働き方改革の成功事例集!改革成功の秘訣とは?〜中小企業編〜

 2019年4月に施行される「働き方改革関連法」。改革を推し進める大企業が続々と登場しています。一方で中小企業はというと、具体的な施策を打ち出すのはこれからだというところが多いのではないでしょうか。しかし、働き方改革に対する消極的な姿勢は、長期的に考えると非常に大きな危険性を孕んでいます。

そこで、中小企業の働き方改革の成功事例と働き方改革成功の秘訣をまとめてみました。

目次

 


働き方改革の重要性

働き方改革について、「業績のことを考えると、働き方改革推進に抵抗がある……」

という中小企業の人事・経営者も少なからずいらっしゃると思います。しかし、働き方改革に対する消極的な姿勢は、長期的に考えると、採用難に陥るという大きなリスクがあります。

確かに、業績を最優先に考えた働き方は、短期的にみれば中小企業にとって業績向上のチャンスでもあります。

というのも「働き方改革関連法」において、中小企業には「残業時間の上限規制」について1年間の猶予期間が設定されています。その1年間に、働き方改革によって労働時間の見直しが図られている大企業で、請負切れなくなった仕事が出てきます。それらの仕事が中小企業に回ってきて、中小企業の受注案件が増え、一時的に中小企業の業績が向上するというわけです。

では、長期的に考えた場合の危険性とは何なのでしょうか。結論から言うと、人手不足に追い打ちをかけるということです。

大企業から回ってきた仕事によって一時的に業績向上が見込めますが、逆に言えば、その業績向上は労働時間超過の裏返しです。業績が向上すれば必然的に業務は増え、従業員一人ひとりの労働時間が長くなります。この事態は、採用難、人手不足に追い打ちをかけるリスクが大きいです。

売り手市場の採用現場において、長時間の労働を強いられる企業に対しては志望度の高い人材が減っていき、さらに企業内部からも若者が流出する懸念もあります。猶予期間が終了すれば、残業時間の条件規制に加え、人手不足の中で大企業と闘っていかなければなりません。

ただでさえ厳しい競争を強いられる現代です。働き方改革の流れに逆行し、人手不足に陥ることは、企業にとって賢明であるとは言えません。

中小企業の働き方改革成功事例

ここまで、働き方改革の重要性について述べてきました。次に、実際にどうしたら良いのかをイメージして頂けるよう、中小企業による働き方改革の成功事例4つをご紹介します。

 

1.ZOZOTOWN|7千以上のブランドアイテムを公式に取扱うファッション通販サイト

ZOZOTOWNでは、充実した福利厚生が設けられていますが、中でも「ろくじろう」と称した「6時間労働制」が独自の仕組みとして実施されています。ZOZOTOWNは8時間労働の常識を覆し、短時間でも高い生産性を保つことができると証明しています。

 

2.株式会社ソニックガーデン |「納品のない受託開発」を提供

ソニックガーデンでは、オフィスなしの全員リモートワーク、管理のないフラットな体制など、先進的で大胆な取り組みが行われています。バーチャルオフィスツール「Remotty」を自社開発し、利用している点も特徴的です。

 

3.株式会社 HR Force|船井総研ホールディングスの子会社でダイレクトリクルーティング事業会社

HR Forceでは、先ほど紹介したソニックガーデンが開発・提供している、リモートワークツールのRemottyが導入されています。在宅ワークが推進され、柔軟な働き方が実現されています。

Remottyを導入しているHR Forceのインタビュー記事も併せてご覧ください。

 

4.有限会社COCO-LO(ココロ)|訪問介護事業会社

訪問介護を行うCOCO-LOは人材確保に苦戦していましたが、従業員を守れる会社を目指し、様々な改革を敢行しました。ワークライフバランス推進や、キャリアアップ支援、短時間正社員(準社員)制度やパパ産休、無料託児所設置などを実現しました。その結果、新規スタッフ募集の際には採用枠に対し5倍の応募者が集まったという成果も得られました。従業員が働きやすく、成長していける環境作りに成功しています。

 

このように、コストや業績など多くの懸念事項を乗り越え、働き方改革を成功させている中小企業があります。働き方改革には、多様な働き方を認めていく気持ちとともに体制の充実化が必要となりそうです。

  

中小企業ならではの働き方改革のポイント

 

いくつかの中小企業における働き方改革の成功事例を紹介してきましたが、そもそも、中小企業にとって働き方改革を成功させる秘訣とは何なのでしょうか。

そこには、大きく4つのポイントがあります。

 

  1. 経営トップのリーダーシップ
  2. ハードウェアロック
  3. ソフト面での変革
  4. 生産性向上

 

