【中小企業向け】採用動画で成功するための3つのコツ

近年様々な企業が採用動画を活用し、WEB上での自社宣伝を行っています。今や企業の採用活動においてメディア上でのアピールは欠かせません。就活生・転職者を惹きつけるような動画を作るにはどうすればいいのでしょうか?今回は魅力のある採用動画を作るためのコツをまとめてご紹介します。

目次

 

 

採用動画のメリット

 

採用動画はなぜ増加しているのでしょうか?厚生労働省が算出しているデータに基づくと、平成21年度から有効求人倍率は上昇を続けています。現在の数値はバブル期を超えるほどのものであり、中小企業の求人側にとっては苦しい状況です。その為、新たな人材を確保するために様々なツールを駆使した結果、採用動画が広まりました。

 

 

 

そんな中、近年若年層を取り入れるために注目されているのが採用動画です。採用に動画を活用するメリットはたくさんありますが、3点にまとめると

 

1.ソーシャルメディアに慣れている若年層の視聴率が高い

2.情報量がテキスト・写真のみと比べて何千倍もある

3.企業のイメージが記憶に残りやすい

となります。

 

動画広告は多くの学生が利用しているTwitterInstagramといったSNSでも配信することが出来ます。また実際の仕事や会社内の様子を動画に取り入れることで新入社員が「思っていたのと違った…」といって辞めてしまうことを防ぐことも可能になります。

 

 

 

成功企業の採用動画の特徴とは?

 

採用動画で成功した企業はどのような動画を作っているのでしょうか?採用動画における1番の目的は「企業に関心を持ってもらうこと」や「優秀な人材を確保すること」です。採用動画の視聴者にいかに「この企業で働きたい!」と思わせられるかが勝負です。

 

そこで人気の採用動画の特徴を3つに厳選しました!実際の企業の採用動画例も合わせて紹介します。

 

①最初の10秒~1分を大事にする

 

驚くべきことに動画を視聴したユーザーの20%10秒以内で動画を閉じてしまいます。また動画の長さに関わらず約50%のユーザーが1分以内で動画を閉じてしまうことが判明しています。つまり、どんなに後半の内容が素晴らしいものであっても、動画のはじまりの部分で離脱してしまう可能性が高いのです。最後まで動画を見てもらうためには最初の1分以内で視聴者の興味関心をぐっと惹きつけることが重要です。

 

どうすれば視聴者の心を短時間で掴めるのでしょうか?1分間の動画コンテンツの情報量は180万語、WEBにおける3,600ページにもなると言われています。最後まで動画を見てもらうためには1分以内に「続きがもっとみたい!」と思わせられるような仕掛けが必要です。

 

そこで最初にインパクトのある企業の採用動画を2つご紹介します。森下仁丹の第4新卒採用にスポットを当てている動画です。

 

森下仁丹 第四新卒採用「オッサンたちへ」篇

 

いきなり「オッサンたちへ」という字幕が出てくることでよりインパクトのある動画になっています。また1分17秒という時間の短さも再生回数に繋がっていますね。

 

 

二つ目は株式会社コロプラの「仕事を、遊ぼう」がテーマの動画です。

 

仕事を、遊ぼう 【株式会社コロプラ 採用メッセージムービー】

 

最初にオフィスでゲームをしている社員が次々出てくるのがとても印象的です。二つの採用動画にはどちらもテーマがはっきりしていて最後まで見やすいものとなっています。

 

 

②職場のリアルを伝える

 

採用動画を通して企業の良い面を伝えることはもちろん必要ですが、良いところばかりの動画は表面的になってしまいます。採用動画は実際に就職したいと考えている人に向けての動画なので、社のアピールというよりは現実性を意識した動画の方が印象に残ります。

 

職場のリアルさを重視している採用動画には、実際に働く社員にスポットを当てたインタビュー動画やドキュメンタリー動画の二つがあります。そこで注目されているインタビュー動画とドキュメンタリー動画を1つずつ紹介します。

 

インタビュー動画はソニー株式会社の「若手社員インタビュー」です。若手社員にスポットを当てることで、実際に入社したらどんな仕事が出来るのかイメージしやすい動画になっています。

 

若手社員インタビュー ~やりたいことを実現する ソニーへの情熱~ 【ソニー公式】

 

ドキュメンタリー動画は明光義塾の合格ドキュメンタリームービー「ありがとう」です。三組の生徒と教師に密着することで、感動的な動画になっています。

 

明光義塾 合格ドキュメンタリームービー「ありがとう」フルバージョン

 

③会社のビジョンを伝える

 

最後の重要なポイントは会社のビジョンを如何に表現するのかという点です。会社の目標・方向性を伝えるのはもちろんですが、「結果を重視するのか・プロセスを重視するのか」などの価値観を加えることもより具体的な動画になります。

 

そこで会社の歴史や取り組みが詳しく記されている動画をご紹介します。

株式会社デンソーの「Recruting CONSEPT MOVIE 2020」です。企業理念が前半で詳しく説明されているので、仕事に対する熱い想いが伝わってきます

DENSO Recruiting CONCEPT MOVIE 2020

 

 

まとめ

 

5つの採用動画はいかがでしたでしょうか?成功企業の採用動画はどれも特徴があって印象的ですね。採用動画は企業の方針にあった人材獲得のチャンスが広がるので、新たな採用方法として取り入れてみてはいかがでしょうか。

採用動画の作成をお考えの方の参考になれば幸いです。

新たな人材獲得を探している方におすすめの情報があります!HR Forceでは様々な経営戦略に関するセミナーを開催しています。採用に関するマーケティングにお悩みの方は是非下の画像をクリック!「令和=マーケティング採用元年」「求人口コミサイトの破壊的影響力」など、採用担当者が知っておくべき採用トレンドを公開しています!

新規CTA

採用GOを運営する最先端のHR企業 HR Forceとは?

 

Written by 熊澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も読まれた記事

インディードCMの女優はだれ?CMの評判は?

【人事必見】インフルエンザって有給扱い?欠勤扱い?休業手当は出すべき?

人事担当者は要注意!「採用」と「内定」違いを理解してトラブル回避

外国人採用の成功企業事例 7選!