ティール?ホラクラシー?今、あなたに知ってほしい新しい働き方!

 グローバル化が進み外国人労働者も増え、より一層新しい働き方が注目されています。今回はそんなこれからの日本を生きるあなたに知ってほしい、新しい働き方である「ティール」と「ホラクラシー」をご紹介します。

1. ティール

ティール( teal )とは、従来の中央集権型の組織体制とは異なり、階級が存在しないフラットな組織体制のことをいいます。ティールという言葉を最初に提唱したのは、フレデリック・ラルーです。ラルーは組織モデルの進化の過程を5色に分類しました。日本はオレンジの達成型組織が多い印象を受けますが、あなたの勤める会社はどれに当てはまるでしょうか。

 

  • レッド(衝動型)     イメージは狼の群れ 圧倒的な力を持つトップが支配する組織
  • アンバー(順応型)    イメージは軍隊   厳格な社会的階級を重んじる組織     
  • オレンジ(達成型)    イメージは機械   働き成果を挙げたものが出世することができる組織
  • グリーン(多元型)    イメージは家族   個人の主体性が尊重される組織
  • ティール(進化型)    イメージは生命体  皆で1つの組織

 

2. もう1つの新しい働き方

ティールの他にもホラクラシー( holacracy )という働き方が注目されています。ホラクラシー もティール同様、階級や上司などのヒエラルキーの存在しないフラットな組織管理体制のことです。中央に寄っていた権限を分散させ、社員各々が意思決定をすることでスムーズな働き方が可能となっています。ホラクラシーの理論を最初に提唱したのはアメリカのソフトウェア企業の創設者であるブライアン・ロバートソンです。ホラクラシー のメリットデメリットを見てみましょう。

 

メリット

  1. 自由な発言が可能
  2. 社員各々の長所を活かした役割分担が可能
  3. ライフスタイルに合わせて自由に働ける
  4. 情報がオープン

 

デメリット

  1. 問題が起きた時は社員全体が負担
  2. 社員の行動が把握できない
  3. 社員の主体性、自主性が求められる

 こうしてみるとホラクラシー 体制はとても働きやすい組織体制のように見えますが、社員同士のコミュニケーションが円滑に行われることが課題となります。この働き方、残念ながら現在の日本ではあまり浸透していないのが事実です。

 

3. ティールとホラクラシーの違い

上記ではティールとホラクラシー を紹介しましたが、この2つの働き方似ていると思いませんか?それもそのはず。実はティールとホラクラシー は同じものなのです。どういうことかと言いますと、ティールという働き方のうちの1つがホラクラシー であってティールはホラクラシー を含めた進化型の働き方の総称なのです。

 

4. ホラクラシー体制の会社

上記でホラクラシー 体制の会社はあまり浸透していないと言いましたが、実は少ないながらもホラクラシー 体制に挑戦している会社は少数存在しているのです。その中の5社をご紹介します!

 

 

5.まとめ

いかがでしたか。伝統的な社会的階級のある会社での働き方と革新的な社会的階級のない会社での働き方、あなたはどちらの働き方が向いているでしょうか。ぜひ参考にしてくださいね!

 

Written by 採用GO 編集部 渥美

 

新規CTAHR Forceでは採用トレンドセミナーを実施しております。細は上記画像をクリック。 

 

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

 

 

【あわせて読みたい記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

【目的別】中小企業向けの雇用関係助成金まとめ

あなたの企業、定年制廃止して大丈夫?定年制廃止の3つのメリット・デメリット

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

リモートワークのメリット・デメリットは?導入企業がホンネを語る!

人材獲得競争を勝ち抜くための「採用マーケティング」とは

採用代行(RPO)とは?おすすめサービスを徹底比較!

働き方改革の成功事例集!改革成功の秘訣とは?〜大企業編〜

ヤフー、ソニー、リクルート……「サバティカル休暇」導入のポイントと導入例7社

最も読まれた記事

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

「FTE」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!