1.経営トップのリーダーシップ

働き方改革推進における経営トップの本気度を従業員に伝えないことには、組織全体が変化していくことは難しいはずです。そこで、経営トップの本気度を従業員に伝えることが非常に重要となってきます。

なぜ働き方改革を進めなければならないのか、目的をはっきりさせることが重要です。

また、働き方改革の重要度の度合いも、経営トップが示す必要があるでしょう。組織が変革していくには大きな力が必要で、それは授業員一人一人のモチベーションにかかっています。働き方改革におけるビジョンの明確化を行い、従業員の働き方改革に対するモチベーションを高めていく必要があるでしょう。

従業員のモチベーションに関してはもう一つ重要な点があります。それは、従業員の待遇です。働き方改革により、給料などの面で従業員の待遇が悪くなれば、当然従業員の仕事に対するモチベーションが低下する可能性が高まります。この対策については働き方改革のポイントにおける生産性向上の部分で詳しくご説明します。

 

2.ハードウェアロック

これはハードウェアを使い、強制力を持って業務時間を統制する方法です。

努力目標のような強制力の弱い訴えだけではなかなか働き方改革は進みません。

例えば、経営トップが、「19時までには仕事を終え、帰宅準備を徹底しよう。」と呼びかけただけでは、実際にその組織で定時退社を定着させるのは困難でしょう。そこで、社内でサーバーへのアクセスを定時以降遮断するなどのハードウェアロック措置が有効となります。

特別な用事以外で、定時の時間内でしか仕事ができない状況を作り出すことで、働き方改革を進めることができます。

 

3.ソフト面での変革

本当に必要な業務と、そうでない業務を明確化することが重要です。

本当に必要な業務を明らかにすることで、真に必要な業務に集中し、生産性を上げることができます。また、真に必要でない業務を洗い出し、それらを排除していくことも必須です。例えば、無駄な会議、報告書などが挙げられます。

また、その他不必要な業務が各企業個別にある場合は、組織全体で無駄な業務を洗い出し、その改善に努めたり業務自体を無くしていく必要があります。

 

4.生産性向上

働き方改革を成功させるためには、企業の経営にとっても、従業員にとっても生産性向上は欠かせない条件となります。

というのも、そもそも働き方改革によって業績が悪化してしまえば、経営難に陥りかねません。また、業績悪化によって従業員の給料引き下げる事態になれば、従業員にとっても好ましくない状況になります。

業績悪化を回避し、経営を安定させ、従業員の待遇の質を保ちながら働き方改革を進めるために、生産性向上は非常に重要です。

生産性向上について詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです→【業務改善!企業の生産性向上必要な要素は?

 

まとめ

 

いかがでしたか?働き方改革と一言で言っても、中小企業と大企業とでは事情が大きく異なっています。そのため、対策においても、中小企業であれば中小企業ならではの対策が必要です。働き方改革は、従業員の労働時間の短縮、業務効率化のみならず、人手不足解消、従業員のキャリアに対する考え方にも影響してきます。最適な働き方改革を目指しましょう!

また働き方改革に限らず、近年HR界では大変革が起こっています。
人事担当者にとって、働き方改革をはじめ、HRのトレンドを抑えることは急務と言えるでしょう。
HR Forceでは採用トレンドセミナーを無料で実施しております。

新規CTA

「年収や時給は1円も上げなくていい」「令和=マーケティング採用元年」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドをNO.1採用コンサルタントが大公開!詳細は上記画像をクリック。 

 

働き方改革についてさらに詳しく知りたい方におすすめの記事はこちら→

働き方改革で労働時間はどう変わる⁉残業や有給についてまとめました!
2019年4月から始まる働き方改革関連法って何?これだけは知っておけ!2つの点

Written by 採用GO 編集部 灰田

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

 

 

【あわせて読みたい記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

【目的別】中小企業向けの雇用関係助成金まとめ

あなたの企業、定年制廃止して大丈夫?定年制廃止の3つのメリット・デメリット

【2020年4月から】働き方改革に伴う「新36協定」への変更!中小企業に必要な対応とは?

リモートワークのメリット・デメリットは?導入企業がホンネを語る!

人材獲得競争を勝ち抜くための「採用マーケティング」とは

採用代行(RPO)とは?おすすめサービスを徹底比較!

働き方改革の成功事例集!改革成功の秘訣とは?〜大企業編〜

ヤフー、ソニー、リクルート……「サバティカル休暇」導入のポイントと導入例7社

最も読まれた記事

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

「FTE」の意味とは?1分でHR頻出用語を解説!