000万円かかることも珍しくないんです。しかも、すぐ辞めちゃうとその手数料は、捨てたと同じことになってしまいます。」

 

―え、採用に1000万円以上もかけるのが普通になってるんですか…?もったいない…

 

「しかも、紹介会社は薦めたい人を推すことも多々あり、マッチングが適わないケースもザラにあります。やはり、自法人に合う人は自法人で見つけるのが一番良いんです。」

 

<自法人で採用するためにはIndeedHPの構築がオススメ>

 

―自法人に合う人は自法人で見つけるのが一番いいのは納得できますけど、それが難しいから、紹介会社に頼ってるわけですよね…?

 

「そうですね、そこでまずは簡単にできる方法をお勧めしています。Indeed対応スマホ対応の採用専用ホームページの作成です。」

 

―その心は。

 

「Indeedは求人に特化した検索サイトなんですけど、コスト面地方・郊外エリアに強いんです。

 

まず、コストに関して、Indeedはクリックごとに課金が発生する従量課金制をとっています。従来の求人広告だと、掲載期間ごとの支払いなので、まったくその広告が見られていなくても値段は変わりませんでした。しかし、Indeedは見られた分だけ手数料を払う仕組みなんです。しかも、予算や期間も柔軟に決めることができます。」

 

―それは経済的ですね!見られた分だけ、お金を払うのは合理的で納得性が高い!

 

「そして、検索する際は、キーワード×勤務地と打ち込む仕組みなので、競合は勤務地が近い企業のみなんです。つまり、企業数が少ない地方ほど、サイト内で埋もれずに発見してもらえる可能性が高いんです。」

 

―なるほど。確かに、求人サイトはエリアが広く設定されていて、何社もヒットするから最初に表示される何社しか見ないかもしれません。

 

「また、今時の求職者は絶対に病院のホームページを見ます。私のクライアントでも、今まで全く応募のなかった病院で、採用ホームページを作るだけで1カ月でどんどんと応募が来るケースもありました。」

 

―ホームページで、病院の雰囲気や働いている人を見ることができるだけで、結構安心して応募することができますもんね。

 

<紹介会社での採用を見直す基準は手数料が○○円以上かどうか>

 

―ここまで、紹介会社から脱却する方法を教えていただきましたが、具体的に採用方法を見直す基準ってありますか?

 

「紹介会社への手数料が基準になります。病院であれば年間1000万円以上、クリニックであれば年間500万円以上を超えているようだったら、見直しをお勧めします。もっとコストを下げて、採用率・定着率を上げていくことも可能ですよ。」

 

 おわりに

 

本日は、病院の看護師採用を自法人で行う方法を教わりました。紹介会社への手数料が、基準値を超えている場合は、Indeedとホームページの構築を検討してみてはいかがでしょうか。

お話をいただいた、森さんへの経営相談は➡船井総研のHPへ

Indeedを活用した採用のご相談は➡HR force へ

 

 

Written by 採用GO編集部 小山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

外国人採用の成功企業事例 7選!

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避